編集部ピックアップ

キャッシュレス決済【第一回】レジ無しスーパーが大規模展開? キャッシュレスが作る新たな買い物体験とは?

この夏北海道を襲った大規模停電は、今の社会生活がどれほど電気に依存しているのかを我々に強く知らしめるものでした。停電になれば、コンビニやスーパーでカード決済できなくなってしまうという現実を前に、「やっぱり手元に現金がないと安心できない」と感じた方も多かったことと思います。
その一方で、これまで以上のスピードで世界各国がキャッシュレス社会に向かっていることもまた事実です。日常生活において現金を使わずに生活できる環境がどんどん整っているのです。
キャッシュレス社会を支えているのはスマホとオンライン決済の広がりですが、人々に浸透する原動力は、使う側が「新しいユーザー体験」を好んでいることにあるようです。今回は、キャッシュレスの実用化動向をご紹介しましょう。

キャッシュレス社会を象徴する"レジ無しスーパー"、米国だけでなくジャカルタにも

キャッシュレス社会を象徴する存在として注目を集めているのが"レジ無しスーパー"です。これまでのキャッシュ社会では、何かを購入したときに、その代金をレジで支払うのが当たりまえでした。現金、クレジットカードはもちろん、スマホアプリのオンライン決済機能を使う場合でも、店と利用者が購入物と代金を確認し、利用者は店が請求した金額を何らかの決済手段で明示的に支払って物品を購入していたわけです。
レジ無しスーパーの特徴は、レジを無くすることで、利用者がレジに並んで決済処理しなくても、店内のものを店外に持ち出せる環境を作り出したことです。スーパーで買い物したとき、レジが長いとがっかりしますよね。短い列のレジを探して並んでも、前に並んでいる方がお財布から小銭を取り出すのに時間が掛かったりすると、別の列に並べば良かったかなと思ったりします。レジ無しスーパーなら、このようなストレスはありません。
精算のために無駄な時間を使わなくていいという体験は、キャッシュレス社会がもたらす新しい価値だと言えます。例えば米ウーバーテクノロジーズのようなオンデマンド配車サービスを利用するような場面では、配車を決定する段階に料金が示されるので、クレジットカード払いにしておけば目的地に着いたらすぐに車外に出ることができます。急いでいるときに料金支払いが不要という体験をすると、その利便性がとても快適に感じられ、また使いたくなります。
レジ無しスーパーでは、利用者が品物を購入したかどうかは、店側がセンサーやカメラを用いて利用者の行動を把握することで判断します。利用者は、店に入る前に専用アプリを起動して、そこに表示された利用者のIDとなるQRコードを入場ゲートのカメラにかざします。店内でほしい商品を手に取って、そのまま退場ゲートを通過すれば、持ち出されたものは購入されたと判断され、課金・決済処理が実行されます。このとき、利用者は何の作業も必要ありません。単に欲しいものを持って店の外に歩いて出て行くだけです。決済結果は、店外に出てからスマホで確認できます。
このレジ無しスーパー構想を世界で初めて打ち出したのは、米アマゾン・ドット・コムです。レジ無しスーパー「Amazon Go」の実用化構想を発表したのは2016年12月。社員を対象とする実証テストを繰り返し、2018年1月にシアトルに一般ユーザー向けの店舗を開きました。

レジ無し小売店の象徴的存在と言える米アマゾン・ドット・コムの「Amazon Go」のプロモーション動画の一部(出所:アマゾン・ドット・コム)

アマゾンは2018年8月にシアトルに2号店、9月にはシアトルに3号店、シカゴに4号店と店舗網の拡大を急ピッチで進めています。同じタイミングで米ブルームバーグが「今後3年間で3000店舗を全米に出店する計画を持っている」と報道したことで、大きな話題となりました。報道によると、年内に10店舗、2019年に50店舗、2021年までに3000店舗にする計画とのことです。
レジ無しスーパーの構想を持っているのはアマゾンだけではありません。例えば中国の大手EC事業者である京東集団(JD.com)は2018年8月、インドネシアのジャカルタにレジ無しスーパー「JD.ID X-Mart」をオープンしました。

ジャカルタのショッピングモール「PIK Avenue」の中にオープンした「JD.ID X-Mart」(出所:JD.com 京東日本)

京東集団がジャカルタにオープンしたお店は、Amazon Go同様、専用スマホアプリを起動して入場者のIDとなるQRコードを入場ゲートにかざすことで入店します。その際、顔認証データを登録するところに特徴があります。顔認証データとQRコードを紐付けるわけです。店内にはカメラなどのセンサーが設置されているほか、商品にはRFIDタグが付けられています。利用者が店外に出るときは、購入した商品のRFIDタグを読み取り、利用者の顔認証を実行することで「誰が何を買ったのか」を確定し、スマホアプリのオンライン決済機能を用いて自動精算する仕組みになっています。

店外に出るとき(チェックアウト時)に顔認証を実行する(出所:JD.com 京東日本)
チェックアウト後、スマホで購入結果を確認できる(出所:JD.com 京東日本)

レジ無しスーパーは、ある意味で究極のキャッシュレススーパーと言えるかもしれませんが、けっして無人店舗ではありません。レジ無しにすることで、スタッフをレジ業務から開放し、利用者支援や商品補充といった利用者の買い物体験を快適にする業務に回すことで、人手を増やすことなく店舗の価値を高めるところに主眼を置いているようです。