暗号通貨の次は医薬品管理:ブロックチェーンの次なる応用

ブロックチェーンの信奉者たちがこれまで提供してきたのは、誇大宣伝ともいえるものばかりでした。そのほとんどが、このテクノロジーが開発された目的でもある暗号通貨の分野以外では、まだ実用化されたとはいいがたい状況です。しかし、米国のあまり知られていない法律が、製薬ビジネスでの台帳システムの利用を促し、この状況を変えるかもしれません。

2013年に制定された米国医薬品サプライチェーン安全保障法は、製薬会社とそのサプライチェーンパートナーに対して、完成品の出荷先をより詳細に追跡することで、供給システムへの偽造医薬品の侵入を防ぎ、医薬品の回収を容易にすることを求めています。

2020年までに、薬局と病院は、調剤する医薬品が、メーカーや再包装業者から納品されたものであることを確認できるようにする必要があります。ちなみに、再包装業者とは、大量の医薬品を、薬局や病院で流通する実際のボトルに小分けして詰める業者のことです。大手製薬会社はまだ準拠方法の評価段階ですが、実施期日が差し迫っていることから、詳細で不変的なデータベースを作成できるように設計されたブロックチェーンの導入を、各社が真剣に検討し始めていると、医療アナリストは指摘しています。

医療専門のアドバイザー企業であるフリード・アソシエイツのコンサルタントを務めるチェット・スタグナロ氏も、「現行の最善策は、ブロックチェーンだと思われます。可能性は、まさにこの分野にあるのです」と述べ、その理由の1つに従来型の、改ざん可能なデータ形式の欠点を挙げました。

ブロックチェーンは、元々ビットコインというデジタル通貨を実現するために開発された台帳技術であり、その使い方さえ理解できれば企業にとって有望なツールとなりえます。そのため、ブロックチェーンの支持者たちは、記録をより効率的かつ迅速に処理することで、数十億ドル規模の節約につながると見込んでいるのです。とはいえ、企業による取り組みの大半は、まだ初期の開発またはテストの段階にあります。

しかし、医療業界には、こうした流れをはね返す可能性があります。サプライチェーン研究センターの創設者であるロバート・セレステ氏によれば、同組織は2017年から医薬品メーカーや流通業者、薬局と協力して研究と試験を重ね、ブロックチェーンがいかに医薬品サプライチェーン安全保障法の要求事項を満たすことができるかを評価してきました。

米国内の何万軒もの薬局を医薬品追跡データベースに加えることは大変な課題ですが、ブロックチェーンはその作業を簡素化するうえで魅力的な手段だと、セレステ氏は述べています。「ブロックチェーンについていえば、まだやらなければならない作業は山積みですが、その応用に向けての開発は真剣に進められています」とセレステ氏はつけ加えました。

ブロックチェーンの取り組みに関する調査に対して、製薬会社のグラクソ・スミスクライン、ノバルティス、メルク・アンド・カンパニー、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ファイザーの各担当者は、コメントを差し控えるか、回答を返していませんが、これは実用化への競争が激化していることの証ともいえます。

コスト削減など、ブロックチェーンへの期待

上に挙げたサプライチェーン安全保障法が、「医薬品をパッケージごとに追跡することを要求しているものの、現在の業界向けソフトウェアではロットまたはバッチレベルでしか追跡できない」と指摘するのは、KPMG LLPのブロックチェーン部門リーダーであるアルン・ゴーシュ氏です。そのうえで、「ブロックチェーンソリューションは、必ずしも既存のソフトウェアの代わりになるとは限らないが、少なくともその機能を拡張してくれるだろう」と同氏はいいます。

また、がんの治療や生物製剤に用いられる高級な医薬品は開発に多大なコストを要しますが、「ブロックチェーンによって、はるかに詳細な情報を扱えるようになるために問題の発生点が正確に特定でき、万が一、成分に問題があって回収が発生するような場合でも、そのコストを大幅に節約できる」とのことです。

「ジェネリック医薬品と違って、バイオ製剤の回収は数億ドル規模に上ります」と同氏は述べています。また、「今後、医薬品メーカーは、期限切れの医薬品が自社宛てに返却されることを米国食品医薬品局に証明しなければならなくなる」とも指摘しました。ここでも、ブロックチェーンに保存される詳細な記録の優秀性が証明されるかもしれません。

「こういった条件がすべて揃ったとき、ブロックチェーンは積極的に受け入れられるようになるでしょう」というのが、ゴーシュ氏の結論なのです。

協力:アンナ・エドニー

本稿の執筆者:マシュー・リーシング(ロサンゼルス、mleising@bloomberg.net

本稿の担当編集者:マイケル J. ムーア(mmoore55@bloomberg.net)、ニック・ベイカー、ダニエル・タウブ

©2018 ブルームバーグ L.P.

 

この記事はBloomberg向けにマシュー・リーシングが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comにお願い致します。