AIとビッグデータに投資し、iPhone依存から脱却する台湾・鴻海

アップル社のiPhoneの組み立て請負で最もよく知られている鴻海精密工業の会長、テリー・ゴウ氏。彼は、受託製造業者から世界のテクノロジー業界においてより影響力のある企業へと転身を図ろうと、今後数年をかけてAIとビッグデータに軸足を移すことを計画しています。

同氏は、台北で開催された従業員とその家族向けの年次集会で、同社がこの部門の時流に乗るためには、2020年までにやるべきことが大量にあると述べました。そして、テクノロジー系サプライチェーンにおける、より中心的な地位の確立に向けて、AI、自動化、IoTに対する投資を増やす考えを明らかにしました。

この発言は、鴻海精密工業の子会社であるフォックスコン・インダストリアル・インターネット社が、中国での次世代プロジェクトに273億元(43億ドル)を投資し、新規株式公開を行う計画を発表した翌日に行われたものです。その取り組みには、クラウドコンピューティング、IoTソリューション、AI製品の製造、5Gワイヤレスコミュニケーションが含まれることが、中国証券監督管理委員会のWebサイトに掲載された同社の業務目論見書内で明かされています。鴻海は、世界のスマートフォン業界の成長が頭打ちになるなか、電子機器の組み立て専門を超えた部門へと舵を切ろうとしているのです。

「インターネット経済を追い風にして世界の動きが加速するなか、これまでの成功法則が覆される可能性を考慮すれば、今後3年間にやるべきことは大量にあります」とゴウ氏は、通常、コンサートなどの娯楽イベントに使われることが多い台湾のエキシビションセンターで、1万人を超える聴衆を前に述べました。「前進し続けなければ、消え去るのみです」

ゴウ氏が率いる台湾企業は、中国と米国との間で微妙な舵取りを迫られています。

たとえば、鴻海が保有する製造施設の大半は中国本土にあり、これは同社と政府当局者との固い結び付きによるものです。そして、フォックスコン・インダストリアル・インターネットは、中国の国内証券取引所に上場する初の鴻海子会社になりました。

その一方で、ゴウ氏はドナルド・トランプ米大統領と面会し、ウィスコンシン州に100億ドル規模のディスプレイ工場を建設することで合意しています。さらに7月には、同州の知事から、最大30億ドルに上る州政府からの援助と1,000エーカー以上の土地の販売を約束する覚書を取り付けました。

そんな中で、例年、鴻海の年次集会は、ゴウ氏が自身の優先事項を従業員とメディアに表明する場となっています。今年は、業界の隅々にまで行き渡りつつあるテクノロジートレンドへの対応に重点が置かれました。

同氏の決意は次のようなものです。「昨年、当社は次期改革に向けた準備を進めました。そして、2018年から2020年にかけての3年間は、インダストリアルインターネット、ビッグデータ、AI、そして、プラットフォームエコノミーへと軸足を移しながら、当社の計画の実現を揺るぎないものにしていく期間と考えています。」

鴻海とその関連会社は、2016年、資金繰りの苦しい日本のディスプレイメーカー、シャープ株式会社の経営権を握り、100年の歴史を持つこの老舗ブランドの立て直しを誓いました。買収後の同社は、5四半期連続で純利益を報告する一方で、HDテレビの解像度の16倍に当たる表示画像を誇る「8K」高解像度テレビなどの最新テクノロジーへと事業を拡大しています。

シャープの戴正呉社長は、「日本は8Kの時代に入りつつあり、コンテンツが増加するにつれて需要が伸びていくはずだ」との見通しを述べています。

また、ゴウ氏は、鴻海がレッド・デジタル・シネマとの間で、合弁事業の可能性について協議中であることも明かしました。同社は、最高8K画像まで撮影可能な高性能デジタルカメラを手掛ける米国企業です。これが実現すれば、プロか一般消費者かを問わず、そうした高性能機器をより手頃な値段で手に入れられるようになるかもしれません。

このほか、ゴウ氏は、少し前に台湾の花蓮を襲った地震についても熱く語りました。自社で金銭的復興支援を行っていくだけでなく、それ以上の貢献となるようなテクノロジーも開発していきたいといいます。

「花蓮地震が発生した夜、私が考えたのは寄付を行うことでした。同様の寄付は、ここ何年かの間にも、かなりの額を行なってきましたが、はたして寄付が地震の低減や地震の予知に役立つのか、という疑問があります。これに対して、ビッグデータやAIは、製造に利用できるだけでなく、地震防災といった分野にも役立つでしょう。テクノロジーによって、私たちの社会が直面する問題を解決できるのです。」それが、ゴウ氏の今年のメッセージでした。

--協力:ダグラス・ハング、ジャネット・オング、ベンジャミン・ロバートソン、ジェイムズ・プール
本稿のブルームバーグ・ニューズのスタッフ:ガオ・ヤン(北京、ygao199@bloomberg.net)、デビー・ウー(台北、dwu278@bloomberg.net)
本稿の担当編集者:スタンレー・ジェームズ(sjames8@bloomberg.net)、ロバート・フェナー(rfenner@bloomberg.net)、ピーター・エルストロム、エドウィン・チャン ©2018 ブルームバーグ L.P.

この記事はBloomberg向けにBloomberg Newsが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comにお願い致します。