このページの本文へ移動

富士通

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

クラウド活用がさらに進むフィリピンでデジタル革新にともに取り組む

Fujitsu Asia Conference Manilaイベントレポート

2016年10月5日、フィリピン・マニラで「Fujitsu Asia Conference Manila」を開催しました。「Human Centric Innovation - Driving Digital Transformation」をテーマに、アジアにおける社会課題解決に向け、ゲストスピーカーによる「2017年のIT予測」や富士通の先進事例や最新テクノロジーをご紹介しました。

IoTがますます拡大、データこそが新たな"ゴールド(金脈)"に

富士通株式会社 執行役員専務 小野弘之

カンファレンスは、執行役員専務 営業部門長である小野弘之の挨拶で幕を開けました。小野はフィリピンの顧客やパートナーに向けて、「デジタルトランスフォーメーションの推進に、ともに取り組んでいきたい」と話し、富士通フィリピン社長のラウル・サンチャゴを壇上に招きました。サンチャゴはステージ中央に立ち、2015年にローカルのクラウドサービスを開始したことなど、富士通がフィリピンにおいて社会課題の解決に向けたソリューション提供に取り組んでいることを伝えました。

富士通フィリピン社長 Raul Santiago

Fronf&Sulivan ICTプラクティス シニアバイスプレジデント アンドリュー・ミルロイ氏

続いてゲストスピーチでは、米国を拠点として活動する調査・コンサルティング会社Fronf&Sulivanの ICTプラクティス、シニアバイスプレジデント、アンドリュー・ミルロイ氏が「2017年のIT予測」と題してスピーチしました。ミルロイ氏は2017年のITの方向性を示す5つのキーワードとして、(1)デジタル技術による破壊(Disruption)と変革(Transformation)、(2)クラウドコンピューティングの台頭、(3)あらゆるものがつながっていくIoT(Internet of Things)、(4)すべての企業がビッグデータ企業になる、(5)データこそが新たな"ゴールド"になる――を挙げました。

デジタル技術による破壊者としては、フィリピンにも有力な企業があるとしてOLX、ZipMatch、xurpasなどを紹介。またデジタル変革の成功例として米ゼネラルエレクトリック(GE)を挙げ、同社が業界向けのクラウドプラットフォームを提供する"デジタル・インダストリアル・カンパニー"に転身しようとしていること、同社がソフトウエア事業を2020年までに150億ドル規模にまで成長させるつもりであることなどを説明しました。

ミルロイ氏によると、クラウドについては、単なる情報システムでの利用の枠を越え、2017年は保守など運用技術(OT)に関するデータ管理で利用が進みます。それを後押しするものの一つは、拡張現実(AR)のようなインタフェースの進展です。さらにミルロイ氏は、ヘルスケアなどの分野でのデータ活用例を示しながら、IoTで蓄積されたデータが企業にとって新たな金脈になると主張しました。

デジタル化の波を乗り切るカギは「ヒューマンセントリック」

富士通株式会社 マーケティング戦略室室長 高重吉邦

基調講演には、富士通のマーケティング戦略室 室長の高重吉邦が登壇し、カンファレンスのテーマである「Human Centric Innovation - Driving Digital Transformation」と題して、富士通のビジョンやソリューション、そして顧客と取り組んできたデジタル革新の先進事例について紹介しました。

「世界のさまざまな業界で市場シェア上位を占める20社のうち、3分の1は2018年までに新たなデジタルプレイヤーによる破壊に直面する」という米IDCの予測を挙げつつ、デジタル革新で成功を収めるためには、デジタルの力で人をエンパワーしてイノベーションを起こす「Human Centric Innovation」が最善の方法であるとし、具体例として、ファッション小売りや、製造業のオムロン様や東京証券取引所様などを紹介。デジタル化によって、顧客に新しい体験をもたらし、業務を効率化、商品価値を飛躍的に向上し、さらにはビジネスモデルを変革できることを示しました。

高重は、IoTや人工知能(AI)、ロボティクスの台頭により、さらに大きくなるデジタル化の波に対し、これを活用して成長していくためには、人々のクリエイティビティを高め、デジタルビジネス・プラットフォームを整備し、エコシステムを構築することが重要だと伝えました。

そして人と人工知能がコラボレーションする「人とデジタルの未来」を展望しながら、シンガポール科学技術研究庁様(A*Star)やシンガポール経営大学様と共同で取り組んでいる、シンガポール政府が掲げる「Smart Nation」に向けたビッグデータを活用したプロジェクトや、東京大学と共同開発している「心臓シミュレーター」など、より豊かな社会の実現に向けた富士通の取り組みを紹介しました。

デジタル革新に重要な、既存ITとの融合とサイバーセキュリティ対策

富士通シンガポール マネジメントサービス担当 カー・ヤン・トン

ビジネスセッションでは、富士通アジアのリージョナルマネジメントサービス担当であるカー・ヤン・トン、富士通のセキュリティエバンジェリストを務める太田大州が、より具体的なソリューションを紹介しました。

トンは、デジタル革新の核となるMetaArcを紹介。デジタル化には、才能ある人材を集めやすい、顧客のロイヤルティを高め関係を維持しやすい、生産性を高められるなどのメリットがあると説明。その一方で、70%がデジタル革新の成否にイチかバチかという印象を持っており、既存ITとの融合が課題になっているとし、MetaArcがそれを解決するためのプラットフォームになり得ると伝えました。加えて、アニメーション映像を見せMetaArcの使い勝手を示すとともに、日本の南都銀行様の例など具体的な利用例を紹介しました。

富士通株式会社 セキュリティエバンジェリスト 太田大州

太田は、サイバーセキュリティをテーマに講演しました。いまやサイバー攻撃の影響は、現実世界のサプライチェーン全体に及ぶとし、データ損失、自然災害対策などと同様に、サイバーセキュリティに関するリスク管理を実践することが重要だと訴えかけました。

また富士通は様々なパートナー企業と組んで、攻撃検知・防御の高度な仕組みを提供していることに言及。加えて、以前は数週間かかっていた分析・可視化が現在では数十分で実現できること、セキュリティ人材の育成に注力しており、組織として動くことで攻撃に対処できることなどを説明しました。

インテル株式会社 Government Account Executive Charles Patrick Ty氏

カンファレンス最後は、インテルのインダストリー・セールス・グループ、ガバメント・アカウント・エグゼクティブであるチャールズ・パトリック・ティ氏が、デジタル変革とIoTについて講演しました。エネルギーの効率利用、コストを抑えつつ生産性を高めたスマートな工場、迅速に顧客の要望に応えられる小売りなどの事例を示し、プラットフォーム提供や各業種でのエコシステム構築などの面で貢献していくと話し会を締めくくりました。

おわりに

今年度、ネピドーに続き開催されたマニラでは、230名以上のお客様にお越しいただき盛況のうちに終了しました。今後も、ハノイ、クアラルンプール、シンガポールなど、アジア各都市での開催を予定しています。引き続き、各国でのICTトレンドや富士通の先進事例をお届けしていきますのでご期待ください。

[注]記事内の人物の肩書きは2016年10月イベント時のものです。

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

特集

Fujitsu Asia Conference 2016
富士通フォーラム2016
セキュリティ
進化を続ける人工知能
IoT・ビッグデータ
環境問題の解決にICTで挑む

人気ランキング

1 日本が誇るスーパーコンピュータ「京」が「Graph500」で再び世界第1位に
2 サーバを丸ごと液浸して消費電力を30%削減! 斬新な冷却技術でデータセンターに革命を
3 「ろう者に音を届けたい」(前編) 髪の毛で音を感じる全く新しいデバイス「Ontenna」
4 ポスト「京」プロセッサの命令セットを紹介
5 AIが実現する近未来 「CEATEC JAPAN 2016」富士通ブースレポート

おすすめ

CeBIT 2017に出展
AI(人工知能)で注目の新技術「Deep Tensor」を用いた高精度学習で、データ分析の高度化を目指す
病院の待ち時間ストレスをスマホで解決!「患者向けモバイルソリューション」とは?
スポーツとIoTで、究極のエンターテインメントを目指す

google+もチェック

富士通 Biz News ビジネスに役立つ情報をメールマガジンでお届けします

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

FUJITSU アプリ

Google+

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

ページの先頭へ