【速報】最先端技術が光る! 「富士通フォーラム2016」の見どころをいち早くお届け

5月19日~5月20日に東京国際フォーラムで行われる「富士通フォーラム2016」。今年は、「Human Centric Innovation - Driving Digital Transformation」をテーマに、様々な現場におけるデジタル革新への取り組みや、それを支えるデジタルビジネス・プラットフォーム「MetaArc」をはじめ、人工知能(AI)、IoTやビッグデータ、ロボット、モバイルなどの数々の最先端技術について、講演やセミナー、展示デモなどを通してご紹介します。

基調講演「Driving Digital Transformation」「デジタル革新を支える富士通の役割」

基調講演では、今回の富士通フォーラムのテーマである「Human Centric Innovation - Driving Digital Transformation」について、代表取締役社長の田中達也、執行役員常務の阪井洋之よりご説明しました。

キーワードとなったのは、ビジネスや社会に大きな変化をもたらし、人々がより豊かに安心して暮らせる未来社会を作る「デジタル革新」です。田中は、「富士通は今まで、お客様の課題を共に解決することに喜びを見出してきた」と触れながら、「デジタル革新においても、富士通はお客様と一緒に考え、高いハードルに直面しても自らも汗をかいて、お客様とともに乗り越えていくことを約束します」と力強く述べました。

続けて壇上に上がった阪井は、「ロボットやAIが進化しても、その技術を活用して価値を生み出すのは人間」と強調しつつ、「富士通には様々な人がいます。個性豊かな人の力を組み合わせ、デジタル革新の実現に向けてお客様とともにチャレンジしていきたい」と自らの決意を語り、講演を締めくくりました。

代表取締役社長 田中達也

執行役員常務 阪井洋之

MetaArcステージ

展示ホールは、「デジタル革新を支えるMetaArc」ゾーン、「最先端テクノロジー」ゾーン、「ビジネス・社会のデジタル革新」ゾーンに分かれています。70を超える展示コーナーでは、富士通の先進的なソリューションやテクノロジーを具体的な利用シーンに組み込みながらご説明、ご体験していただける場を設けています。

入口を入るとまず目に入るのは「MetaArcステージ」。ここでは、AIの「Zinrai(ジンライ)」が、司会者と会話をしながら、今回の富士通フォーラムの見所などをご案内します。

MetaArcステージで司会者とかけ合いをする「Zinrai」

展示ホール入口では、お客様をおもてなしするメディエーターロボット「ロボピン」がお出迎え。来場したお客様のプロフィール情報や会場での行動履歴に合わせて、一人ひとりに合ったおすすめの展示デモを、可愛い声と動きで案内してくれます。

展示ホール各所で「ロボピン」がお出迎え

「デジタル革新を支えるMetaArc」ゾーン

デジタル革新の実現には、それを支えるプラットフォームが重要です。このゾーンでは、富士通のデジタルビジネス・プラットフォーム「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc(メタアーク)」のテクノロジーや関連するソリューションなどを展示しています。ここでは、従来の「FUJITSU Cloud Service K5(ケーファイブ)」に加え、2016年5月17日に発表したOracle Solaris環境をIaaSとして提供するサービス「FUJITSU Cloud Service U5(ユーファイブ)」をご紹介しています。

富士通は、ベンチャー企業との共創を通じて新たなビジネスを創りあげることを目的とした「MetaArc Venture Community」を立ち上げました。展示会場では、本プログラムを活用したベンチャー企業の取り組みとして、ユニロボット様の「unibo(ユニボ)」などをご紹介しています。

次世代ソーシャルロボット「unibo」

混雑状況をリアルタイムで把握

また、会場では、「SPATIOWL(スペーシオウル)」により、来場者の動きをリアルタイムに見える化し、混雑状況を把握できるヒートマップも展示しています。これを活用すると、例えば、外国人来場者の動向だけを抜き出し、外国語で対応できるスタッフを迅速に配置するといったサービスも可能です。

「最先端テクノロジー」ゾーン

続いて、「最先端テクノロジー」ゾーンです。ここでは、人工知能の発展におけるブレークスルーとして注目されている機械学習(Deep Learning)に関する「時系列データDeep Learning」などをご紹介しています。また、大量画像検索技術では、従来の処理速度の約50倍もの性能アップを実現。デモではその高速スピードをご体感いただけます。

大量画像検索のデモ画面

このゾーンに展示されたひときわ大きな展示は、データセンター用のサーバー全体を液体に埋没させて冷却する「液浸(えきしん)冷却」という新しい技術です。従来の1000倍の冷却能力を持ちつつ、消費電力を30%も抑えます。

液浸冷却の様子

「ビジネス・社会のデジタル革新」ゾーン

「ものづくり」コーナー

ここでは、ものづくりの現場にイノベーションを起こすためのテクノロジーをご体験いただけます。例えば、エンジニアが集まってアイデアを出し合う場に最適な、情報を映し出すテーブル。パソコンだけでなく、クラウドやスマートフォンとも連携でき、各担当者が持っている情報をそのまま映し出せます。また議論の途中で、ネット検索もテーブル上でできるなど、議論やアイデアを活性化するための工夫がいくつも見られます。

テーブル上に様々なアイデアを映し出す

ほかにもロボットや自動機を使って人間の動き、動線を分析し、工場の理想的な配置を見つけ出す技術、IoT活用により工場全体の最適化を行うインテリジェントダッシュボードにAIを組み込んだデモ、CADデータから堅牢性を高速にシミュレーションする技術、安価かつスピーディな金属溶解式3Dプリンター、スーパーコンピュータなどを世界最速で冷却するテクノロジーなども展示しています。

ロボット・自動機を活用したものづくり現場

インテリジェントダッシュボード

「小売・物流」コーナー

小売のコーナーでは、視線を検知して情報を提供するサービスを展示しています。ミラーサイネージでは、洋服などを持って鏡の前に立つと、商品の情報や、色違い、サイズ違いの商品を表示、在庫の有無などを表示します。お客様の興味・関心を「視線」からくみ取り、おすすめの商品を提案します。

鏡の前に人が立つと商品の詳細情報を表示

物流のコーナーでは、入荷や店舗仕分け、出荷検品などの複数の工程をロボットで実現する様子などをご紹介。ロボットはバーコードで商品情報を読み取り、正確に仕分けできるので、倉庫の労働力不足の解消に役立ちます。

「セキュリティ」コーナー

ビジネスにおいて、サイバー攻撃から企業の機密情報、顧客情報を守ることは、最優先課題の一つです。そのためのセキュリティ体制を維持する負担は増加しています。富士通のグローバルマネージメントセキュリティサービスは、検知、防御、分析、対処、コンサルティングといったセキュリティ運用サービスを提供するものです。さらにAIの機械学習を用いて、人間には見つけられないインシデント発見のための技術も開発しています。

「デジタルマーケティング」コーナー

eコマースなど、ネットでの商品購入は増加の一途をたどっています。画面で見る商品をより良く見せるために期待されているのが「Virtual Reality(バーチャルリアリティ)」です。このコーナーでは、専用のメガネとディスプレイを使うと商品が立体視でき、専用ペンによって角度や向きを変えて、商品を360度好きな角度から見られる「zSpace」(ジースペース)を体験できます。

VRディスプレイ「zSpace」

ほかにも、既存の顧客情報に加えWeb閲覧履歴などを元に個客向けに高度なマーケティングを行うDMP、今まで想定していなかった所の見込み客を見つけ出すマーケティングツール、問い合わせに対してAIを用いて最適な回答をスピーディにリストアップするコールセンター向けツールなどをご覧いただけます。

「金融サービス」コーナー

視線検知技術を組み込んだATM

金融機関では、お客様へのサービスの多くをATMが担うようになっており、大事なお客様との接点といえます。しかし、中にはATMの操作に戸惑う方もいらっしゃいます。富士通が開発したのは、ATMの前に立つお客様の視線を検知するシステム。視線の動きからお客様の困りごとをいち早くキャッチし、行員がサポートします。ATMの進化によって、お客様との接点をさらに強化するためのテクノロジーをご覧ください。

「くらし」コーナー

くらしのコーナーでは、日常の生活やビジネスをより便利にできるテクノロジーをご体験していただけます。髪に取り付ける「Ontenna(オンテナ)」は、周囲の音が発生すると、振動で人に教えてくれるIoTデバイスで、耳の不自由な方でも周囲の様子を振動で知ることができます。また、音声認識では人間の声を瞬時にテキスト化してチャットする「LiveTalk」をご体感いただけます。英語、フランス語など外国語への自動翻訳も可能で、各自が異なる言語で話をしてもリアルタイムにコミュニケーションが取れます。

音の発生を振動で通知する「Ontenna」

遠隔地から家族を見守る

音を使って高齢者を見守るサービスもご紹介。異常の発生を音や動きで検知し、オペレータにつなぐサービスなどの実演デモも行っています。

「スポーツ」コーナー

アスリートにとっても観戦する人にとっても、生き方を豊かにするのがスポーツ。それをより安全に、楽しめるためのテクノロジーも進んでいます。例えば、遠隔で発光色を変えられるネットワーク対応照明機器。サッカーなどの対戦スポーツでは、チームカラーごとに発光色を変えて入場口や席を色分けできます。気分を盛り上げるだけでなく、言葉の分からない外国人にとっても識別が楽になります。非常時には警告色に変えて誘導することもできます。また体操のような採点型のスポーツでは、3Dセンサーで体の動きを分析、今まで審査員の目に頼っていた採点をサポートすることも可能です。未来のスポーツ観戦の姿をぜひご体感ください。

発光色を遠隔から操作

「クルマ・交通・都市」コーナー

やがて到来する自動運転の時代を見据えて富士通が力を入れているのは、人とクルマの安心・安全。個々のクルマとクラウド上のAIを連携させ、不正アクセスや乗っ取りなどのハッキングを受けた場合は迅速に対処。そして、その情報を他の車にもスピーディに共有して、被害拡大を防止するためのテクノロジーをご覧いただけます。

死角をディスプレイに映し出し、安全運転をサポート

またドライバーの視線を検知し、わき見運転を警告したり、死角にいる自転車や歩行者をドライバーに通知したり、ハンドル操作時にメールが着信してもタイミングを遅らせて通知する機能など、ドライバーの安心・安全を実現するテクノロジーもご体験いただけます。

ほかにも「ワークスタイル変革」「医療・健康」「食・農業」「社会インフラ」ゾーンにおいて、富士通のデジタル革新の取り組みをご覧いただけます。AIやIoT、ロボットなど、新しいテクノロジーが私たちの社会をどのように豊かに変えていくのか。「富士通フォーラム2016」の会場で、ぜひご体感ください。