アプリを使って東北の桜を満喫!「桜の札所」108カ所を巡る旅

桜を訪れ東北の魅力を満喫

桜前線の北上とともに春の便りが聞こえてきます。これから見頃を迎える東北では、地元の人達に愛され守られてきた樹齢数百年という桜の銘木が数多くあり、人々を楽しませてくれます。
皆さんも、東北の桜を訪れてみませんか。

美しい桜を巡り、東北に多くの方々に訪れていただくことで、東北の地域活性を応援するプロジェクト「東北・夢の桜街道」。東北に点在する108カ所の桜の名所を「桜の札所」と定め、桜を東北の復興・再生のシンボルに掲げ、観光振興による東北の地域づくりを官民連携で応援しており、富士通もメンバーとして参加しています。

東北に出かけ、桜を楽しんだり、美味しいものをいただいたり、家族・友人と楽しい時間を過ごすことが、震災5年を迎えた東北を応援することにも繋がります。そして、見て聞いて感じた東北の魅力を多くの方が、どんどん発信すれば、さらにその輪が広がるのではないでしょうか。

富士通が運営するウェブメディア「あしたのコミュニティーラボ」では、桜の札所を訪れた方々が、地域の様子や魅力を写真投稿で発信したり、情報交流するFacebookグループ「みんなで巡る・桜の札所」を開設しています。

「みんなで巡る・桜の札所」は、Facebookアカウントをお持ちの方であれば、どなたでもご参加・閲覧いただけます。自慢の桜のショット、地元で出会った美味しい逸品、現地で発見した意外な観光スポットなどなど、楽しみながらの投稿をお待ちしています。「いいね!」での拡散も東北応援のひとひらです。

桜を巡る旅をサポートする「東北桜旅ナビ・酒蔵旅ナビ」

この春 、旅先で桜の名所をナビゲーションするアプリ「東北桜旅ナビ・酒蔵旅ナビ」が提供開始されています。桜旅を計画する際、パソコンで行きたい観光スポットまでのルートを作成することができる「桜旅ナビシステム(MYルートガイド)」に加え、スマーフォンやタブレットを持ち歩きながら散策をサポートしてくれるアプリの登場です。

このアプリでは、東北の桜の札所(名所)108カ所の情報を、開花状況とともに閲覧することができ、利用者が行きたい場所を選ぶと、現在地から目的地までのルートを自動的に作成します。自分に合った旅の楽しみ方ができるのが魅力です。

また、「東北・夢の桜街道」では、桜に加え、東北のもう一つの魅力でもある日本酒文化を発信する「東北酒蔵街道」も提唱しており、80の酒蔵が参加しています。「東北桜旅ナビ・酒蔵旅ナビ」には日本酒の専門家の取材による80酒蔵のオリジナルコンテンツも掲載しています。桜を見ながらの花見酒にも誘われますね。

「東北桜旅ナビ・酒蔵旅ナビ」には、富士通ネットワークソリューションズが、位置情報活用プラットフォーム「FUJITSU Ubiqutous Computing Service POSIGEO(ポシジオ)」を提供しています。ポシジオは、GPSなどから取得した位置情報を利用し、観光や生活シーンにおいて価値ある情報をスマートフォンやタブレットのアプリへ提供するための基盤と、これを利用したベースアプリを提供するサービスです。

見頃の桜と旅での新たな体験を求めて、ぜひ、「東北桜旅ナビ・酒蔵旅ナビ」を片手に東北へお出かけください。