IoTでゴルフが上達!? 自分とコーチとのスイング比較もデジタルで的確に

非装着センシング技術でスイングフォームをデジタル化

近年どのジャンルのスポーツも高性能な映像解析でプレーがデジタルデータ化され、上達に役立てられています。ゴルフの場合でも、ゴルフ動画撮影アプリや、撮影サービスを提供するゴルフスクールなどが増えてきています。しかし、スイング時の腕の振り上げやクラブの持ち方などの微々たる違いが大きな変化を生む中、撮影した自分のスイングが理想の形になっているか、コーチとどこが違うのか、比較するのはなかなか難しいのではないでしょうか。

富士通独自のセンシング技術は、市販の3Dセンサーを使い、センサー非装着の状態で人間の関節の3次元座標から、人の体の「動き」を瞬時にデジタル化(数値化)できます。人の体の「動き」を数値で見える化することで、自分のスイングが第三者の視点で的確に示され、理想のフォームになっているか確認できるようになります。

ゴルフのスイングフォームを瞬時にチェックできるスキルモニター

このセンシング技術を活用した「Skill Monitor for Golf(スキルモニター フォア ゴルフ)」は、ゴルフのスイングフォームをリアルタイムにデータ化し、フォームを各フェーズに分けて分析します。ゴルフスイングでは6つのフェーズに分け、各フェーズですでにデータ化しているプロゴルファーによるコーチングデータと比較することで、フェーズごとの自分のスイングフォームの善し悪しを確認し、自分のイメージ通りのスイングに近づけていくことができます。

ゴルフスイングをフェーズに分けて表示

グリップ角度や背骨の傾きなど、「あなた」と「コーチ」の数値を比べて差分を見える化

これらのデータを蓄積することで、調子の良い時と悪い時のフォームの変化を理解したり、コーチングを受けた成果を確認したり、平均値などの統計データから、安定度を把握したりできるようになります。つまり、自分の成長をしっかり記録できるため、長い期間、楽しんで練習を続けられるようになります。

さらに、このフォームを分析したデータに、実際に球がどう飛んだのかという結果を組み合わせることで、よい結果が出るフォームの状態を確認することもできます。スイングフォームのデータ化により、効率良く上達することが可能になります。

ICTを活用し、楽しみながら続けられるスポーツビジネスを支援

非装着センシングによる自動認識技術は、センサーの範囲内に起点と終点がある動きに適用できるので、ゴルフのほか、野球のピッチングやバッティングなどにもスキルモニターを展開することができます。スポーツ教室などではコーチングの新しい付加価値サービスとして導入することが可能です。また、体操競技のような動く範囲が広く、より複雑な動きを伴う競技にも対応できる、富士通独自の3Dレーザーセンサーや3Dデータ解析技術も開発中です。これにより、さらに多くの競技に導入できるようになります。

富士通はこうしたサービスをスポーツIoTプラットフォームの一環とし、スポーツ分野でのICT活用を推進していきます。