キャッシュレス決済【第四回】 Grab-and-Goだけじゃない! 先端ITが切り拓く「リテールテック」の価値創造

2018年12月、コンビニ大手のローソンは同社のスマホ決済アプリ「ローソンスマホペイ」でセルフ決済できる店舗を、2019年10月までに1000店に拡大すると発表しました。ローソンスマホペイは、店頭の商品値札のバーコードをスキャンして購入商品を特定し、利用者がスマホアプリの決定ボタンを押すことでセルフ決済できるスマホアプリです。セルフ決済レジに行く必要も、店員とやり取りする必要もありません。2019年10月に迫る消費税増税をにらんだキャッシュレス対応策といえますが、コンビニ大手が手軽にセルフ決済できる環境を整えたことで、セルフ決済がぐっと身近になってきそうです。

ローソンスマホペイでセルフ決済している様子
ローソンスマホペイの実験店舗の一つ「ローソンJEBL秋葉原スクエア店」

一方、米国ではレジ無しスーパー構想を世界で初めて打ち出した米アマゾン・ドット・コムがレジ無しスーパー「Amazon Go」の出店を加速しています。2018年1月にシアトルに一般ユーザー向けの店舗を開いたのを皮切りに、2018年内にシアトル4店舗、シカゴ3店舗、サンフランシスコ2店舗と9店舗を開店しました。米ブルームバーグはアマゾンの出店計画を「2018年内に10店舗、2019年に50店舗、2021年までに3000店舗」と報道しましたが、今のところ、そのペースは維持されているようです。

アマゾンはレジ無しスーパー以外のリアル店舗の展開も積極的に進めています。Amazon.comで4つ星以上の評価を受けた製品を販売する「Amazon 4-star」をはじめ、ブックストアやキオスクなどのリアル店舗を全米で100店以上開店しています。同社は2017年8月、400店舗以上を抱える食品スーパー大手のホールフーズ・マーケットを買収していますから、EC大手だけでなく小売り大手でもあるわけです。

2019年1月に米国ニューヨークで開催された「NRF2019」のAmazon Web Servicesの展示ブース

リアル店舗をネット店舗と比べた場合、利用者の購入プロセスにおける最大のストレスはレジでの待ち時間の長さでしょう。リアル店舗はレジの数しか同時決済できないため、一度にたくさんの利用者が決済しようとするとレジに長蛇の列が出来てしまい、前に並んでいるすべての人の決済が終わるまで、購入商品を決済できません。ローソンのスマホアプリによるセルフ決済も、Amazon Goのレジ無し決済も、リアル店舗が抱えていたレジ待ち問題を解消します。今後のリアル店舗が向かうべき一つの方向性といえそうです。

スマホアプリによるセルフ決済は、バーコード決済対応の専用スマホアプリの開発と店舗におけるバーコード表示の整備で実現されました。Amazon Goのレジ無し決済は、QRコード決済機能を備える専用スマホアプリと、店内撮影映像の画像認識やAI処理で購入品と購入者をリアルタイムに特定して紐付ける仕組みを開発したことで実現されています。このようにスマホアプリ、画像処理、AIなどの先端ITは、小売現場の購買体験を価値あるものにする目的で使われ始めており、こうしたソリューションは小売り(リテール)とテクノロジーの融合という意味で「リテールテック」と呼ばれています。

Amazon Goが実用化したレジ無し決済は、「ほしい品物をつかんで(grab)、そのまま外に出る(go)」ことから「Grab-and-Go」と呼ばれており、リテールテックによって実現される新しい購買体験の代表例となっています。ただし、リテールテックが作り出す価値ある購買体験はGrab-and-Goだけではありません。今回は2019年1月に米国ニューヨークで開催された「NRF2019」の様子を織り交ぜながら、最新のリテールテック・ソリューションを見ていくことにしましょう。

買い物カゴを瞬時にスキャンして購入品リストを表示

NRF2019においても、店舗における待ち時間のないスマートな決済の実現は一つのテーマとなっていて、Grab-and-Goやスマホアプリでのセルフ決済ソリューションがいくつも見られました。ただしGrab-and-Goはコンビニでの買い物のように購入品が少ないときは便利ですが、大型スーパーでまとめ買いするようなときは、決済時に購入品をチェックしたくなったりします。またスマホアプリを使う決済では、スマホアプリを起動・操作する必要があるため、両手が塞がっている場合には面倒です。NRF2019では、こうした課題を解決する便利で安心な決済ソリューション「Grocery RFID」を富士通が展示しました。

Grocery RFIDは、RFIDタグと手のひら静脈認証を組み合わせた決済ソリューションで、ショッピングカートを決済ゲートに持ち込んで購入品をチェックし、その後、手のひらをセンサーにかざして決済するというものです。ゲートにカートを入れるとカート内の商品に付けられたRFIDタグが読み取られ、ディスプレイに購入商品リストが表示されます。利用者は自分が購入する品物と合計料金を確認し、問題なければ手のひらをかざして決済を実行します。

NRF2019会場の富士通ブースにおけるGrocery RFIDのデモの様子
Grocery RFIDの決済ゲートのディスプレイに表示された購入商品のリストと合計金額