「ろう者に音を届けたい」(後編)
髪の毛で音を感じる全く新しいデバイス「Ontenna」

【未来を創るチカラ Vol.1】

組織にもイノベーションを起こしたい

インタビュー前編で触れた通り、大学時代にろう者と出会ったことをきっかけに、髪の毛で音を感じる革新的なデバイスOntennaの開発をはじめた本多。大学院卒業後はメーカーに勤めながら、個人でOntennaの開発を続けていましたが、展示会やメディアを通じてOntennaの存在を知ったろう者からたくさんの問い合せが届くようになると、「1日でも早く製品化したい」という思いが強くなっていきました。
「でも、個人でやるには資金面などのハードルが高く、一歩を踏み出せずにいたんです。そんな僕の思いを後押ししてくれたのが、富士通でした。富士通には障がい者の方もたくさん働いていますし、聴覚障がい者とのコミュニケーションを活発化するための『LiveTalk』などの製品も生み出していて、障がい者に理解のある会社だなという印象がありました。社内に『Innov8ers』というイノベーションを起こしたい人のコミュニティがある点も興味深かったですね。ベンチャーの方がスピード感があるというのも確かですが、大企業からこうしたプロダクトを生み出すことに価値があるのではないか、大学や未踏プロジェクトの後輩たちにとってのロールモデルになれるのではないかと考えました」
こうして2016年、富士通に入社。Ontennaの製品化へ向けた開発がスタートしました。

ユーザーと技術者をつなぐこともデザインの一つ

Ontennaプロジェクトチーム。社内外から様々な分野のプロフェッショナルが集まる。

Ontennaプロジェクトチームは本多と富士通のプロダクトデザイナーである高見逸平、富士通アドバンストエンジニアリング(FAE)のエンジニアたち、ろう者、カメラマンなど、多様なメンバーで構成されています。
「外装デザインは高見さんが、基盤設計はFAEのみなさんが担当してくれています。僕は、ろう者の意見を聞き、もっとああして、こうしてとお願いする係。ワガママな奴だと思われているかもしれませんが(笑)、ユーザーと技術者をつなぐこともデザインの一つじゃないかと考えています」
プロモーション用の映像やスチールは、社外のクリエイターたちによって製作されたもの。
「展示会やメディアでOntennaを知った方から『協力するよ』と声をかけていただくことが多くなり、ありがたいですね。モデルは知り合いのろう者の子ですし、『あ、音がいた。』という素晴らしいコピーも、ろう者のコピーライターさんがOntennaに感動して編み出してくれました。そんなふうに、ろう者と健聴者、社内と社外などの垣根を越えて、たくさんの人とつながることで、Ontennaは進化してきたんです」

TechShopで生まれる新たな出会い、自由なアイデア

2016年4月にオープンしたTechShop Tokyo。「開放的な雰囲気が魅力」と本多。

今回インタビューを行ったのは、富士通が手がける会員制オープンアクセス型DIY工房「TechShop Tokyo」。広々としたスペースに3Dプリンターやレーザーカッターといった本格的な工作機器がそろった新しいものづくりの場で、Ontennaのプロトタイプ製作もここで行われています。
「Ontennaは、ろう者と協働で作り上げているプロダクト。彼らの意見をできる限り反映する、すぐに手を動かして形にする、このふたつのことを開発当初から心がけています。今までは技術者が作ったものをユーザーに使ってもらうという一方通行なものづくりでしたが、これからはユーザーと一緒にものづくりを行う"インクルーシブデザイン"の時代。それには、ものを作りながら考えるという姿勢が大事なので、TechShopのような環境が身近にあるのはありがたいですね。クイックプロトタイピングができる設備が整っているのはもちろん、イノベーションやテクノロジーに興味を持った人たちが自然と集まってくるのでコミュニティも生まれやすいと感じます」
先日は、TechShop TokyoにてOntennaの活用方法について考えるワークショプを開催。様々な年齢や職業の人が集まり、ろう者を交えて活発な意見交換が行われました。
「暗闇オーケストラとか、Ontennaを使った愛の告白とか、斬新なアイデアがたくさん出ました。それには、TechShopの持つ自由な雰囲気やアイデアをすぐに形にできる環境が大きく影響しているんじゃないかと思います」

開発は5年目に突入。これまでに製作したプロトタイプは300個に及ぶ。