アジア最大の可能性を秘める都市シンガポールの「共創」とは

~Fujitsu Asia Conference Singaporeイベントレポート~

2016年1月28日、シンガポールにて「Fujitsu Asia Conference Singapore」を開催しました。「Fujitsu Asia Conference」は、「Human Centric Innovation in Action」をテーマに、富士通の先行事例や最新テクノロジー紹介を交えながら、アジアにおける社会課題解決に向けた当社取り組みについて紹介するカンファレンスで、アジア数ヶ国で開催しています。
今回のシンガポールでの開催は、7ヶ国目となり、2015年度最後のカンファレスとなりました。

シンガポールにおける富士通の取り組み

富士通シンガポール 社長 Wong Heng Chew

冒頭で登壇した富士通シンガポール社長のウォン・ヘン・チュウは、開会の挨拶として、デジタル化が様々な産業に大きな影響を与えていることを述べた上で、「デジタル化によって今後さらに変革が進む社会を、富士通は顧客やパートナーと共に形成していきたい」と伝えました。

富士通株式会社 Asiaリージョン長・執行役員 斎藤淳一

続いて、当社執行役員 Asiaリージョン長 斎藤淳一は、シンガポールにおける富士通の取り組みを紹介。東南アジアにおけるシンガポールの重要性を指摘し、「シンガポールは才能のある豊かな人材が多く、イノベーションの中心になり得る」と述べました。また、シンガポールは当社のアジアにおける技術開発のハブであり、国家レベルでのスーパーコンピュータ開発プロジェクトを進めていることについても紹介しました。

シンガポールにおけるITの未来予測

Frost & Sullivan SVP Andrew Milroy氏

ゲストスピーチには、米国を本拠とする調査・コンサルティング会社Frost & Sullivanのアジアパシフィック・シニアバイスプレジデントであるアンドリュー・ミルロイ氏が登壇。「シンガポールにおけるITの未来予測」と題し、デジタル革命にともなうシンガポールにおける新たなビジネスモデルについて紹介しました。ミルロイ氏はその一例として、「これまでのIT分野におけるクラウド活用と同様に、今後はオペレーション技術分野におけるクラウド活用が進んでいきます」と述べました。

シンガポールで実現する「共創」イノベーション

富士通株式会社 執行役員常務CTO&CIO 松本端午

続いて、当社執行役員常務CTO&CIO 松本端午による基調講演では、本カンファレンスのメインテーマでもある「Human Centric Innovation in Action」を実現するための新たな価値の創出とイノベーションについて、先進事例と共に紹介しました。

松本は、シンガポールはASEANの中核でありながらも、GDPの成長率が2~3%と低い数値にとどまっていることを指摘し、今後の成長のためには、人と情報を結びつけたイノベーションが不可欠であると強く訴えました。そして人と情報、インフラを結びつけた例として、位置情報クラウド「SPATIOWL (スペーシオウル)」を活用した、富士通とシンガポール科学技術研究所(A*STAR)、シンガポール経営大学(SMU)による、都市などの社会課題解決のためのソリューション創出を目的とした共同研究を紹介しました。さらに、AI (人工知能)による都市づくり、災害対策、つながる工場、デジタルマーケティングなど様々な分野でデジタル化が進んでいることを述べました。

こうしたデジタル化を背景にしながら、当社が取り組んでいるお客様との「共創」については、オムロン様の工場における製造プロセスの改善事例、スマートアグリカルチャー事業、スペインで最大の銀行ATMなどを挙げて紹介しました。

講演の最後には、「多くのシンガポールのお客様との共創により、アジアから世界にビジネスをつなげていきたい。共創によってヒューマンセントリックイノベーションを実現できます」と結びました。

製造、金融など各分野に広がるイノベーション

[上] Advanced Remanufacturing and Technology Center (ARTC) Chief Executive Officer David Low氏  [下] The Singapore Fintech Consortium Co-Founder&Managing Partner Gerben Visser氏

カンファレンスの後半は、業界動向を中心とした最新のトレンドに関する講演が並んだビジネスセッションです。
先端再製造技術研究所(ARTC)CEOのデビット・ロウ氏は、先進的な製造技術について講演を行い、同社のシンガポール科学技術研究庁(A*STAR)が主催する国際コンソーシアムにおける4領域の研究分野(修理・復元、表面増強、製品検証、付加製造)を先進的な製造技術の一環として紹介しました。デビット氏は、米ボーイング社の旅客機製造ラインや、米アマゾン・ドットコムが倉庫内で利用している自動搬送ロボットなどの例を挙げながら、ICTによる製造技術の進歩に触れると共に、ロボット技術やビッグデータ、AR (拡張現実)を活用したサイバーフィジカルシステム、IoTアプリケーションを統合したサプライチェーンと共に、未来のシナリオを示しました。


続いて、本カンファレンスで多くの注目を集めたFinTechコンソーシアムのガーベン・ヴィサー氏が登壇。インターネットバンキングやPayPalのような決済手段、モバイル決済、Bitcoinをはじめとする仮想通貨など、金融システムを効率化する各種のアプリケーションをFintechの例として挙げ、そのトレンドについて紹介しました。中でも、金融機関からの情報提供、分析、助言、資金移動の実行など、金融サービス利用者向けの一連の仕組みは、データマイニングやロボットによるシステム化により、Fintechアプリケーションとして提供できると説明しました。

[上] 富士通UK Senior Manager Cloud Mike Cartmel  [下] National Trades Union Congress Chief Information Officer Kwong Yuk Wah氏

続いての講演は、富士通UKのマイク・カートメルによる「自信を持ってデジタル社会に臨むために」。富士通のデジタルビジネスプラットフォーム「MetaArc(メタアーク)」を紹介しました。「パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミス・システムを適切に組み合わせ、連携させることで、デジタル革命によるビジネスの変化にスピーディに対応することができる」と結びました。


カンファレンスの最後は、当社のお客様であるNational Trades Union Congress (NTUC) のクウォン・ユク・ウァ氏による 「NTUC CLOUD &Digitalization Journey」の講演。NTUCのICT活用の取り組みを紹介し、「NTUCは労働者の保護、進歩、配置など、労働者にとって働きやすい環境づくりに取り組んでおり、90万人に上る会員向けサービスを、ソーシャルメディアを活用し、利用者の位置に合わせたサービスとして提供している」と述べました。さらに、ユーザーの使い勝手をシームレスにするためのバックエンドシステムのインテグレーション、業務効率化のためのワークフローの自動化などの取り組みを挙げ、クラウドやモバイル環境を活用したデジタル化の進行を示されました。

おわりに

2015年度の締めくくりにふさわしく、大盛況のもと開催された「Fujitsu Asia Conference Singapore」。
デジタル化が刻一刻と進むASEANにおいて、特に大きな成長の可能性を秘め、イノベーションの中心地になり得るとされるシンガポール。シンガポール経済のさらなる発展のためには、国境を越え、「人」を中心としたヒューマンセントリックイノベーションの実現がこれまで以上に求められています。

注)記事内の人物の肩書きは2016年1月イベント時のものです。