このページの本文へ移動

富士通

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

産学官が共創、重要インフラのサイバーセキュリティはこう創る

内閣府主導の下で、日本の経済・産業力の強化に欠かせない重要な科学技術イノベーションを実現する国家プロジェクト「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」が産学官の共創で進められています。その中でも重要なテーマとなっているのが、情報セキュリティ。特に電力設備や通信設備など、重要インフラへのサイバー攻撃の脅威が高まりつつあります。カンファレンスでは、SIPが進める重要インフラのサイバーセキュリティについて、産学官で進める研究開発活動の成果と富士通の役割についてご紹介します。
【富士通フォーラム2017カンファレンスレポート】

内閣府のSIPが進める「重要インフラのサイバーセキュリティ確保」研究成果

カンファレンス冒頭、富士通の太田大州は「通常のオフィスのITだけでなく、作業現場やIoTなど、こうしたところも今後どのように守っていくべきか」とセキュリティ対象範囲が格段に拡大していることを問題提起しました。

そして、現在、内閣府主導で進めている戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)に対し、「約一年間、活動を進めてきました。その成果を内閣府、NTT、富士通よりご報告します」と今回のカンファレンスの目的を説明しました。

富士通株式会社
サイバーセキュリティ事業戦略本部 エバンジェリスト 太田 大州

国内インフラを強靭にして日本のレピュテーションを向上

内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム プログラムディレクター
情報セキュリティ大学院大学 学長
後藤 厚宏 氏

安倍総理を座長とした総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)は、日本の総合的・基本的な科学技術、イノベーション政策の企画立案及び総合調整を行っています。この司令塔機能を発揮して、SIPとImPACT(革新的研究開発推進プログラム)が進められています。

SIPは単なる基礎研究に留まらず、研究開発した技術を社会に実装し、皆さんの役に立つという出口までを見据えています。現在11のプログラムが行われ、その一つに私がプログラムディレクターを務める「重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保」があります。まさに産学官、日本の力を合わせて今後の将来の重要インフラのセキュリティ確保に役立つ技術開発を進めていきます。

現在のサイバー攻撃は重要インフラもターゲットにしており、事例として2010年のイラン核施設へのサイバー攻撃や、最近ではウクライナの大規模停電などが挙げられます。

今、インフラ事業者は「我々は大丈夫なのだろうか」と再検討する必要があります。「問題ない」と考えている前提のどこかに穴があれば、リスクが現実になるからです。重要インフラのサイバーセキュリティ対策は重要インフラを支える制御ネットワークはもちろんのこと、それを管理するOA環境、あるいは保守管理のための端末やポート、そして機器を納入するサプライチェーンすべてに対処しなければなりません。

また、東京2020の成果が「日本のレピュテーション(評判)」に大きな影響を与えます。グローバル連携を強化するためにも日本での重要インフラに対するセキュリティ技術と運用の自給が必要であり、これが今回のSIPが目指すポイントです。

SIPでは開発した技術の社会実装を進めるために、その技術の適合性認定や評価検証、情報共有と人材育成を進めています。技術を導入していただく重要インフラ事業者や組織と協働体制を作り、初めから連携して技術開発を推進しています。東京2020の安全な開催を少しでもサポートする先行版の技術と、その先の重要インフラ産業、IT産業、セキュリティ産業全体の市場拡大に向けた拡大版の技術開発を進めています。

また、重要インフラのサイバーセキュリティ確保には、2つのポイントがあると考えています。1つ目は先に上げた「技術と運用の自給」です。これはセキュリティの主体性を確保するうえで重要であり、一方でグローバル連携による優れたセキュリティ技術やノウハウを集約できるプラットフォームもベストプラクティスの受け皿として重要です。

2つ目はIoT時代の『サイバーゴミ』と『茹でカエル』の問題です。IoT機器は管理者不在になりがちです。きちんと管理されていない脆弱なIoT機器が乗っ取られて攻撃に利用されてしまう事案がすでに現実となっています。つまり、IoT時代には、脆弱な大量のIoT機器がサイバーゴミとなって、サイバー空間の環境問題を引き起こしかねません。

また茹でカエルは、「frog boiling attack」というセキュリティの世界のキーワードのように、カエルが鍋でゆっくりと茹でられている状態、つまり脆弱なIoT機器というサイバーゴミが増えていることに気が付きにくい状態を意味しています。大量に増えてしまった脆弱なIoT機器を悪用した攻撃に気付いてからの事後対応では、その対策に莫大なコストがかかってしまうかもしれません。様々なIoT機器が重要インフラに組み込まれるIoT時代には、IoT機器の設計段階からセキュリティを確保する事と、管理者不在のサイバーゴミにならないようにするための、しっかりとしたサプライチェーンの仕組みが必要だと思います。

これからも、重要インフラに対するサイバーセキュリティ対策を進めるために、内閣府のSIPのように、産学官が力を合わせて取り組むことが重要だと考えています。

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

特集

Fujitsu Asia Conference 2016
富士通フォーラム2016
セキュリティ
進むAIの実用化
IoT・ビッグデータ
環境問題の解決にICTで挑む

人気ランキング

1 スマホの充電時間が従来の3分の1に! 世界最小・最高効率のACアダプターを開発
2 「ムーアの法則」はもはや限界! 「組合せ最適化問題」を解決する新アーキテクチャーを開発
3 AI(人工知能)で注目の新技術「Deep Tensor」を用いた高精度学習で、データ分析の高度化を目指す
4 IoTでゴルフが上達!? 自分とコーチとのスイング比較もデジタルで的確に
5 サーバを丸ごと液浸して消費電力を30%削減! 斬新な冷却技術でデータセンターに革命を

おすすめ

動画で見る「富士通フォーラム2017」イベントレポート
デジタル革新を最大限に活かし新たな価値を創り出す Human Centric Innovation : Digital Co-creation
【速報:後編】共創から新たな価値が次々誕生!「富士通フォーラム2017」の見どころを一挙公開
自動運転の普及で広がる巨大市場、技術を知りビジネスチャンスを手に入れる【前編】

google+もチェック

富士通 Biz News ビジネスに役立つ情報をメールマガジンでお届けします

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

FUJITSU アプリ

Google+

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

ページの先頭へ