インダストリー4.0とは?

インダストリー4.0は、第4次産業革命とも呼ばれる製造業の新たなアプローチであり、従来の製造プロセスとIoTAIなどのテクノロジーとを組み合わせることによって自動化し、機器同士のコミュニケーションやリアルタイムデータの利用促進を目指すものです。これによって、マシンとそれらを利用する人間との間で、より大きな相乗効果が生まれる可能性があり、製造メーカーによるイノベーションが推進されることが期待できます。インダストリー4.0の恩恵と影響は、現場から上層部まで、組織の隅々にまで及ぶことになるため、企業内のすべての人間が、新しいテクノロジーの最新情報を入手し、把握しておくことが重要になるのです。

インダストリー4.0とスマートファクトリー

インダストリー4.0の中心となるのが、スマートファクトリーです。オペレーションや生産に携わるさまざまな拠点と密接に連携したスマートファクトリーには、それらの拠点から絶え間なくビッグデータが流れ込み、その結果として、ビジネスのあらゆる要素が加速されることになります。変化を予測し、オペレーションをすばやく適応させて顧客の需要を満たすことができる存在が、スマートファクトリーなのです。また、スマートファクトリーを支えるシステムは即応性が高く、収集したデータからリアルタイムで学習します。こうした特性によって、メーカーは、新市場への参入はもちろん、業界の破壊的なトレンドへの対応、製品の改良や新製品の提供を迅速に行えるようになるほか、設備の保守やダウンタイムといったオペレーション上の課題に先んじて対処できるようにもなるのです。

スマートファクトリーの5つの主な特徴

調査会社デロイトのレポート「デロイト・アナリシス」によると、スマートファクトリーには次のような特徴があります。

  1. 接続性が高い - プロセス、マシン、人間を相互接続するため、意思決定に役立つリアルタイムデータが得られます。
  2. 最適化が進む - 工場の稼働率と生産性を高めます。また、高度な自動化により、人間の関与を最小限に留めることができます。
  3. 可視化に貢献する - 顧客の需要予測や注文の追跡など、現実の状況を反映した指標が可視化され、リアルタイムの意思決定が可能となります。
  4. プロアクティブな対応が可能となる - 行き届いた材料の管理と必要に応じた補給を行い、サプライヤーの品質問題を早期に発見し、リアルタイムの安全監視ができます。
  5. 高い即応性を確保する - スケジュールの柔軟な調整や製品へのリアルタイムの反映が可能となり、工場のレイアウトや設備も柔軟に対応できるようになります。

WBG-Email-Industry4.0-bodyimage

メーカーでのインダストリー4.0への対応準備

インダストリー4.0の本格的な導入に向け、メーカー各社が今やっておくべきことは何でしょうか? 専門家は、移行を進めるうえでのリソースが特に限られているような場合には、規模を抑えて始めるべきだとアドバイスしています。インダストリー4.0は、「一度やれば完了」といった種類の作業ではありません。その取り組みは継続的なものとなるため、導入を支える適切な人材の募集と採用、そして育成が必要です。また、この分野のトレンドを完全に把握できるように、新しいテクノロジー動向をウォッチする担当者やチームを、組織が指名することも推奨されています。さらに、このような取り組みを進める中で、企業がテクノロジーやプロセス、人材を絶えずテストし、導入を本格化させる前に、その組み合わせが適切かどうかを確認することも必要です。

マーケティングとインダストリー4.0

マーケティングは、インダストリー4.0の導入における重要な要素です。マーケティング活動をデジタル化することで、初めて、より密接に関連しあって高い即応性を発揮できる、プロアクティブで最適化された体制を築くことが可能となります。マーケティングを自動化し、データを活かして顧客の行動への理解を深めることができれば、準備完了です。

インダストリー4.0の導入に向けた準備は、大変な作業のように思われるかもしれません。しかし、取り組みを小さな単位に分解し、必要に応じて外部の専門家と連携することで、大きな目標を達成できることができるでしょう。

この記事は元々ザ・ホール・ブレイン・グループのブログに掲載されたものです。

 

この記事はBusiness2Community向けにドナ・キャンベルが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comにお願い致します。