CES Asia 2018:AI、5G・・・今年のテクノロジートレンドは?

ラスベガスで毎年開催されているCESは、テクノロジー愛好者たちに50年以上にわたってアピールしてきた見本市です。そして、2015年以降、この広く知られた名称は、本家よりも規模は小さいものの、中国で最も人口の多い都市、上海で開催されるイベントにも冠されるようになりました。

そのCES Asiaは、ラスベガスの巨大なイベントとはあらゆる点で異なります。特に初心者にとっては、度を越すほどではないとしても、活気に溢れすぎているかもしれません。また、カジノが見当たらないのは残念です。しかしアメリカの本家CESとの最大の違いは、その根底にある理念にあります。CES Asiaには、誰もが自由に出展できるわけではなく、どの製品も選び抜かれたものばかりなのです。

CESを主催する業界団体、コンシューマー・テクノロジー・アソシエーションの会長兼CEOであるゲイリー・シャピロ氏は次のように述べています。「この見本市は、さまざまな点でラスベガスとは違っていることに気づくでしょう。上海のイベントには、選ばれた製品だけを並べるようにしているからです。ラスベガスでは、期日までに登録して出展場所を選びさえすれば参加が認められるため、スマホケースのメーカーなどが大量に出展するような状況になってしまいました。これに対してCES Asiaでは、革新的な企業か、もしくは有名ブランドでない限り、出展は認められません。」

CES Asiaの成長の軌跡

CES Asia 2018には、約43,000人の業界関係者を含め計46,000人以上が来場しました。これは数字上はラスベガスの約4分の1ですが、2017年からの成長に目を向ければ、来場者数は20%、展示スペースは24%、それぞれ増加しています。

今年のCES Asiaには、20以上の国、地域、領土から企業が出展しました。そして、開催国である中国以外からも幅広い参加者を集めたこのイベントは、ラスベガスとは別の独特なイベントとして、急速に存在感を増しています。

上図:上海に開催されたCES Asiaで登壇するコンシューマー・テクノロジー・アソシエーションのCEO、ゲイリー・シャピロ氏(2018年6月13日)

写真:ポール・サワーズ / VentureBeat

このような動きのなかで、中国とその周辺地域で今起こっていることを直接自分たちの目で確認しようと、米IT系メディアのVentureBeatは、今回初めてCES Asiaの会場となったSNIECこと上海新国際博覧センターを歩いて回り、数え切れないほどの基調講演や会議に参加してきました。

ラスベガスで毎年開催されているイベントと違い、CES Asiaでは、人々が飛びつきたくなるような発表はさほど多くありませんでした。最新のスマートフォンやスマート冷蔵庫、その他の「スマート」を冠したデバイスが前面に押し出されるようなこともなかったのです。しかし、上海におけるこのイベントは、ラスベガスよりも控えめで、過大な期待感を煽るようなキャッチフレーズも見られなかった代わりに、あらゆる人の未来を形作ることになる革新的な技術には、しっかりと重点が置かれていました。それらの重要な技術をリストアップしてみましょう。

CES Asia 2018におけるトレンド

ラスベガスのCES 2018で登場した最注目の技術トレンドの一部をざっと振り返ると、世界の企業が今どのような技術に投資しているのかがはっきりと見えてきます。それは、フライングカーVR自動運転車とスマートシティスマートホームボイスコントロール可能なデジタルアシスタントロボティクスなどです。

これらの技術トレンドはすべてCESアジアでも健在でしたが、さらにCES Asiaの4年の歴史で初めて、AIが専用のカテゴリを与えられました。サイバーセキュリティ人材採用アートeコマースなどあらゆる領域に広がっているAIが、おそらく現時点で最大の技術トレンドであることを思えば、それも当然のことと言えるでしょう。いまや、何をするにもAIを介して行うという環境が、急速に実現しつつあるのです。

しかし、AIのみならず、これから登場する革新的な技術すべての成功の鍵を握ることになる存在について、触れないわけにはいきません。それは、5Gコミュニケーションです。

中国は、米国、日本、韓国と共に5Gの通信技術を牽引しています。5Gの基本を復習しておくと、この技術はスマートフォンのトータルな処理速度を向上させるだけでなく、スマートシティや自動運転車に求められる通信機能を高速化、かつ遅延を低減し、大容量でシームレスなコミュニケーションを実現するものです。また、VRAR5Gの通信速度から大きな恩恵を受けることでしょう。未来の世界では、ほとんどすべての物が互いにつながって情報を共有すると予想されています。その観点から、5Gの意義はどんなに評価してもし過ぎることがないのです。

今回のイベントの閉幕にあたり、シャピロ氏はこう述べました。「5GAIは、人とテクノロジー、そして、人と世界との関わり方を変えつつあり、ITのエコシステム全体で成長の原動力となっています。しかも、こうしたテクノロジーは、今も信じられないようなスピードで洗練され、更新され続けているのです。たった6か月前のCESでも、生活に大きなインパクトを与える製品がずらりと並んでいましたが、今週のイベントでは、それらの製品が、さらに様々な方法で洗練され、強化され、実装されていることに驚かされます。中でも、AI5Gの統合、そして、この2つの技術に基づく製品を構想し実現する上で見られた創意工夫の数々は、特筆に値するものでした。」

この説明のすべてが当てはまる分野を挙げるならば、それは、一見地味と思われがちな自動車分野でしょう。なぜなら、自動車は、これまでとはまったく別の存在へと変貌を遂げつつあるからです。フルEVとハイブリッド車への移行を宣言する大手自動車会社が増える一方で、バイトンのような新興企業は、車を次世代の「スマートデバイス」に変えようとしています。BMWの元幹部だった2人のドイツ人が2016年に共同設立し、中国に本社を置くバイトンは、新たに5億ドルを調達したことを発表し、CES Asia 20182つ目のコンセプトカーとなるバイトン K-バイトを初公開しました。

同社は、また、完全な自動運転を実現したフルEVの発表に向けての準備も進めています。ダッシュボードの左右全体に広がるスクリーンを誇るこのラインナップの最初の製品は、2019年の後半に出荷開始される見込みです。

上図:バイトンのダッシュボードスクリーン

バイトン以外にも、スマート自動車関連の技術は、今年のCES Asiaで大きな注目を集めました。新テクノロジーのスーパー・クルーズを公開したのは、GMことゼネラルモーターズの一部門であるキャデラックです。同社が、世界で初めて「幹線道路における真のハンズフリーを実現する」と謳うこの技術は、近々登場予定のキャデラックCT6に搭載され、最初に中国市場に投入されることになります。

上図:CES Asia 2018で初公開されたキャデラックのスーパー・クルーズの利用イメージ

自動運転車関連の衝突事故が注目を集め、ロボットが人間の仕事を奪おうとしているといったレポートが多数発表されている今、AI企業のコミュニティには多くの解決すべき課題が残されています。人々との間に信頼関係を築くためには、AIが良い目的のために利用できる技術であることを世界の人々に納得させることが必要であり、たとえば、AIによって路上での安全性が高まるデータを示せれば、状況は変わってくるでしょう。

この点について、キャデラックCT6のチーフエンジニアであるリンドン・リー氏は、次のように述べました。「世界では毎年125万人が自動車事故で亡くなり、200万人以上が怪我を負っています。こうした交通事故の94%を占める主な原因は、ヒューマンエラーです。ゼネラルモーターズは、自社の車と技術を通じて、交通事故を含めた重要な社会問題の改善に貢献するという責務を負っています。当社は交通事故が1件もない世界の構築をビジョンとして掲げており、スーパー・クルーズは、この意義ある目標に向けた進化の過程における大きな一歩だといえるでしょう」

ブロックチェーンをめぐる状況

全般的なトレンドという点でサプライズの少なかったCES Asiaでしたが、中でも予想したほどの注目を集めなかった分野が、ブロックチェーンです。

このテーマのセッションもいくつか見られたものの、CES Asiaにおけるブロックチェーン技術は、まだAIのような重要な立ち位置を得てはいなかったと思われます。一方で、筆者のメールボックスにブロックチェーンに関する発表資料などが次々と舞い込んでいることから、これがAIに次ぐホットな技術分野であることは確かでしょう。筆者の考えでは、ブロックチェーンはまだ初期段階にあり、関連する企業は、現実世界で高い利用価値を持つ最良のユースケースを考えている最中なのです。

コンシューマー・テクノロジー・アソシエーションでマーケットリサーチ担当の副社長を務めるスティーブ・コーニグ氏は、次のように指摘しています。「ブロックチェーンのトレンドは、ラスベガスのCES 2019において、より明確に姿を現わすことでしょう。企業が、すでにブロックチェーンやその基本となる分散型台帳、そして高信頼性ネットワークを多種多様な目的で使い始めていることは確かです。しかし、具体的な使われ方ついて、今はまだ多くを語りたがらない傾向が見られます。それは企業が、ブロックチェーンに適した応用とそうでないものを見極めるプロセスの途中にあるためと考えています。」

 ブロックチェーンに関して、今はまだ期待感が先行している段階かもしれません。しかし、こうした状況はすぐに変わっていくものと思われます。

 

この記事はVentureBeat向けにPaul Sawersが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comにお願い致します。