このページの本文へ移動

富士通

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

急速な成長が進むミャンマー、電子政府化を実現するためには?

~Fujitsu Asia Conference Nay Pyi Taw レポート~

2016年7月27日、ミャンマーの首都ネピドーにおいて、政府や企業などのトップ、リーダの方々をお招きし、「Fujitsu Asia Conference Nay Pyi Taw (ネピドー)」を開催しました。
本カンファレンスは、富士通がアジア各都市で開催しているイベントで、今年度のテーマは「Human Centric Innovation - Driving Digital Transformation」。
当日は政府高官含め、150名ものお客様にご来場いただき、急速な発展を続けるミャンマーの様々な社会課題に対し、ICTの力でどのように貢献できるのか、富士通ソリューションや各分野のオピニオンリーダーによる講演を通じてご紹介しました。

急速な成長が進むミャンマーにICTを使ったサービスの提供を

冒頭で登壇したAsiaリージョン長・執行役員の広瀬敏男は、オープニングスピーチにて、ベトナムでの農業改革支援や、シンガポールのビックデータを活用した交通渋滞解消の取り組み、インドネシアでの遠隔医療などの取り組みを紹介し、富士通がアジア各地でICTを利用した事業を展開していることを強調。「ミャンマーにおいてもICTを使ったサービスの提供を進めていきたい」と思いを述べました。

富士通株式会社 Asiaリージョン長・執行役員 広瀬敏男

ミャンマー運輸通信省 副大臣 チョー・ミョー氏

続いて、ミャンマー運輸通信省副大臣のチョー・ミョー氏は、「変革は国民中心で行われるべきだ」とし、人間中心のイノベーションを訴える今回のカンファレンステーマを高く評価されました。また、先端技術を導入して改革を進めることで、雇用の創出にもつながるとの期待についても述べました。

富士通株式会社 ヤンゴン支店 支店長 辰巳徳朗

在ミャンマー日本大使館 経済・経済協力担当参事官 松尾秀明氏

続いて登壇した、ヤンゴン支店長の辰巳徳朗は、ミャンマーにおける富士通の取り組みとして、日本の政府開発援助(ODA)の一環としてミャンマー中央銀行の基幹システム構築を手掛けた実績をご紹介。「当社の幅広いサービスによってミャンマーの電子政府化をサポートしていく」と意欲を語りました。

在ミャンマー日本大使館の松尾秀明参事官は、中央銀行の事業などで、日本の官民がミャンマーを支援していることを紹介し、国民民主連盟(NLD)の新政権が目指す、国民生活の向上のためには、ICT分野などで外国投資の促進が必須だと述べました。

株式会社富士通研究所 会長 佐相秀幸

基調講演では、富士通研究所会長の佐相秀幸より、モノのインターネット(IoT)に続いて、人工知能(AI)とロボティクスの波がやってくると富士通の先端技術として、世界の最先端技術トレンドをご紹介しました。身に着けることができる小型のウェラブル端末を使った工場管理の様子、心臓の立体映像で手術前に患部の様子が分かる医療技術などの例を挙げ、「最先端の技術でイノベーションを起こそう」と結びました。

やるべきことを今スタートすることが大切

ゲストスピーチには、富士通のパートナーであるACE Data Systems会長兼最高経営責任者のテン・ウー氏をお招きし、「Digital transformation」をテーマご講演いただきました。「やるべきことを今スタートすることが大事です。間違いがあれば、徐所に軌道修正していけばいいのです」と述べ、ミャンマーには世界銀行の支援で策定したICT推進のマスタープランがあるものの、計画だけで実行されていないとして、政策の着実な履行が必要だと強く述べました。
また、富士通のパートナーであるConcordia社長のタン・ウィン氏も、ミャンマー政府の情報インフラ整備の必要性について強調。電子カルテ化などを進めることで、医療の発展が見込めることを指摘し、「初期費用はかかるものの、長期的にみればトータルコストを抑えられる」と、ICT分野での投資の効果を訴えました。

ACE Data Systems会長兼最高経営責任者 テン・ウー氏

Concordia 社長 タン・ウィン氏

医療、防災、統計・分析、セキュリティなど各分野でイノベーションを

富士通株式会社 当社ヘルスケアシステム事業本部 事業部長 高濱浩司

カンファレンスの後半は、医療、防災、統計・分析ソリューション、セキュリティをテーマにビジネスセッションを実施。医療分野では、ヘルスケアシステム事業本部事業部長の高濱浩司が「ヘルスケア分野におけるICTの取り組み」について説明しました。電子カルテについて、慶応大学病院の導入例を紹介し、医師だけでなく看護師ら医療関係者が場所を問わずに患者のカルテにアクセスできることで、大幅な業務改善を図ることができると指摘。電子カルテの導入に必要となる法整備についても、協力していく意向を示しました。

富士通株式会社 アジアビジネス本部長 長谷川哲也

防災分野には、アジアビジネス本部長の長谷川哲也が登壇。「重要なのは住民に防災意識を持ってもらうことです」と述べ、政府だけの取り組みには限界があるとしました。このため富士通は、交流サイト(SNS)を利用して住民を巻き込むことで、防災意識の喚起を目指す取り組みを進めており、インドネシアでは、スマートフォンと拡張現実(AR)の技術を使うことで、住民が参加する形で川の水位などを調査している事例も紹介しました。

富士通株式会社 統合商品戦略本部 統合商品戦略本部CXMソリューション部 部長 近藤祐朗

統計・分析ソリューションでは、統合商品戦略本部CXMソリューション部の部長である近藤祐朗が顧客管理ツール「CRMate(シーアールメイト)」を紹介しました。カスタマイズが容易なため幅広い用途に使えることを強調し、熊本地震の際、わずか5日間で災害の相談窓口業務に対応できるようにしたことを紹介すると、会場からは驚きの声が漏れました。

富士通株式会社 統合商品戦略本部セキュリティビジネス推進統括部 部長 瀬尾隆一

カンファレンスの締めくくりには、セキュリティ分野から統合商品戦略本部セキュリティビジネス推進統括部長の瀬尾隆一が登壇し、最新のサイバーセキュリティのトレンドについて講演。データを用いて巧妙化するサイバー攻撃への対策の必要性を説明しました。最近の傾向として、政府の機密情報だけではなく、企業のシステムを標的とする金銭目的の「ランサムウェア」が増えていると警告し、サイバーセキュリティを担う人材育成を、国を挙げて進める必要性を訴えました。

2016年度の幕開けにふさわしく、大盛況のもと開催された今回の「Fujitsu Asia Conference Nay Pyi Taw」。今後も、マニラ、ハノイ、クアラルンプールなど、アジア各都市での開催を予定しています。各国でのICTトレンドや先進的な取り組みなど、お届けしていきますのでご期待ください!

[注]記事内の人物の肩書きは2016年7月イベント時のものです。

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

特集

Fujitsu Asia Conference 2016
富士通フォーラム2016
セキュリティ
進むAIの実用化
IoT・ビッグデータ
環境問題の解決にICTで挑む

人気ランキング

1 スマホの充電時間が従来の3分の1に! 世界最小・最高効率のACアダプターを開発
2 「ムーアの法則」はもはや限界! 「組合せ最適化問題」を解決する新アーキテクチャーを開発
3 AI(人工知能)で注目の新技術「Deep Tensor」を用いた高精度学習で、データ分析の高度化を目指す
4 IoTでゴルフが上達!? 自分とコーチとのスイング比較もデジタルで的確に
5 サーバを丸ごと液浸して消費電力を30%削減! 斬新な冷却技術でデータセンターに革命を

おすすめ

動画で見る「富士通フォーラム2017」イベントレポート
デジタル革新を最大限に活かし新たな価値を創り出す Human Centric Innovation : Digital Co-creation
【速報:後編】共創から新たな価値が次々誕生!「富士通フォーラム2017」の見どころを一挙公開
自動運転の普及で広がる巨大市場、技術を知りビジネスチャンスを手に入れる【前編】

google+もチェック

富士通 Biz News ビジネスに役立つ情報をメールマガジンでお届けします

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

FUJITSU アプリ

Google+

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

ページの先頭へ