このページの本文へ移動

富士通

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

AIで都市課題の解決に挑む ~シンガポール実証実験の現場から~

シンガポールは、ICTによって市民生活の向上やコミュニティの強化を実現する世界初のスマート・ネーションを目指しています。この構想のもと、シンガポール科学技術研究庁、シンガポールマネジメント大学、富士通は、2014年10月に先端研究組織を設立し、ICTを活用した都市課題の解決に取り組んでいます。

人々の行動をICTでどう変えられるのか?

シンガポール独立記念日である2016年8月9日、約6万人が集まったスタジアムイベントにあわせ、隣接のショッピングモールにおいてAI(人工知能)を活用して混雑の緩和を目指す実証実験が行われました。


今回の実証実験は、スタジアムイベント参加者の一部へスマートフォン用のアプリを事前配布することから始まりました。

そして、交通機関の状況、個人の嗜好性、インセンティブ影響度といった大量かつ複雑なデータを AIが学習し予測。その結果をもとに、アプリが交通手段を勧めたり、ショッピングモールへ誘導したりすることで、帰宅手段・時刻の分散化を行い、実際に人々の行動を誘導できたかを検証しました。


このようにAIで人々の行動を誘導し、混雑を緩和する世界初の試みが実用化に向けて進んでいます。富士通はこうした実証実験を通じて培われたデータ解析やモビリティマネジメントの技術・知見をAI技術「Zinrai(ジンライ)」やクラウドサービス「SPATIOWL(スペーシオウル)」に生かし、同様の課題を抱える都市やモール事業者様といったお客様にご提供していく予定です。

本プロジェクトは富士通イノベーション企画・推進本部および富士通研究所応用研究センターが中心となり推進しています。現地に駐在するメンバーはもちろんのこと、日本からの出張、電話会議やTV会議といった様々な手段で大勢のメンバーが国を越え一体となった活動を行っています。

シンガポール・日本間のプロジェクト会議の様子

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

特集

富士通フォーラム2016
セキュリティ
進化を続ける人工知能
IoT・ビッグデータ
環境問題の解決にICTで挑む
交通・車 [東京モーターショー2015 出展]

人気ランキング

1 日本が誇るスーパーコンピュータ「京」が「Graph500」で再び世界第1位に
2 サーバを丸ごと液浸して消費電力を30%削減! 斬新な冷却技術でデータセンターに革命を
3 「ろう者に音を届けたい」(前編) 髪の毛で音を感じる全く新しいデバイス「Ontenna」
4 ポスト「京」プロセッサの命令セットを紹介
5 AIが実現する近未来 「CEATEC JAPAN 2016」富士通ブースレポート

おすすめ

CeBIT 2017に出展
AI(人工知能)で注目の新技術「Deep Tensor」を用いた高精度学習で、データ分析の高度化を目指す
病院の待ち時間ストレスをスマホで解決!「患者向けモバイルソリューション」とは?
スポーツとIoTで、究極のエンターテインメントを目指す

google+もチェック

富士通 Biz News ビジネスに役立つ情報をメールマガジンでお届けします

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

FUJITSU アプリ

Google+

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

ページの先頭へ