Fujitsu Asia Conference Kuala Lumpurイベントレポート 

デジタルテクノロジーで実現するマレーシアでのイノベーション「共創」

2015年10月28日、マレーシア・クアラルンプールで「Fujitsu Asia Conference Kuala Lumpur」を開催しました。
昨年度アジア7カ国で開催し、富士通のアジアでの社会課題解決の取り組みについてお伝えしたFujitsu Asia Conference。マレーシアでの開催は、今回が初めてとなります。
本カンファレンスでは「Human Centric Innovation in Action」をテーマに、社会やビジネスでのイノベーション先行事例とアジア地域の豊かな未来を実現するテクノロジーについてご紹介しました。
約180名のお客様にお集まりいただき、盛況のうちに終了したカンファレンスの様子をレポートします。

マレーシアにおける富士通の取り組み

富士通マレーシア CEO フィリップ・ソー

富士通マレーシアのカントリーCEO、フィリップ・ソーによる開会の挨拶で幕を開けたカンファレンス。まず初めに、富士通はグローバルなICTのリーディングカンパニーとして、マレーシアにおいて多くの実績があることを紹介しました。

富士通株式会社Asiaリージョン長・執行役員 斎藤淳一 

続いて、Asiaリージョン長・執行役員の斎藤淳一は、富士通におけるマレーシアの重要性について、「ASEAN中心部の戦略的に有利なロケーション」「アジア市場の中で重要な役割を担う豊富な人材」「自然資源の豊富さ」などを挙げながら説明。
今後のマレーシアでのビジネス展開について、「これまでの通信・コンピュータ中心のビジネスから、富士通の経験と専門性を活かしたソーシャルイノベーション領域のビジネスを更に加速していく」と表明しました。

ゲストスピーチ

Frost &Sullivan SVP アンドリュー・ミルロイ氏

ゲストスピーチには、フロスト・アンド・サリバン・アジアパシフィックのシニアバイスプレジデント・ICT担当、アンドリュー・ミルロイ氏にご登壇いただき、マレーシアにおける市場予測についてご説明いただきました。
デジタルビジネスの最新トレンドとして、ミルロイ氏は「クラウドの市場拡大」、「IoT利用機会の明確化」、「オムニチャネルの活用」、「セキュリティの重要性」の四つの観点を強調されました。


Director, Innovation Capital, Multimedia Development Corporation Dr. カール・ン

続いての登壇者は、マレーシア・メディア開発公社 (MDec) のイノベーション・キャピタル部門ディレクター、カール・ン氏です。マレーシアにおけるデジタルエコノミーの推進について、「今後重要になるのはデータ分析の専門家育成とオープンデータの推進」と説明。マレーシアにおけるビックデータ活用の重要性について、農業における「食の安全」に向けた取り組みや、製造業における工場内製造プロセスの最適化など、具体的な取り組みを交えながら紹介しました。

Human Centric Innovation in Action

富士通株式会社 執行役員常務 CTO&CIO 松本端午

本カンファレンスのメインテーマでもある「Human Centric Innovation in Action」を題した基調講演には、富士通執行役員常務 CTO&CIO 松本端午が登壇。冒頭で、マレーシアはASEANにおいてシンガポールに次いで2番目にビジネスに適した国であること、日本からの長期滞在希望国として9年連続一位となっていることを挙げ、日本からみたマレーシアの重要性を訴えました。そして、さらなる経済的成長に向けて、「人、情報、インフラを結びつけることがイノベーションの実現に不可欠である」と述べました。また、東日本大震災の支援に対する感謝の意を述べた際には、会場は大きな拍手に包まれました。

さらに、成長のためのICT活用として、位置情報クラウド 「SPATIOWL (スペーシオウル)」 の活用事例を紹介。インドネシアでの運転手に向けた高速道路の渋滞情報や、フィリピンでのオート三輪車の効率的な経路情報の提供などを例に挙げました。
続けて、「デジタルテクノロジーの活用のためには“人”がすべての中心であることが鍵である」と述べ、富士通と顧客とのイノベーションの「共創」事例を、オムロン様の工場における製造プロセスの改善事例などを挙げてご紹介しました。
そして、「富士通は、マレーシアにおいてアジアから世界に拡大するイノベーションを『共創』するパートナーを待ち望んでいる」と講演を結びました。

ビジネスセッション

富士通株式会社 アジアビジネス本部 副本部長 増田幸司

カンファレンスの後半はビジネスセッションを行いました。まず始めに富士通 アジアビジネス本部副本部長 増田幸司から、自然災害に対するICT活用をご紹介しました。アジアにおいて、洪水をはじめとした自然災害が人の命を危険にさらすこと、経済に大きなダメージを与えることを指摘。災害の認知から、対応の決定、アラート発信するまでの一連の対応を、ジャカルタにおける災害情報化管理システム「Disaster Information Management System (DIMS)」の採用例を用いて紹介し、「ICTを活用することで、自然災害のインパクトを最小限に抑えることができる」と述べました。


富士通アジア ニューソリューションビジネスディビジョン・バイスプレジデント 山浦亮一

続いて登壇した富士通アジア ニューソリューションビジネスディビジョン・バイスプレジデント山浦亮一は、「シンガポールのスマートシティの取り組み」をご紹介。
都市などの社会課題解決のためのソリューションの創出を目的としたシンガポール科学技術研究庁「A*Star」、シンガポール経営大学(SMU)との協同研究の目指すべき方向性として、「Human Centric Innovative Smart Nation」を表明しました。山浦は続けて3つの大きなテーマについて説明。大都市における交通渋滞の緩和や歩行者の動線改善や、人ごみの管理などを行うソリューション開発を目的とした「Dynamic Mobility Management」(DMM)、膨大な数の船舶の出入りを最適化することで処理能力向上を目的とした「Maritime and Port Optimization」、都市全体を監視・制御するプラットフォーム「Urban Computing Platform」(UCP)を通じて、シンガポールが直面している主要都市特有の課題解決に大きく貢献していくと述べました。

富士通株式会社 データセンタプラットフォーム事業本部統括部長 泉田直樹

ビジネスセッションの最後には、富士通アジア データプラットフォーム事業本部統括部長 泉田直樹から富士通の持つ先進プロダクトを、アジアにおける先進活用事例を交えてご紹介いたしました。泉田は、「今後企業に求められるものは迅速なサービスの提供であり、それによりITの素早いコントロールが必要である」と述べ、その解決策として富士通のデータセンタ、クラウドのソリューションや、それらの全ての基盤となる「Software Defined Platform」を紹介いたしました。

おわりに

ベトナムに続き今年度2ヵ国目の開催となった「Fujitsu Asia Conference Kuala Lumpur」。
急速な経済的成長が見込まれるASEANの中でも、特に重要な位置づけにあるマレーシア。経済のさらなる発展のためには、国境を越え、「人」を中心としたヒューマンセントリックイノベーションの実現がこれまで以上に求められています。今後も、タイ、インドネシア、フィリピンなど、アジア各国での開催を予定しています。引き続きHuman Centric Innovation in Actionをテーマに各国でのICTトレンドや先進事例についてお届けしていきますのでご期待ください。


[注] 記事内の人物の肩書きは2015年10月イベント時のものです。