編集部ピックアップ

今さら聞けない!ブロックチェーンとは?ビットコインとどう違うの?

「ブロックチェーン」という概念が、金融、IT、ビジネス分野で注目されています。詳しい説明なしに使われることも多くなり、「そもそもブロックチェーンって何?」と思われている方も少なくなさそうです。ブロックチェーンは、私たちや社会にとって役に立つものなのか、あるいは害を及ぼす存在なのでしょうか? ひょっとすると、インターネットの先にあるブームだとか、私たちが苦労して稼いだお金を吸い上げる悪徳商法の一種ではないかと心配する人も居るかもしれません。

ブロックチェーンとは、簡単にいえば、極めて洗練されたオンラインの台帳システムのことです。データの安全性、アクセス性、正確性のどれをとっても優れている最先端のスプレッドシートだと考えてください。革命的なテクノロジーですが、そのコンセプトは驚くほどシンプルなので、以下に説明していきます。

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンのコンセプトを説明する最良の例として、会社の財務状況を記録するスプレッドシートを思い浮かべてください。そこに書き込まれたデータが、全国の複数のサーバに同時に存在し、自動的に更新され、継続的に照合されているようなスプレッドシート、それがブロックチェーンなのです。

ブロックチェーンをごく簡単に説明すると、世界で最も進化したスプレッドシートです。

このブロックチェーンテクノロジーは、もう一つの新しいデジタル技術である「ビットコイン」とセットで言及されることが多いものの、両者は同義語ではありません。ビットコインとはデジタル通貨の1種であり、ブロックチェーンは、ビットコインの取引を追跡するためにも用いられるデジタル台帳という関係です。ブロックチェーンテクノロジーは、任意の数のデータセットに対する記録やアクセスに利用することができます。

ブロックチェーンシステムでは、ユーザが同時に複数の場所から取引、つまり「ブロック」の追加を行うことができます。どこからでも台帳に追加できるため、注文を処理する中間業者は不要です。各ブロックには、「ハッシュ」と呼ばれる固有のコードが付加されます。そして、個々の取引は、「マイニング」と呼ばれる複雑なプロセスによって承認、検証された後で、仮想的なデータのチェーンに組み込まれ、改ざんされるとその箇所や時刻などが正確にわかるようになっています。

透明性が高く改ざんされることのないブロックチェーン

「データが複数(たとえば数百台規模)のサーバに保存される」というコンセプトに不安になるかもしれませんが、心配は無用です。実のところブロックチェーンは、まさに複数のサーバを利用するからこそ、インターネット上で関連データセットを保存する最も安全な方法の一つになったといえます。

ブロックチェーンテクノロジーでは、全データが高度に暗号化されています。また、情報がデータセンターのような単一の場所に保存されているわけではないため、ハッキングや盗難は事実上ありえません。さらに、各取引はそれぞれ関連付けられているので、後続のブロックに影響を与えずに、どこか1部のブロックだけを改ざんすることは不可能です。さもなければ仮想的なブロックのチェーンが破綻するので、すぐに改ざんの有無がわかります。

ブロックチェーンでメリットを受けられる産業

すでにブロックチェーンは多くの主要産業分野で注目されており、効率と安全性を高め、この世界をより良くする技術として導入が始まっています。ブロックチェーンテクノロジーが金融分野で革命を起こしていることは有名ですが、将来的には、学生の学位取得や医師による治療やアフターフォロー、自宅への電力供給管理などにも役立てられる可能性があります。

  • 医療:
    医療産業は、相互運用性の問題に悩まされ続けています。たとえば、同じ病院内の3つの異なる診療科で、同じ書式に3回記入するよう求められることすらあるわけです。大規模医療システムを提供する企業の多くは、ブロックチェーンテクノロジーに投資することで、上記の問題や、患者のプライバシーの問題に対処すべく取り組んでいます。
  • 高等教育:
    ブロックチェーンテクノロジーは、大学が、学術的な認定評価、成績証明書、学位の情報を透明性が高い形で関連付けることに役立ち、その結果、より迅速な情報共有や、不正の排除が可能となります。

ブロックチェーンテクノロジーは、効率と安全性を高め、この世界をより良くするために役立ちます。

  • 製造業:
    この分野に不可欠なサプライチェーンとは、基本的に、最終製品を作るために関連付けられた一連の取引であるといえます。そのため、ブロックチェーンを使ってサプライチェーンの個々の取引を記録することによって、ミスや遅延、余計なコストを削減することが可能です。
  • 電力会社:
    中央集権的な管理を好む大手の電力会社はブロックチェーンのコンセプトを気に入らないかもしれませんが、いくつかの急進的なスタートアップ企業は、ブロックチェーンテクノロジーに基づく分散型グリッド内での電力消費を認めています。
  • 非営利組織:
    慈善団体は、多額の資金や価値ある無形資産を扱っているほか、複雑な会計システムも持っています。Charities Aid Foundation(チャリティーズ・エイド・ファンデーション)によると、ブロックチェーンによって会計プロセスを合理化し、組織の資金調達方法を改善することが可能です。

あなたのビジネスでもブロックチェーンの導入を

  • ブロックチェーンテクノロジーによって、どのような問題が解決できるか明確に定義できていますか?
  • ブロックチェーンテクノロジーは、あなたの顧客の体験をどのように改善できるでしょうか?
  • 自分のビジネスにブロックチェーンソリューションを導入するためには、どのようなリソースに投資する必要があるでしょうか?

これらの質問に答えることができれば、ブロックチェーンテクノロジーを採り入れる最初の準備は整ったといえるのです。

オリジナル記事掲載元: Big Sea | Inbound Marketing & Digital Development.
この記事は Business2Community のDzuy Nguyenが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comにお願い致します。