このページの本文へ移動

富士通

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

ビッグデータ活用進むシンガポールでデジタル変革に貢献

Fujitsu Asia Conference Singaporeイベントレポート

富士通は2016年11月8日、シンガポールのラッフルズシティコンベンションセンターで、「Fujitsu Asia Conference Singapore」を開催しました。今年のテーマは「Human Centric Innovation - Driving Digital Transformation」で、登壇者により現在のICTトレンドのほか、富士通の最新テクノロジーや活用事例などが紹介されました。

富士通株式会社 執行役員Asiaリージョン長 広瀬敏男

まず最初に、富士通の執行役員Asiaリージョン長である広瀬敏男が登壇し、アジアにおける富士通の取り組みについてスピーチしました。これまでアジアで食糧問題や自然災害といった社会問題のほか、企業のグローバル化や生産性の向上などに取り組んできた実績について説明するとともに、「ICTの力と富士通のノウハウを合わせることで、世界の人々の夢を実現し、より良い未来を創造したい」と述べました。

また事例として、シンガポールでの交通管理に向けたビッグデータ活用、ベトナムの農業におけるIoTやクラウド技術の活用、さらに中国で国家的に進められている「スマートファクトリー」での取り組みなどを紹介。多数の実績があることをアピールしました。

富士通シンガポール カントリーCEO Wong Heng Chew

次に、富士通シンガポールのカントリーCEOであるWong Heng Chewが講演し、民間企業・公的機関ともに、デジタル化が今後ますます加速していくとの見通しを示しました。またChewは、ビッグデータやクラウドコンピューティングといった新たな技術が相互に結びつくことで、シナジーを発揮できるとともに新しいエコシステムが生まれると指摘。富士通の技術は、ヘルスケアや運輸などさまざまな産業で活用できることをアピールしました。

AI(人工知能)やロボティクス技術の導入は「新たな産業革命」

シンガポール国立スーパーコンピューティングセンター
ディレクター Tan Tin Wee氏

続いて行われたゲストスピーチでは、シンガポール国立スーパーコンピューティングセンター(NSCC:The National Supercomputing Centre Singapore)のディレクターであるTan Tin Wee氏が、教育機関や民間企業のネットワーク化を通じた研究速度の向上をテーマに話しました。

Wee氏は、シンガポール科学技術研究庁が、シンガポール大学や南洋工科大学といったシンガポールの主要な教育機関と、広帯域のネットワークで相互に接続している事例などについて説明しました。さらに、ケッペルなどシンガポール主要企業と政府機関および教育機関を、サーバー間ネットワーク「InfiniBand」で接続するほか、シンガポールと米国、英国、日本のスーパーコンピュータをつなぐ計画などを紹介。こうした取り組みを通じて、研究開発のスピードがより早まっていくとの見通しを示しました。

富士通株式会社 マーケティング戦略室統括部長 高重吉邦

次に、富士通のマーケティング戦略室統括部長の高重吉邦が、カンファレンスのテーマでもある「Human Centric Innovation - Driving Digital Transformation」をテーマに講演し、富士通のビジョンやソリューションなどについて説明しました。

高重は、AIやロボティクスに関する技術の導入が進んでいる現状を「新たな産業革命」としたうえで、今後20年間で米国における仕事の47%を機械が行うようになるという、英国のオックスフォード大学が2013年に発表した研究成果を紹介しました。またデジタル化が進んだ時代には、プラットフォームと、各種デジタルサービスによるエコシステムを組み合わせることで、膨大なリソースを管理できるようになることなどを指摘しました。

さらに富士通の取り組みとして、シンガポール科学技術研究庁(A*STAR)と共同で取り組んでいるビッグデータ活用プロジェクトを取り上げました。富士通の位置情報活用クラウドサービス「SPATIOWL」を用い、港湾付近での衝突を避けるため船舶の交通量をコントロールしたり、商業施設内での人の動きをモニタリングし、クーポンを配布する最適な場所・時間を算出したりするなどの取り組みを行っていることなどを紹介しました。

AI(人工知能)技術「Zinrai」で顧客の視線検知、富士通の最新技術を紹介

富士通株式会社 新技術事業推進室長 青木孝

カンファレンス後半のビジネスセッションでは、まず富士通の新技術事業推進室長の青木孝が富士通のAI技術である「Zinrai」について説明。センサーが店内での顧客の視線を検知、どの商品がよく見られているかを分析することで、商品の展示方法などを工夫できるといった活用事例を紹介しました。

富士通アジア Regional MIS Vice Head
Low Leong Meng

続いて講演した、富士通アジアのRegional MIS Vice HeadであるLow Leong Mengは、富士通のデジタルビジネス・プラットフォーム「MetaArc」を紹介しました。Mengは、MetaArcの利点について、
(1)MetaArcを通じ、クラウドソリューションを素早く取り入れることができる
(2)既存システムのアップデート・近代化がより容易になる
(3)MetaArcとの統合により、既存のコアシステムを生かすことができる
(4)ICTサービスを複合的に管理できる
という4点を挙げました。そのうえで具体例として、日本の南都銀行のスマートフォンアプリケーションサービス向けにMetaArcを提供した事例を取り上げ、MetaArcがオペレーションコストの削減に寄与していることなどに触れました。

インテルコーポレーション Manufacturing & Industrial Sector, Industry Sales Group
ディレクター兼ソリューションアーキテクト Ted Connell氏

その後は、インテルコーポレーションのManufacturing & Industrial Sector, Industry Sales Groupのディレクター兼ソリューションアーキテクトであるTed Connell氏が、インテルの工場における、生産工程の効率化に向けたICT技術の活用について講演しました。Connell氏は、富士通のIoT技術を活用し、原材料の取り扱いを自動化したことなどにより、PCの製造工程における遅れを減らすことができたことなどを成果として挙げました。

REC ITディレクター Aw Jian Huei氏

最後は、同じく富士通のユーザーで、太陽エネルギーソリューションの世界的なリーディングカンパニーであるRECのITディレクターであるAw Jian Huei氏が、デジタル変革に向けた取り組みについて話し、2013~2017年を対象とするICTの導入計画などを紹介しました。2016~2017年にかけ、生産性の向上に向けMicrosoft Office 365を導入するなどの取り組みについて説明しました。

来場者は250人、講演に熱心に耳を傾ける

今回シンガポールで開催されたこのカンファレンスには、250人のお客様にお越しいただき、盛況のうちに終了しました。来場者は、富士通の最新テクノロジーなどに関する講演に、熱心に耳を傾けていました。今後も、バンコクや台北、ジャカルタなど、アジア各都市でカンファレンスを開催する予定です。引き続き富士通の最新技術やICTのトレンドについてご紹介していきますのでご期待ください。

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

特集

Fujitsu Asia Conference 2016
富士通フォーラム2016
セキュリティ
進むAIの実用化
IoT・ビッグデータ
環境問題の解決にICTで挑む

人気ランキング

1 サーバを丸ごと液浸して消費電力を30%削減! 斬新な冷却技術でデータセンターに革命を
2 「ムーアの法則」はもはや限界! 「組合せ最適化問題」を解決する新アーキテクチャーを開発
3 動画で見る「富士通フォーラム2017」イベントレポート
4 トップランナーが語る「ブロックチェーン革命」の本質
5 これからのAIが変える日々の暮らし、産業・社会を考える

おすすめ

これからのAIが変える日々の暮らし、産業・社会を考える
AIを活用したデジタルマーケティングでフェリー集客を強化 ~商船三井グループ様事例~
ヤマハと富士通のデザインアプローチによる IoTビジネスの共創
動画で見る「富士通フォーラム2017」イベントレポート

google+もチェック

富士通 Biz News ビジネスに役立つ情報をメールマガジンでお届けします

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

FUJITSU アプリ

Google+

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

ページの先頭へ