進化を続ける人工知能~「人」と「AI」が拓く未来の可能性を考える~

【富士通フォーラム2016 カンファレンスレポート】

感情を持つパーソナルロボットや車の自動走行など、人工知能(AI)の活用が拡がっている今、AI技術の発展と活用は、社会やビジネス、個人の生活をどのように変えていくのでしょうか。5月19日~20日に東京国際フォーラムで開催した「富士通フォーラム2016」のAIカンファレンスでは、最新のAI研究を紹介するとともに、AIがもたらす可能性について活発な議論が行われました。

実世界に埋め込まれる人工知能(AI)

人工知能の技術開発の現状(日米比較)

第1部では、産業技術総合研究所 人工知能研究センター長の辻井潤一氏が講演を行いました。まず始めに「2015年5月に設立した私たちの研究センターでは、『実世界に埋め込まれるAI』と『人間と協働して問題解決するAI』の研究に取り組んでいます」と紹介し、人工知能の定義について「自律的に判断でき、自分なりにある程度行動ができるもの」と、自らはかなり広くとらえていると話しました。

そして、近年のAIブームは米国型の巨大IT企業が一カ所で巨大データと優れた研究者などのリソースを握り、価値化することで急速にAI研究を進歩させてきたと紹介。しかし、「あらゆる業界・組織がデータを持つようになったため、開いたエコシステムを作りながら連携しデータを価値化していくことが求められています」とAIブームは次のフェーズにきているという状況を示しました。

また、AI技術は社会の様々な分野への適用に及ぶとしながら、「大学や企業の取り組む研究開発(シーズ)と社会・ビジネスへの実用化(ニーズ)のスムーズな流れを作り出していくことが、自らセンター長を務める人工知能研究センターの役割であり、AIの使命です」と述べました。

AI技術の研究開発と実用化の循環を回す

AI研究における日本の「3つの強み」

さらに、「社会の実問題解決にAI技術を適用するのはなかなか難しい面もあります」と課題を示し、その理由に実社会からのデータ取得の難しさと、問題解決を図る上での専門知識が必要であるとした上で「今や、IoT(Internet of Things)やロボティクスなどともAIは綿密に絡み出しています」と述べました。

そのような中、AI研究を進めるためには強いパートナーと組む必要があるとし、「日本はAIの研究を進める上で、良い環境にあると考えられます」とポテンシャルを示しながら日本の強みを3つ挙げました。

1つ目は『おもてなしの心』で、医療、介護、Fintechなど違った環境に置かれた人に最適のサービスを提供するノウハウの応用です。2つ目に『製造業の強さ』で日本のものづくりの強い部分にAIを組み込んでいくことにより、次の製造業のかたちを作ることができます。3つ目は『優れた技術者や科学者などの豊富な人材』であるとし、「ビッグサイエンスの時代には、豊富な人材をベースに、AIを使って研究を加速させていくことが重要です」と説明。「日本の風土にあったAIをどう作っていくかがこれからの大きなテーマです」と述べ講演を締めくくりました。