このページの本文へ移動

富士通

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

スポーツ観戦をもっと楽しく!スマホを使った参加型ゲームをJリーグで実証実験

撮影:田中直樹(日経テクノロジーオンライン)

スマホとオーロラビジョンが連動したバーチャルレースで盛り上がる

2015年11月22日、2万5000人が来場し川崎市営等々力陸上競技場で開催されたJ1リーグ公式戦 川崎フロンターレ 対 ベガルタ仙台。サッカーの試合開始1時間前、観客が一斉にスマートフォンを振り始めました。スタジアムのオーロラビジョンには、川崎フロンターレのマスコット「ふろん太」「ワルンタ」「カブレラ」が映し出され、観客がスマートフォンを振るスピードと連動した3チーム対抗のバーチャルレースが繰り広げられています。

これは、富士通、富士通研究所、ニフティの3社が来場された皆さんにご協力いただいて行った実証実験の一つ「ふるふるフロンターレGP」の様子です。

観客の皆さんには、来場スタジアム入場前にスマートフォンに専用アプリをインストールし起動しておいていただきます。アプリをインストールした方が入場口を通過すると、入口脇に設置された"ビーコン"(注1)を通じて「来場者」として認識され、当日試合会場にいる方だけに向けたサービスを利用することができます。冒頭で紹介した「ふるふるフロンターレGP」は、専用アプリをインストールし、かつ参加型ゲームの開始時間にスタジアムにいる来場者にだけメニューが自動で表示され、オーロラビジョンを見ながらバーチャルレースを楽しむことができる仕組みです。

参加者は「ふろん太」「ワルンタ」「カブレラ」の3チームから1つを選び、スマートフォンを振った回数をスピードに換算し順位を競います。スマートフォンの加速度センサーで振られた回数を測定(注2)し、そのデータをインターネット経由でクラウドに集め、各チームの走行状況をオーロラビジョンに表示します。参加者は、自分のチームの順位をオーロラビジョンで確認しながらさらに激しくスマートフォンを振り、参加型ゲームを楽しむことができます。当日は約650人が参加し、サッカーの試合開始前から会場は大いに盛り上がりました。

(注1)自身の存在や位置を伝えるためにIDや場に応じた必要な情報を配信する仕組みや装置。
(注2)各チームにより参加人数が異なるため、1人あたりのスマートフォンを振った回数の平均値でスピードを計算。

撮影:田中直樹(日経テクノロジーオンライン)

バーチャルレースの様子。参加者はオーロラビジョンを見ながら、激しくスマホを振りまくる

時間や場所、その人の状況を判断して必要なサービスをスマホに自動で提供

このスマートフォンの専用アプリには、富士通研究所が開発した、時間や場所、そしてその人の状況に合わせて最適なサービスを自動で提供する「プレイスサービス基盤」という新しい技術が組み込まれています。この技術を活用し、試合内容に応じた情報配信やオーロラビジョンと連携させた参加型イベントなどの競技場サービスの実用性を検証しました。

専用アプリに組み込まれたこの新技術は、クラウド上に構築したシステムと連携し、設定した時間や場所、状況に応じて、自動で専用アプリのメニュー表示を行ない、最適なサービスを提供することができます。

スタジアムサービス実証実験のシステム概要図

時間や場所、ユーザーの状況にあわせてアプリケーションのメニューを自動で切り替え

条件の階層を重ねることで、さらに絞り込み、特定の人に向けたサービス提供も可能に

さらにバーチャルレースに優勝したチームの中から抽選で10名に、この日の試合でも活躍した「大久保嘉人選手のサイン色紙」が贈られました。このプレゼントの当選者を選ぶ仕組みにも、「プレイスサービス基盤」の新技術が活用されています。今回の当選者を「専用アプリをインストールした人」から「会場に来た人」、さらに「ゲームにエントリーした人」、「スマホを振った人」、そして「優勝チームを応援した人」と対象者を次々と絞り込みながらグルーピングし、その中から当選者を選んで通知しました。

通常のイベントでは当選しても受け取りに来ないことが多い中、今回は当選された10名全員が試合終了後プレゼントを受け取りに来られました。多くの観客に楽しんでいただき、きちんとプレゼントもお渡しできたという面からみても、イベント・実証実験両面において良い成果が得られたと思われます。

「プレイスサービス基盤」は、時間や場所を認識するとともに、このように条件の階層を重ねることで、より細分化されたグルーピングを行いターゲットの絞り込みを実現できます。専用アプリケーションの固有IDにより、メールアドレスなどの個人情報を取得することなく、特定の人やグループに向けた情報の配信を可能にできるので、今回の当選通知など様々なシーンでの活用に期待が膨らみます。

一人ひとりに合わせた最適なサービスで、スマホをもっと便利に

「スマートフォンをもっと一人ひとりに合わせ便利なものにしたい」という想いから開発されたこのサービス基盤。富士通は、この実証実験の結果を活用し、競技場やイベント会場における混雑状況、入退場時の誘導情報や災害時の避難経路など、各種情報の通知サービスや来場者が一体となって参加できる体験型のサービス、一人ひとりに合わせて最適なスマートフォン機能を活用できるサービスなど、新しいサービスの実用化を検討していきます。また、大量のデータ通信や大規模なデータ処理を要するシステム構築のサービス強化にも取り組んでいきます。

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

特集

Fujitsu Asia Conference 2016
富士通フォーラム2016
セキュリティ
進化を続ける人工知能
IoT・ビッグデータ
環境問題の解決にICTで挑む

人気ランキング

1 日本が誇るスーパーコンピュータ「京」が「Graph500」で再び世界第1位に
2 サーバを丸ごと液浸して消費電力を30%削減! 斬新な冷却技術でデータセンターに革命を
3 「ろう者に音を届けたい」(前編) 髪の毛で音を感じる全く新しいデバイス「Ontenna」
4 ポスト「京」プロセッサの命令セットを紹介
5 AIが実現する近未来 「CEATEC JAPAN 2016」富士通ブースレポート

おすすめ

CeBIT 2017に出展
AI(人工知能)で注目の新技術「Deep Tensor」を用いた高精度学習で、データ分析の高度化を目指す
病院の待ち時間ストレスをスマホで解決!「患者向けモバイルソリューション」とは?
スポーツとIoTで、究極のエンターテインメントを目指す

google+もチェック

富士通 Biz News ビジネスに役立つ情報をメールマガジンでお届けします

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

FUJITSU アプリ

Google+

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

ページの先頭へ