エンタープライズクラウド管理を左右する3つの課題

現代のビジネス環境において、エンタープライズクラウド管理は最優先事項です。マルチクラウド環境への移行が続く中で、考え得る課題について検討する必要性も高まっています。パブリッククラウドをすでに利用している場合でも、あるいは、切り替えを検討している段階であっても、どのようなリスクがあるかは知っておきたいものです。本稿では、検討すべき3つの課題をご紹介します。

1. マルチクラウド環境

筆者はParkMyCloudというプラットフォームでAWS、Azure、Googleのクラウドサービスをサポートするうち、企業の間でマルチクラウド戦略がますます一般的になってきていることに気付きました。複数のクラウドプロバイダーを利用することが有益と考えられる理由は様々です。一般的な理由の1つは、価格保護やワークロードの最適化と併せ、リスクの軽減にあります。それに限らず、人気が高まるに連れてマルチクラウド戦略の利点が明らかになってきているものの、どの戦略にも課題はつきものであり、関連するリスクについて認識することはCIOにとって非常に重要です。

課題の1つに、クラウド管理ツールを利用しないと、マルチクラウド管理は複雑になり、ときに舵取りが難しくなるということがあります。クラウドプロバイダーごとに、価格モデル、製品の機能、API、用語などが異なるためです。また、複数のプロバイダーと契約する上で、コンプライアンス要件も検討しなければならない要素です。1つのクラウドプロバイダーの要件に対応し、その状態を維持するだけでも十分に複雑ですから、複数ともなれば言うまでもないでしょう。また、マルチクラウドのインフラストラクチャを一元的に確認できるようにする必要があることも、忘れてはなりません。

2. コストコントロール

コストコントロールは、クラウドコンピューティングのトレンドにおける最優先課題です。Enterprise Management Associates(EMA)の調査研究によって、クラウドのコストコントロールが必要になる主な理由が明らかになりました。そこには、クラウドリソースの非効率的な利用、予測不可能な請求、契約上の義務、テクノロジーへの依存などが含まれます。

クラウド環境の管理とコストのコントロールにはかなりの時間と戦略が必要であり、企業が注力するべき取り組みに十分対応できなくなるかもしれません。しかし、アイドル状態のクラウドリソースを停止することで、クラウド月額利用料の65%以上を削減できるようなコストコントロールソリューションも存在しており、迅速に優れたROI(投資収益率)を実現するこのようなユーティリティは、EMAからも推奨されています。

3. セキュリティとガバナンス

大局的な見地から分析すると、マルチクラウド戦略とその課題の議論には、セキュリティとガバナンスの問題が含まれます。前述のとおり、マルチクラウド環境は複雑で込み入っており、適切に管理するために、ネイティブツールやサードパーティツールが不可欠です。クラウドには、企業が属する業界の法的コンプライアンスのほか、ネットワーク全般に共通するセキュリティの課題や、当然ながらクラウド自体がハッキングされる危険も考えておく必要があります。

このような説明をすると、企業の担当者は、クラウドリソースの作成と削除を行うためのコンソールへのアクセス権を、多くのユーザーに付与しすぎることが無駄につながる可能性を心配します。そこで鍵となるのが、ユーザーの役割(ロール)に応じてアクセスを制限する、RBAC(ロールベースのアクセス制御)です。昨今の複雑なクラウドの世界では、可視性と制御の両立が重要となりますが、これはプラットフォームの設計において、ユーザーのロールに基づいてアクセスを委任できる機能と、SAML(セキュリティ・アサーション・マークアップ・ランゲージ)の統合によってSSO(シングル・サインオン)を利用して認証できる機能をシステム管理者に提供することで実現されます。このようなアプローチを採ることで、マルチクラウド戦略の魅力は損なわずに、セキュリティ上の利点をもたらすことができるのです。

課題解決のソリューション

冒頭でも触れたように、マルチクラウド環境への移行が続く中で、エンタープライズクラウド管理は避けられない優先事項となっています。複数のクラウドサービスの導入が、ITとクラウドの管理における課題をより複雑化するためです。成果が出るまでに時間のかかるコストコントロールには、自動化と常時監視体制が求められます。セキュリティとガバナンスも不可欠な要素であり、ユーザーとリソースに対して最適な管理運営が行われるようにしなければなりません。クラウド管理のニーズが継続的に高まる中、クラウドリソースを効果的に管理し、問題を最小限に留め、コストを削減するための手段は、クラウド自動化ツールなのです。

オリジナル記事掲載元:ParkMyCloud

この記事はBusiness2CommunityのElaina Arceが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comにお願い致します。