次世代モバイル通信"5G"とは?【第3回】
自動運転の安全性向上の鍵は5G

5Gの商用サービス開始はいつから?

2018年2月26日から3月2日まで、スペイン・バルセロナでモバイル業界最大の展示会「MWC(Mobile World Congress)2018」が開催されました。ここ数年MWCでは5Gの特徴やメリットをアピールするための最新技術の展示や先端的な適用例の発表が目立っていましたが、今回は少し様相が変わっていました。大きな変化は二つあります。
一つは5Gの扱いです。今回は5G商用サービスが始まることを前提に、IoT活用に力点を置いた通常業務への適用例を示す展示が増えていました。もう一つの変化は、「招待客向けの展示/ミーティング」への注力が強まったことです。これは5G関連の商談が本格化している現れと言えます。

この変化を産み出した最大の理由は、2017年12月に5Gの標準仕様が固まったことです。以前のこのコラムで紹介したように、5Gは標準化を待つ状態ではなく、決まった標準に沿ったネットワークをいち早く構築することを競う段階に突入しました。5Gは「ポテンシャルを語り合う次世代ネットワーク」から「LTEとの使い分けを考えながら、料金体系と設備導入を詰めなければならない明日の新サービス」になったわけです。

5Gの商用サービス開始時期についても新しい動きが出ています。商用サービスの前倒し計画がさまざまな形で流れ始めたことです。これまで5Gの商用サービス時期は「2020年を目処に」というお決まりの枕詞がついてまわりましたが、昨年の米AT&Tに続いて、今年になってスイスのスイスコムが2018年内の5G商用サービスの開始を発表しました。これを受けて、MWC会場のキャリア展示説明員の多くは2018年~2019年のサービス前倒し計画を口にしていました。
2018~2019年の商用化を考えると、その前に実際の機器を用いた相互接続実験を済ませる必要があることから、導入機器の候補はすでに絞られていることでしょう。MWC会場の商談スペースでの熱い議論によって、商用サービスの前倒しがさらに進むかもしれません。

いたるところに5Gの文字が踊る「MWC2018」の会場風景

ネットワークリソースの活用方法にも新技術を導入

前回、5Gならではの通信能力の特徴として「超高速」「高密度大容量」「低遅延高信頼」を紹介しました。それぞれの通信能力は、いくつかの特定の適用事例を想定して目標値が設定されています。今回は、これらの多彩な通信能力を効率よく実現するための新技術である「ネットワークスライシング」と「マルチアクセスエッジコンピューティング」を紹介しましょう。

5Gは様々な用途に適した通信能力を提供できるように設計されていますが、それらの通信能力をすべての端末がいつでも使えることを前提に設計すると、大量のネットワークリソースを用意しなければなりません。当然、ネットワーク構築費用は莫大なものとなり、通信料金も高くなってしまいます。そこで5Gのネットワーク構築に当たっては、それぞれの端末やアプリケーションのニーズに応じた通信能力を個別に提供できる仕組みを取り入れました。必要なときに、必要な分のリソースを適切に割り振ることで、コストを抑えながら効率よく多彩な通信能力を提供できるようにしているわけです。

この「用途に合わせて適切な通信能力を提供する機能」が「ネットワークスライシング」です。ネットワークスライシングの作り方はいくつかありますが、端末ごとおよびアプリケーションごとに設定する方法が検討されています。

遅延時間が長いと自動運転の遠隔制御は危険が増大

では、実際の利用場面ではネットワークスライシングはどのように使われることになるのでしょうか。これを、自動運転車のケースで見てみましょう。
自動運転車が求める5Gならではのアプリケーションは大きく二つあります。第一は、集中管理センターから自動運転車の運転制御をオンラインで実行する「遠隔運転」です。この用途では、通信の遅延が許されません。時速60kmで走行しているクルマは0.1秒間に約1.7メートル走ります。仮に通信による遅延時間が0.1秒だとしたら、遠隔でブレーキをかけても、クルマが止まり始めるまでに1.7メートル移動することになってしまうわけです。急ブレーキをかけても間に合わない事態が起こりかねません。ここに5Gの低遅延高信頼モードを持ち込むと、無線区間の遅延時間が0.5ミリ秒以下なので、時速60kmのクルマの通信遅延による移動距離は1cm以下となり、遅延を考慮しないで運転制御できるようになります。
自動運転車が必要とするもう一つの通信アプリケーションは、走行エリアの映像情報や3次元高精細デジタル地図の送受信です。こちらの用途では莫大なデータ量をやりとりすることになるので、高密度大容量通信が求められます。

このように自動運転車は遠隔制御と映像/地図の送受信という異なる通信アプリケーションを実行しますが、それぞれのアプリケーションが求める通信能力は別のものとなります。遠隔制御は少量の通信量ですが遅延の短さと高い信頼性が求められます。一方の映像/地図通信は、大量データの送受信能力が求められますが、遅延に対する要求はそれほど厳しくありません。

このように異なる通信能力を1台のクルマが同時に求めるような場面において、ネットワークスライシングは効果を発揮します。データ送信の優先度を高めたり、ネットワーク帯域の割り当てを調整したりすることで、ネットワークリソースを無駄なく活用して、異なる通信能力を効率よく実現するのです。

自動運転車は5Gならではの通信能力を必要とする代表的な5Gアプリケーションである。写真は米ウエイモの完全自動運転実験車「Firefly」(出所:米ウエイモ)