このページの本文へ移動

富士通

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

導入が進むオープンなクラウド基盤「OpenStack」

【「OpenStack Days Tokyo 2017」取材レポート】

オープンなクラウド基盤としてプロジェクトの開発が順調に進んでいる「OpenStack」。実際の運用環境への展開数も大幅に伸び、フォーチュン500企業の半数に採用されるなど、急速に進むアジャイル型開発への移行も呼び水となって導入に拍車がかかっています。

このような状況の中、国内最大規模のオープンクラウドイベント「OpenStack Days Tokyo 2017」が7月20日・21日の両日、東京・虎ノ門ヒルズフォーラムで「オープン×コラボレーション」をテーマに開催されました。

開発技術者や運用技術者の関心も高く、OpenStack関連の最新の技術動向を収集するため当日は3,000人もの多くの参加者が会場を埋めていました。

富士通はプラチナスポンサーとして、スポンサーセッションとパネルディスカッションに参加。その様子をレポートします。

80のセッション、40社が構えた展示ブース

キーノート講演では、OpenStack Foundation COOのMark Collier氏とCloud Foundry FoundationのDevin Davis氏が登壇し、デジタルトランスフォーメーションとクラウドアプリケーションによって大企業の開発サイクルがスピード化されたこと、今後クラウド基盤は周辺OSSとの連携やエッジコンピューティングが重要分野になっていくことを語りました。

OpenStackとCloud FoundryやOPNFVなど、各OSSのコミュニティとのコラボセッションも開催され、他にもコンテナ技術や関連技術を含め、80のセッションが行われ、40社がブースを構え最新の取り組みを紹介していました。

「デジタル革新を支えるIT基盤へのベストプラクティスへの挑戦」 ~スポンサーセッション~

冒頭、富士通の鈴木が「FUJITSU Cloud Service K5」(以下、K5)を説明。

OpenStackによりネットワーク構築とインスタンス配備を自動化し、PaaS型モバイル活用基盤やその他のアジャイル型の開発を行い、有効性を富士通社内実践で実証していることを。続いてCloud Foundryを利用したK5での開発例として、保育園での利用を想定した「園児見守りサービス」を紹介しました。

他にもOpenStackとCloud Foundryを使用した社内実践とユーザー事例やコミュニティ活動への積極的な取り組みについてもお話しました。

Cloud Foundryの自社活用を進める各社によるパネルディスカッション

ここでは、それぞれの企業で異なる条件でのCloud Foundryの導入と活用の体験を語り合いました。

導入目的としては各社共通しているが、導入時期や活用度は異なり、コミュニティ設立以前の2011年から使っている企業もあれば、来週から実稼働するというケースもありました。

また、導入には苦労したという声が複数上がり、利用促進のためにはセミナーやハンズオン、技術協力など様々なサポートを行った事は各社共通していました。

また、サービス提供各社のパネルディスカッション」も行われ、サービスとしてのCloud Foundryの位置づけと、どんなユーザーが利用しているかなど、現時点でのCloud Foundry普及の一面が語られました。

パネルディスカッション:コンテナが変えるクラウド

コンテナの運用管理(オーケストレーション)ツールとして、Kubernetesに関するセッションも参加者の関心を引いていました。

コンテナを活かすKubernetesの現状と今後への期待について、①コンテナの向いているところ、向かないところ、②Kubernetesのいいところ、苦労するところ、③Kubernetes1.6/1.7、④Kubernetesコミュニティと日本 の4つのテーマでディスカッションが進められました。

また、「Kubernetesとエコシステム」と題するセッションでは、富士通の亀澤がKubernetesと強い関連を持つOSSツール群を紹介しました。

まとめ

2日間とも猛暑だったにも関わらず、講演会場、展示会場ともに多くの参加者でにぎわっていた「OpenStack Days Tokyo 2017」。参加者誰もが説明員に熱心に質問したり、意見を述べ合う様子があちらこちらで見られ、OpenStack導入の高まりを改めて肌で感じることが出来ました。

富士通は、OpenStack Foundationのゴールドメンバーとして、自社導入で培った知見をふまえ、エコシステムの中核を担うOpenStackの発展に向け最前線でこれからも取り組んでいきます。

イベントでのセッションやパネルディスカッションの詳細は以下からご覧いただけます。

「OpenStack Days Tokyo 2017」レポート オープン×コラボレーション 詳しくはこちら

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

特集

Fujitsu Asia Conference 2016
富士通フォーラム2016
セキュリティ
進むAIの実用化
IoT・ビッグデータ
環境問題の解決にICTで挑む

人気ランキング

1 "見えないもの"が見える、世界が広がる 網膜に直接映像を投影するスマートグラス「網膜走査型レーザアイウェア」(前編)
2 街中のマンホールで防災?! ゲリラ豪雨による氾濫被害を未然に防ぐ
3 福岡で「移住したい町」第1位の糸島市の移住相談を、「AIマッチング」で支援
4 スーパーコンピュータ「京」の安定稼働を目指し、富士通ができること
5 「ムーアの法則」はもはや限界! 「組合せ最適化問題」を解決する新アーキテクチャーを開発

おすすめ

Fintechの進展で、今「何が起っているのか」
AI時代を生き抜くスキル
ブロックチェーン技術の応用が実現する異業種間でも安心・安全なデータ利活用
ファミリーマート、味の素など、アジアで成功する企業の「独自戦略」とは

google+もチェック

富士通 Biz News ビジネスに役立つ情報をメールマガジンでお届けします

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

FUJITSU アプリ

Google+

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

ページの先頭へ