Fujitsu Asia Conference Bangkok イベントレポート

2015年11月10日、タイ バンコクで「Fujitsu Asia Conference Bangkok」を開催しました。
昨年度アジア7カ国で開催し、富士通のアジアでの社会課題解決の取り組みについてお伝えしたFujitsu Asia Conference。今年度タイでの開催は、ベトナム、マレーシアに続く第3回目となります。
本カンファレンスでは「Human Centric Innovation in Action」をテーマに、社会やビジネスでのイノベーション先行事例とアジア地域の豊かな未来を実現するテクノロジーについてご紹介しました。
約150名のお客様にお集まりいただき、盛況のうちに終了したカンファレンスの様子をレポートします。

オープニングスピーチ

富士通システムズビジネス タイランド社長 古川栄治

オープニングスピーチには富士通システムズビジネス タイランド社長 古川栄治と当社Asiaリージョン長・執行役員の斎藤淳一が登壇。カンファレンスは古川の開会の挨拶で幕を開けました。

富士通株式会社Asiaリージョン長・執行役員 斎藤淳一

続く斎藤は、タイにおける富士通の取り組みについて紹介。ASEANにおけるタイの地理的重要性と日本との深い関係性を挙げ、世界の工場と呼ばれるタイが、富士通にとって重要な拠点のひとつであると述べました。その取り組みの例として、富士通とチュラロンコン大学規範学校の教育改革への共同プロジェクトを紹介し、生徒一人ひとりタブレット端末の提供により、先生と生徒間の双方向コミュニケーションの活性化と新たな教育スタイルの実現を目指していくと表明しました。

Inside Thailand Economy 2016

タイ商工会大学 経済・事業予測センター長リサーチ副局長 タナワット・ポンウィチャイ助教授

ゲストスピーチには、タイ商工会大学 経済・事業予測センター長リサーチ副局長のタナワット・ポンウィチャイ助教授をお招きし、世界経済とタイ経済の傾向、そしてタイ経済の今後についての考察をお話しいただきました。ポンウィチャイ氏は、タイ経済の見通しとして、世界経済回復の見通しの不透明さや自然災害などのマイナス要因はあるものの、アジア経済の拡大により輸出や観光に好影響が期待できることや、タイの政治が安定しつつあることを挙げ、タイ経済は比較的安定していると述べました。今後はIoT、4G(第4世代移動体通信)などを中心に、デジタルエコノミーを目指していくという方向性を示し、今後の経済環境の向上に対する意欲を訴えました。

Human Centric Innovation in Action

富士通株式会社 執行役員常務 グローバルマーケティング部門長 阪井洋之

本カンファレンスのメインテーマでもある「Human Centric Innovation in Action」を題した基調講演には、当社 執行役員常務 グローバルマーケティング部門長 阪井洋之が登壇。
阪井は、成長のためのICT活用として、位置情報クラウド 「SPATIOWL (スペーシオウル)」 の活用事例を紹介しました。インドネシアでの運転手に向けた高速道路の渋滞情報や、フィリピンでのオート三輪車の効率的な経路情報の提供などを例に挙げました。
続けて、「デジタルテクノロジーを活用する際には、“人”を中心に置いて考えることが重要 」と述べ、富士通と顧客とのイノベーションの「共創」事例を、オムロン様の工場における製造プロセスの改善事例などを挙げてご紹介しました。その他にも、スマートアグリカルチャー事業や東京大学先端科学技術研究センター、興和と協業するIT創薬の事例を紹介し、「今後も富士通は世界最高レベルの品質と技術によって、幅広い分野のお客様と「共創」を実現していく」と結びました。

ビジネスイノベーションを加速するIoTソリューション

富士通株式会社 IoTビジネス推進室室長 須賀高明

最後に登壇したのは、当社 IoTビジネス推進室室長 須賀高明。冒頭では、既に進んでいるIoT×ビッグデータの活用例として、「RFIDによる部品のトレーサビリティと整備効率化」、「農業ICTによる高効率・高収益の農業」、「バスの運行・ゴミ収集などの都市課題解決」、「トラックの運行状況や渋滞状況の見える化」の四点を紹介しました。続けて須賀は、「新たな価値を創造することで経済が大きく成長します」とIoT市場予測について説明した後、「IoT×ビッグデータが様々な業界において産業構造に変化をもたらす」と強調。その裏づけとして、「室温の自動調整を可能にするNest Thermostat」「当社工場の製造ラインの見える化」「当社富士通島根工場の製造工程でのリペア状況の可視化」「小売現場での導線分析による消費・購買行動の把握」、「走行データに基づいた安全運行管理支援」の五点の具体例について説明しました。最後に、「富士通はお客様とビジネスを共創していくことで、ヒューマンセントリックな社会の実現を目指していきます」と、本カンファレンスを締めくくりました。

おわりに

マレーシアに続き今年度3ヵ国目の開催となった「Fujitsu Asia Conference Bangkok」。
「世界の工場」と呼ばれ、日本とも深い関係性のあるタイ。経済のさらなる発展のためには、国境を越え、「人」を中心としたヒューマンセントリック・イノベーションの実現がこれまで以上に求められています。今後も、フィリピン、台湾など、アジア各国での開催を予定しています。引き続きHuman Centric Innovation in Actionをテーマに各国でのICTトレンドや先進事例についてお届けしていきますのでご期待ください。

[注] 記事内の人物の肩書きは2015年11月イベント時のものです。