このページの本文へ移動

富士通

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

春には桜、秋には新酒。スマホ片手に東北を巡り復興支援

年間を通じた東北への観光振興を目指して

東日本大震災以降、多くの人たちの手によって、東北の復興を支援する様々な取り組みが行われています。「東北・夢の桜街道推進協議会」(注1)では、桜をシンボルにした東北復興支援プロジェクト「東北・夢の桜街道」を開始しています。

「東北・夢の桜街道」は、日本で最も愛されている美しい"桜"を東北の復興・再生のシンボルに掲げ、東北6県の桜の札所108ヶ所を紹介するものです。多くの人たちに東北の魅力を伝え、東北に足を運んでいただき、観光振興による地域づくりを推進しています。

このたび協議会では、春の桜旅に加え、秋からの新酒時期に酒蔵などを巡る「東北酒蔵街道」を開始しました。秋からの酒蔵旅を加えることにより、年間を通じた東北への観光振興の促進を目指します。

(注1)行政、公共交通機関、観光関連企業、金融機関など全55会員(2015年9月30日時点)が参加。2011年12月設立。桜を東北の復興・再生のシンボルに掲げ、観光振興による東北の地域づくり運動を推進。

東北の魅力に触れる旅をICTでサポート

富士通グループは、2013年7月から東北・夢の桜街道推進協議会に参画し、旅の計画づくりをサポートする「東北桜旅ナビ」へのサービス提供(注2)やコミュニケーション創発サイト「あしたのコミュニティーラボ」(注3)における「さくらハッカソン」をはじめ、東北の交流人口増加を支援してきました。

さらに、来春に向けて協議会が開発している、旅先で桜の名所や酒蔵までをナビゲーションするアプリに、位置情報活用プラットフォーム「FUJITSU Ubiqutous Computing Service POSIGEO(ポシジオ)」(注4)を提供。東北の桜の名所108カ所と「東北酒蔵街道」の80酒蔵の情報がこのアプリに掲載され、利用者が行きたい場所を選ぶと、現在地から目的地までのルートが自動的に作成されます。また、協議会がPCのブラウザからコンテンツを簡単に更新することができるため、利用者はタイムリーに情報を受け取ることができます。

その他にも、AR(注5)技術で、スマートフォンを空間にかざすと目的地までの距離や方角も表示される機能や、訪問した場所の履歴をアプリ内のスタンプ帳に残せる機能もあり、自分に合った旅の楽しみ方ができるのが魅力です。

(注2)富士通システムズ・イーストが提供
(注3)富士通が運営するウェブメディア。2012年4月開設。
(注4)GPSなどから取得した位置情報を利用し、観光や生活シーンにおいて価値ある情報をスマートフォンやタブレットのアプリへ提供するための基盤とこれを利用したベースアプリを提供するサービス。富士通ネットワークソリューションズが提供。
(注5) Augmented Reality(拡張現実)の略。人間の感覚(五感)で得られる情報(現実)に、ICTを利活用して得られるデジタル情報を重ね合わせて、人間の感覚を拡張・強化する技術。ARマーカーは、情報を重ね合わせて表示する際に、位置を指定するために使用する画像のこと。

「日本酒ラベルのコレクションアプリ」の実証実験

今回、富士通グループでは、「東北酒蔵街道」の80酒蔵の日本酒ラベルをコレクションするアプリ「クラカラ」(注6)の実証実験を開始します。これは、日本酒を店舗で購入または飲食店で注文した際などに、そのラベルをスマートフォンやタブレットなどのカメラで撮影し、登録することで、自分だけの日本酒ラベルのコレクションを作るものです。ラベルをコレクションした日本酒は、商品情報(製造している酒蔵の歴史・由来)やその酒蔵周辺の情報(名物料理、名産品、観光スポット)などを表示することができ、酒蔵をきっかけに東北の魅力を知ることができます。

実証実験は2015年12月14日より開始しています。より多くの人が参加することで、利用者の声をアプリに反映でき、多くの人たちに東北の魅力が伝わるようになります。ぜひ皆さんも参加してください。

(注6)富士通、富士通アドバンストエンジニアリング、富士通デザインの3社で開発

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

特集

富士通フォーラム2016
セキュリティ
進化を続ける人工知能
IoT・ビッグデータ
環境問題の解決にICTで挑む
交通・車 [東京モーターショー2015 出展]

人気ランキング

1 日本が誇るスーパーコンピュータ「京」が「Graph500」で再び世界第1位に
2 サーバを丸ごと液浸して消費電力を30%削減! 斬新な冷却技術でデータセンターに革命を
3 「ろう者に音を届けたい」(前編) 髪の毛で音を感じる全く新しいデバイス「Ontenna」
4 ポスト「京」プロセッサの命令セットを紹介
5 AIが実現する近未来 「CEATEC JAPAN 2016」富士通ブースレポート

おすすめ

CeBIT 2017に出展
AI(人工知能)で注目の新技術「Deep Tensor」を用いた高精度学習で、データ分析の高度化を目指す
病院の待ち時間ストレスをスマホで解決!「患者向けモバイルソリューション」とは?
スポーツとIoTで、究極のエンターテインメントを目指す

google+もチェック

富士通 Biz News ビジネスに役立つ情報をメールマガジンでお届けします

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

FUJITSU アプリ

Google+

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

ページの先頭へ