高齢者が「自分らしい暮らし」を続けるために、地域包括ケアシステムができること

高齢者が自立した生活を送るため、各種情報をネットワークにより共有

現在、日本では、諸外国に例を見ないスピードで高齢化が進行しています。特に団塊の世代が75歳以上となる2025年以降は、医療や介護の需要がさらに増加することが見込まれています。このため厚生労働省では、2025年を目途に、高齢者が可能な限り住み慣れた地域で「自分らしい暮らし」を続けることにより、尊厳を保持しつつ自立した生活を送ることができる体制の構築を推進しています。これが「地域包括ケアシステム」です。

地域包括ケアシステムを確立するためには、介護サービス事業者、病院、自治体などが、それぞれ保有している情報を、ネットワークにより共有し、活用することが欠かせないと考えられています。また今後、認知症高齢者の増加が見込まれることから、認知症高齢者の地域での生活を支えるためにも、地域包括ケアシステムの構築は重要になってきます。

富士通が提供する「HOPE LifeMark-WINCARE(ウィンケア)」は、このネットワークの実現に向け、病院、自治体などとの情報共有機能を兼ね備えた介護サービス事業者向け業務支援システムです。

操作のしやすさに拘った介護業務支援システム

「HOPE LifeMark-WINCARE」は、2000年の介護保険施行より富士通が蓄積してきたノウハウを結集し、介護サービス事業者向けの業務支援システムに、地域包括ケアの為の多職種間連携の拡充、スマートデバイスを活用して効率的な記録業務を行う機能、経営資源を有効活用する為の分析機能などを追加したものです。また、機能性だけでなく、介護職員ごとにカスタマイズが可能なメニューの柔軟性や、画面遷移の煩雑さを軽減し、使いやすさを追及した操作性なども兼ね備えています。

本製品を導入する介護サービス事業者は、任意の病院の医師やスタッフ、看護師、自治体職員などに専用のIDを提供し、そのID保有者間でSNS形式の情報共有が可能です。また、必要な情報がワンストップで確認できる掲示板機能により、介護サービスにおいて必要となるスケジュールや介護記録、スタッフ間の連絡事項などの各種情報を俯瞰して見ることができます。スマートデバイスを利用可能な機能を拡大し、ネットワーク接続が可能であれば、いつでも、どこでも、介護スケジュールや介護記録の入力・参照ができるとともに、その場で医師や看護師の専門的なアドバイスを求めることも可能です。現場で情報入力できるため、記録業務時間を短縮でき、従来よりも介護サービスに注力できます。

SNS形式 情報共有画面

スマートデバイス 要介護者一覧画面

事業者、病院、自治体が一体となった地域包括ケアシステムの実現に向けて

本製品では、介護現場で顕在化した課題やニーズをスマートデバイスから画像や動画を活用してタイムリ、かつビジュアルな形で見える化することで、医師や民生委員など専門分野の関係者からきめ細かなアドバイスを得られることが可能となります。これにより、介護サービス事業者は、それぞれの高齢者に適した介護サービスの提供を実現することができ、高齢者が充実した生活を送ることにもつながります。

「HOPE LifeMark-WINCARE」は、日々の運用の中でストレスなくご利用いただける、介護サービス事業者にとって優しいシステムです。富士通は今後、医療機関の電子カルテシステムや自治体の介護保険システムなどとの情報連携機能を強化し、介護サービス事業者、病院、自治体などが一体となって地域の高齢者を支える地域包括ケアシステムの実現に貢献することを目指します。