リテールビジネスをデジタルで変える3つのコンセプト

「より早く、より自分らしいものを」がスタンダードになりつつある時代。目まぐるしく変化する世の中で、様々な情報がつながり、よりスマートで便利さが求められるリテールの世界。富士通は、「Human Centric Retail」~人を中心にとらえ、未来のリテールビジネスをお客様と共に創る~をテーマに、2019年3月、東京・有明の東京ビッグサイトで開催された「リテールテックJAPAN 2019」に出展しました。最先端ICTによってお客様の未来をより豊かにするリテールビジネスのヒントをご紹介します。
「リテールテックJAPAN 2019」イベントレポート

今回のリテールテックでは、「ハイブリッドスマートストア」、「ボーダレスバリュー」、「サステナブルリテール」の3つのコンセプトのもと、最先端ICTの活用によって進化する店舗や購買体験、業界パートナー連携による新たな価値提供の紹介をしました。

自動化・省力化とより良いおもてなしを両立 「ハイブリッドスマートストア」

小売店や飲食店などでは、お客様が「また来たい」と思えるような店舗作りが大切です。そのためには、店舗のデザインやレイアウト、雰囲気だけではなく、その店でお客様が便利で楽しい「新たな体験」ができるかどうかが重要になります。一方で、小売・流通業界では人手不足による従業員の業務負荷増大、人件費の高騰が深刻な問題となり、自動化や省力化を実現する取り組みの重要性も高まっています。

会場では、お客様によりよいおもてなしを提供しながら、同時に業務の省力化や効率化を実現する、リテールの新しいコンセプト「ハイブリッドスマートストア」を支えるIoTや最新技術の活用をご提案しました。

手のひらでお買い物 楽しく便利な「購買体験」

実店舗では、購買体験そのものを印象的なものにすることが大切になってきています。例えば、お財布を忘れても「手のひらをかざすだけ」で買い物を楽しめるようにする仕組みもその一つ。「手のひらチャージ機」で手のひらを登録し、お金をチャージしておけば、「手のひらをかざすだけ」で店舗での買い物や飲食店での支払い、自動販売機での飲料の購入ができるようになります。

手のひら静脈決済自動販売機(参考出展)

また、「夕食の食材を買いたいけど、帰宅時には閉店している」といったときに利用できるのが、冷蔵機能付き「商品受け取りロッカー」。このロッカーも開錠方式に手のひら静脈認証を採用し、注文した商品を、時間帯を気にせず安全に受け取れます。

手のひら静脈認証を活用した「商品受取りロッカー」(参考出展)

実際の店舗での支払いをよりスムーズにしてくれる「マルチ決済ランドセル」は、クレジットカード、電子マネー、QRコードのほか、手のひら静脈認証での決済にも対応。手のひらチャージ機で入金後、すぐに手のひら静脈認証で支払いできます。クレジットカードや、スマートフォンを出す手間も省けるので、お客様は「よりスムーズな買い物」を体験できます。

「マルチ決済ランドセル」クレジットカードの他、手のひら静脈決済にも対応(参考出展)
モバイルWallet サービス「まとめトク!」

電子マネーやポイントカードなどをいくつも個別に管理していると、店舗での支払いの際、つい手間取ってしまいます。その時に役立つのがモバイルWalletサービスの「まとめトク!」。富士通では、ハウス電子マネー・ポイントカードをまとめて管理できるスマートフォン向けアプリを提供しています。この「まとめトク!」は、マーケティングツールとしても利用可能なことが特長。エリアや会員を指定したプッシュ通知で、顧客とのリレーション構築や柔軟な販促施策の実現につながります。ワンタイムバーコードを採用しているので、セキュリティも安心です。

IoTやロボットの活用で人手不足を解消

各種センサーやカメラを搭載した自立走行ロボット
「店舗協働型ロボット MATEY(メイティ)」(参考出展)

カメラを搭載した「店舗協働型ロボット MATEY(メイティ)」は、自律走行ロボットです。閉店後の深夜の時間帯に店内を巡回し、「売り場の値札表示が合っているか」「期限切れのPOPが貼られていないか」「欠品はないか」などをチェックします。従来、店舗スタッフが開店前に目視で確認していた作業をロボットが代行します。

さらに、ロボットの収集した店舗情報を活用することで、接客の品質向上、お客様へのタイムリーな情報提供、発注精度向上、品切れ率削減など、店舗運営にとってのさまざまなメリットが期待できます。将来的には、在庫管理システムや需要予測、発注管理システムとの連携で、さらなる省力化を目指します。

商材や食材の管理省力化も大切な取り組みです。「冷蔵・冷凍庫温湿度管理ソリューション」では、冷蔵・冷凍庫内に太陽電池センサー付きビーコンを設置して温湿度データを自動的に収集することで手間のかかる温度管理を省力化、またHACCP対応に必要となる温度管理の自動化が可能です。

各種センサーで、離れた倉庫からデータを収集
センサーで収集したデータを店舗や本部でリアルタイムに確認
「e-ORDER × セルフペイメントシステム」(参考出展)

外食チェーンなど少ないスタッフでの店舗運営が求められるケースでは、オーダーや会計といった業務の省力化も課題です。e-ORDERとセルフペイメントシステムを組み合わせた展示では専用アプリを利用することで、お客様ご自身のスマートフォンを利用してテーブルでオーダー、セルフ決済が可能です。「店舗スタッフが来ないから注文を取りやめた」といったチャンスロスも低減できます。

店舗スタッフの業務効率化を目指して

従業員向けワークレコメンドアシスタント(参考出展)

店舗スタッフの業務効率の向上には、「従業員向けワークレコメンドアシスタント」をご提案しました。店舗売上や、店舗IoTから収集される品切れや店舗機器の温度異常、品出しなどのタスク進捗状況など、店舗運営に関わる情報を集め、店舗スタッフのスマートフォンやスマートウォッチに作業タスク指示を発信。人手不足の店舗を強力にサポートします。