このページの本文へ移動

富士通

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

富士通フォーラム2016基調講演レポート

Human Centric Innovation ‐ Driving Digital Transformation

東京・有楽町にある東京国際フォーラムで、2016年5月19日と20日の2日間にわたり開催された富士通フォーラム 2016。19日の基調講演「Human Centric Innovation ‐ Driving Digital Transformation」「デジタル革新を支える富士通の役割」では、富士通の代表取締役社長 田中達也と執行役員常務 阪井洋之が、今まさに起きているデジタル革新と富士通が考える取り組みの方向性について示しました。

今年のテーマは「Driving Digital Transformation」

今年の富士通フォーラムのテーマは、「Driving Digital Transformation」つまり、デジタル革新を力強く進めていくことです――。初日に開催された基調講演の冒頭、富士通 代表取締役社長の田中は、デジタル革新を人類社会の歴史的な転換点であるとし、語り始めました。

デジタル革新を強力に推進するにあたって、今、富士通が取り組んでいること。田中がまず示したのは人工知能(以下、AI)におけるDeep Learning技術の進化です。自分の腕につけたセンサーを示しながら、例えば、歩く、走る以外にもエレベーターで一気に高層階に昇る、エスカレーターに乗るなどといった“極端な変化”について、従来の技術では正しく認識できなかったことが、富士通の新技術により認識率が大幅に向上したことに触れました。「センサーデータが飛躍的に増えるIoT時代に、AI技術の進化にますます役立つ」と語りました。

更に、セキュリティの分野でのAI活用について、「全ての通信ログをAIで分析し、特異なパターンを検出することで、これまで知られていないタイプのサイバー攻撃をいち早く発見できるようになった」と述べました。

続いて、最新のテクノロジーを「使いやすくする取り組み」として、富士通のロボット技術を紹介。「バーチャルとリアルな世界をつなぐ役割、そして人に寄り添って“人を支える存在”になるロボット技術の開発に取り組んでいきます」と語りました。

一方、IoTとビッグデータへの取り組みでは、富士通がいち早く進めたビッグデータ活用に向けた基盤整備について説明しました。ビッグデータ活用基盤である位置情報システム「SPATIOWL」は、日本だけでなく、インドネシアの高速道路でのスムーズな走行やシンガポールでの観客の誘導に活用されており、北アフリカのある都市では電車運行の最適化を実現していきます。

また、IoTのユニークな活用事例として、体操競技を例に、アスリートの動きを3Dで捉えるシステムを紹介。「体の角度や回転数、技の種類などを瞬時に判定できます。選手が体にセンサーやマーカーをつける必要は一切ありません。選手の集中力の邪魔をしないで活用可能な技術です」とその優位性を強調しました。

代表取締役社長 田中 達也

田中は続けて「革新的なビジネスを実現するためには国境や業界の壁を越えた連携も重要」と語りました。世界中で注目されている“ものづくりの自律化”分野での標準化への参画や、イノベーションの場としてオープンしたTechShop、国内外のスタートアップ企業との協業に向けたメタアーク・ベンチャーコミュニティなどエコシステムづくりも積極的に行なっています。

講演の最後に田中は、「富士通はヒューマンセントリックというビジョンを掲げています。すべてにおいて『人』を起点に考えようという意味です」と説明。AIが発達して自動化が進んでいく時代だからこそ、テクノロジーが人をサポートして、「人が、より高い創造性や能力を発揮できるようにしなければならない」という考えを示した言葉です。

そして「デジタル革新が実現する豊かな未来を皆様と共に創っていきたい」と述べ、講演を終えました。

競争に打ち勝つためのデジタル革新とは

続いて登壇した執行役員常務の阪井は、冒頭に「富士通フォーラムでは、デジタル革新を実現するための材料やヒントをできる限り数多くお伝えしたい」と語り、続けて「デジタル革新から生まれる成果には『ビジネスモデルの変革』『事業の卓越性』『顧客との親密性』『商品の優位性』の4つが考えられます」と述べました。ビジネスモデルの変革の一例として、レオパレス21様と共同で取り組んだ、アパートの屋根で太陽光発電事業を推進する新しいビジネスモデルなど、様々な事例を紹介しました。

執行役員常務 阪井 洋之

阪井は、デジタル革新の成功事例を紹介する一方で、「富士通の調査によると、デジタル革新を実行している日本企業はまだ3割程度で、多くの企業ではデジタル革新が進まないという課題に悩んでいる」と説明。その理由として、スキル・ノウハウを持った人材がいないこと、既存システムがネックになっている、などの課題を示し「今、競争に打ち勝つためにはデジタル革新をさらに加速させることが求められている」と強調しました。

では、お客様のデジタル革新を更に加速させるために、富士通はどのようなお手伝いができるのでしょうか?
富士通は、デジタル革新を加速させるためのデジタルビジネス・プラットフォームとして、2015年に「MetaArc(メタアーク)」を発表しています。阪井は、「MetaArc」を活用し「既存システムのクラウド移行、デジタル革新の検討・実証プロセスの短期化、この2つについて、本日はご提案したい」と述べて、デジタル革新をお客様と共創していくための富士通の取り組みを説明しました。
更に「お客様のニーズの高いテーマから業種・業務の切り口でご用意する『デジタル革新オファリング』では、成功事例や実装モデルなどを8つの分野でご提供します。調査の手間を大幅に減らし、検討・導入期間を2分の1から4分の1に短縮できると考えています」と加えました。

一方、「他社と差別化するためにも最新テクノロジーの活用が重要」と述べました。その1つがヒューマンセントリックAIの“Zinrai(ジンライ)”です。「すでに130件程度の商談が進んでいます。その中でも多いニーズが、AIによって新たなユーザー・エクスペリエンスを生みだしたいというものや、社内に蓄積されたデータを活用し業務の効率化を図るという分野です。」として、具体例を紹介しました。
また、研究開発を進めているロボットについても、将来へのビジョンをビデオで紹介しました。

阪井が講演の中で強調していたのは、「“人”を中心に考えてデジタル革新を進めていかなければなりません。いくらロボットやAIが進化しても、その技術を活用して価値を生み出すのは人間です。最後は“人”が大事です」ということ。これこそが、富士通が提唱している「ヒューマンセントリック」というビジョンです。

最後に「デジタル革新の実現に向けてお客様とともにチャレンジしてまいります」と述べ、基調講演を締めくくりました。

登壇者
  • 富士通株式会社
    代表取締役社長 田中 達也

  • 富士通株式会社
    執行役員常務 阪井 洋之

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

特集

Fujitsu Asia Conference 2016
富士通フォーラム2016
セキュリティ
進むAIの実用化
IoT・ビッグデータ
環境問題の解決にICTで挑む

人気ランキング

1 スマホの充電時間が従来の3分の1に! 世界最小・最高効率のACアダプターを開発
2 「ムーアの法則」はもはや限界! 「組合せ最適化問題」を解決する新アーキテクチャーを開発
3 AI(人工知能)で注目の新技術「Deep Tensor」を用いた高精度学習で、データ分析の高度化を目指す
4 IoTでゴルフが上達!? 自分とコーチとのスイング比較もデジタルで的確に
5 サーバを丸ごと液浸して消費電力を30%削減! 斬新な冷却技術でデータセンターに革命を

おすすめ

「人を中心としたAI」の開発に向けて、理研AIPと富士通が連携センターを開設
AI・IoTの活用とIT部門の新たな役割でデジタル革新を加速する!
"体操ニッポン"から、スポーツの世界を変える。3Dセンシング技術を用いた体操競技採点支援
世界有数のITビジネス見本市「CeBIT 2017」富士通ブースレポート

google+もチェック

富士通 Biz News ビジネスに役立つ情報をメールマガジンでお届けします

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

FUJITSU アプリ

Google+

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

ページの先頭へ