このページの本文へ移動

富士通

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

工場のIoT化で生産性を半年に15%向上

島津製作所様導入事例

IoTが導くIndustry4.0、工場のスマートファクトリー化が活発

ドイツで端を発したIndustry4.0の流れは、日本のものづくりにも浸透してきています。その中でも、工場内のあらゆる機械とインターネットを繋げる工場のIoT化、すなわちスマートファクトリー化が活発になっています。

島津製作所様は競争力の更なる向上を目指し、工場のスマートファクトリー化を進めています。生産状況の可視化やトレーサビリティの強化、単純作業の機械への代替などを積極的に推進。さらにIoT化を進めるために、製造装置のログデータを活用することで製造ラインの状況を可視化できる「FUJITSU Manufacturing Industry Solution VisuaLine(ビジュアライン 以下、VisuaLine)」を導入しました。

製造ラインの見える化で、問題の有無を直感的に把握

VisuaLineの画面

現場で日々改善活動に取り組まれていても、問題の原因や、推測した改善点が正しいものか判断していくことは難しいものです。VisuaLineは刻々と動く製造ラインの生産稼働状況を時系列でグラフ表示することができます。これに工程ごとに発生したエラーなどをバブルチャートで重ねて表示することで、問題の有無が直感的に分かるようになりました。また、データの深堀りにも対応しているので、蓄積したデータを分析し、上流工程プロセスへの改善から全体最適に結びつくといった成果も得られてきています。
問題対応力の向上は、現場の改善活動の活性化とモチベーションアップに繋がっています。

島津製作所様が取り組んだ課題と効果

  1. 1工場の次世代化に向け製造ラインを可視化したい
    わかりやすいグラフでラインの稼働状況が一目瞭然
  2. 2改善すべき製造ラインの問題点を把握したい
    可視化により問題点が顕在化するため、迅速な改善が可能
  3. 3劇的な改善が難しい生産性を向上したい
    半年で15%の生産性向上を実現

ものづくり

ICTを活用した設計と生産の見せる化によるスマートな「ものづくり」とは?新技術や事例、関連する商品・サービスなど、実現するヒントをご紹介しています。

詳しくはこちら

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

特集

Fujitsu Asia Conference 2016
富士通フォーラム2016
セキュリティ
進むAIの実用化
IoT・ビッグデータ
環境問題の解決にICTで挑む

人気ランキング

1 "見えないもの"が見える、世界が広がる 網膜に直接映像を投影するスマートグラス「網膜走査型レーザアイウェア」(前編)
2 街中のマンホールで防災?! ゲリラ豪雨による氾濫被害を未然に防ぐ
3 福岡で「移住したい町」第1位の糸島市の移住相談を、「AIマッチング」で支援
4 スーパーコンピュータ「京」の安定稼働を目指し、富士通ができること
5 「ムーアの法則」はもはや限界! 「組合せ最適化問題」を解決する新アーキテクチャーを開発

おすすめ

Fintechの進展で、今「何が起っているのか」
AI時代を生き抜くスキル
ブロックチェーン技術の応用が実現する異業種間でも安心・安全なデータ利活用
ファミリーマート、味の素など、アジアで成功する企業の「独自戦略」とは

google+もチェック

富士通 Biz News ビジネスに役立つ情報をメールマガジンでお届けします

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

FUJITSU アプリ

Google+

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

ページの先頭へ