"日本版ニューリテール・サービス"創出への挑戦
三越伊勢丹×富士通 が乗り出した服のシェアリングサービス

実証実験を通し、レンタルと購入の相互送客という想定外の効果も見えてきた

林:CARITEは、2018年8月1日にメディア向けの発表会を開き、テレビや新聞でも取り上げていただきました。それを見て足を運んでいただいたお客さまがとても多く、大きな反響だったと受け止めています。来ていただいたお客さまからも、「便利なサービスですね」、「時代にあっていますね」といったお言葉をいただいています。

2018年8月1日の「CARITE」発表会は、銀座三越 3階プロモーションスペースで開催された

林:意外な効果としては相互送客がありました。店舗に来られたお客さまが、CARITEで実際に洋服を選ぶスペースは銀座三越の3階にあります。ロケーションの良さもあって、ショールームのような役割も果たし、レンタルでご案内している商品を実際に手に取って見て、「やはり、欲しくなった、今すぐ買いたい」とおっしゃられるお客さまも多くいらっしゃいました。逆に販売のエリアで「この洋服はレンタルもできますよ」と案内することもあります。

お客さまの反応を見ながら、購入とレンタルのうち、ニーズにあった方をおすすめするというのは、百貨店にとって新しいビジネスモデルではないかと思っています。

商慣習やスピードの差を乗り越えて成功した大企業×大企業のオープンイノベーション

富士通 共創イノベーション事業部 松苗 隼平
「CARITEは、『大企業×大企業』のオープンイノベーションという珍しい取り組みだった」という

松苗:ところで共創といえば、「大企業×ベンチャー」が多く、今回のような「大企業×大企業」のオープンイノベーションは珍しいのではないでしょうか。「新しいことを始めたほうが絶対いい」と思っていても、大企業ではなかなか実行できないものです。

神谷:今から振り返ると、百貨店とIT企業という異業種の共創でしたから、商習慣やビジネスの感覚、スピードなど、すべてにわたって違いがありました。最初のうちは、お互いの業界の特徴を理解しあうことが大変でしたよね(笑)。

山田:確かにアパレルの世界のスピード感には驚かされました(笑)。ITシステムの構築には、短くて1年、長いと3~5年はかかります。しかし、アパレル業界は、1年間をシーズンに分け、各シーズを1週間ごとで回していきます。1週間を全力で駆け抜け、結果を出してそれを積み上げていくイメージでした。

松苗:途中参加した私も、三越伊勢丹さんと富士通との間には、「発注者と受注者」といった関係性がないことにすぐに気がつきました。全員がフラットな関係性で仕事を進めていることに驚きました。みんなが同じチームのメンバーという意識で進められましたよね。

"日本版ニューリテールサービス"の実現を目指して

神谷:CARITEは2018年8月から11月までの4カ月間のトライアルとして実施しています。その間に、お客さまの声をしっかり受け止めて、確実にお客さまの役に立てるサービスをつなげていきたいと思っています。これまでのところ、想定以上にご好評をいただいております。スマートフォンのアプリを使用しますが、想定よりもダウンロード数が多く、ページビューも伸びています。

松苗:今後は、アプリにチャットボットを導入し接客のサポートを行ったり、お客さま一人ひとりに合ったアイテムのレコメンド機能の実装なども視野にいれています。

山田:三越伊勢丹さんは経営方針として、「データが自分をつくる」「時代より先に変わろう」「他者が私を新しくする」という3つを掲げています。今回の共創プロジェクトは、まさに異業種である両社が異なる価値を融合させ、それぞれが新たなビジネスモデルに挑戦し、時代に先んじてイノベーションに挑戦した事例だと思っています。

そして、今後蓄積されるデータによって、お客さまの潜在的なニーズを明らかにして、常にそのニーズに合った新しい「おもてなし」がお客さまにできるよう三越伊勢丹さんと富士通で提供していきたいと考えています。今回のトライアルを小売業界のトップリーダーである三越伊勢丹さんと成功させ、デジタル化のモデルケースとすることで、日本版のニューリテールサービスの創出にチャレンジしていけたらと思います。

対談者
  • 株式会社 三越伊勢丹
    百貨店事業本部
    MD戦略部MD政策ディビジョン
    プランニングスタッフ
    神谷 友貴 氏
  • 株式会社 三越伊勢丹
    銀座 婦人・子供営業部
    商品担当
    マネージャー
    林 浩子 氏
  • 富士通株式会社
    共創イノベーション事業部
    山田 修平
  • 富士通株式会社
    共創イノベーション事業部
    松苗 隼平