このページの本文へ移動

富士通

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

人々の豊かな生活やビジネスの高度化をサポートする、人と協調するAI「Zinrai」

新たな「AI(人工知能)」の活用に向けて

AIの技術は、今、第三のブームを迎えています。AIの技術要素である「学習」機能を高める新しい技術として、機械学習やDeep Learningが注目されています。これらは、コンピュータが自ら情報を知識として蓄え、学習しながら成長するというタイプのAIです。これらの新しいAI技術を企業が積極的に活用し、業務変革やイノベーション創出に利用しようという動きが、すでに始まっています。

富士通も30年以上にわたり「人と協調し、人を中心としたAI」を目標に掲げて、AIの実用化に向けた研究開発に継続的に取り組んできました。AI関連の特許出願数は、既に100件を超えています。

そしてこのほど、これまで富士通が培ってきたAIの知見や技術を結集し体系化した「Human Centric AI Zinrai(ジンライ)」を発表しました。
Zinraiは、知覚・認識、知識化、判断・支援の機能と、それらを高度化し成長させる学習機能と先端研究で構成されています。
このZinraiをさまざまな業種アプリケーションやミドルウェアなどの商品・サービスに実装していく考えです。

「Human Centric AI Zinrai」の構成要素

AIは人々の生活や社会にどのように豊かさをもたらしていくのか?

では、私たちの生活や社会をより豊かにするために、Zinraiにはどのようなことが出来るのでしょうか。

例えば、独自の会話分析技術を使い、会話に出てくるキーワードや声のトーンの変化を読み取ることも可能です。これを応用したのが名古屋大学様と共同で行った、振り込め詐欺(オレオレ詐欺)の防止対策の研究です。
固定電話を使用している岡山県の一般家庭のべ100名以上を対象にした実証実験では、検出機器をモニター宅に設置し、通話を分析。声の高さと大きさの変化を検出することで、通話相手からの好ましくない情報により心理的な抑圧を受けた状態を推定します。振り込め詐欺が疑われる通話を検出すると、本人や家族、警察、銀行などにアラームを発し、被害を半減させるという効果を示しました。
Zinraiの特長はその精度の高さにもあります。この実証実験においても、一般の通話を振り込め詐欺と判定してしまう誤検出はわずか1%未満という精度の高さを見せました。

また、スペイン・サンカルロス病院様との共同研究では、患者ごとの治療情報と天候情報などの公共データを掛け合わせることで、月の満ち欠けが通院行動へ与える影響を発見しました。この技術によって、医師の診療の意思決定を支援し、さらに医療費の削減という効果を導きました。このようにZinraiは医療分野でも成果を挙げています。

Zinraiは、人間の心理や行動まで加味した分析やシミュレーションも可能です。
たとえば、九州大学、福岡空港ビルディングと共同で行った空港利用客の満足度を高めるための実証実験では、チェックインカウンターなど手続き施設の混雑を改善するために独自の数理モデル「待ち行列システム」を構築。
シミュレーションにより施策ごとの各手続きでの待ち時間や、待ち行列の長さ、旅客満足度の指標が出力されるので、様々な施策の効果を数値から定量的に理解できるようになります。

また、セキュリティの分野でもZinraiが活用されています。日々高度化するサイバー攻撃に対しても、独自のビッグデータ分析技術を適用することで、大量のネットワーク監視ログに紛れた未知の攻撃を抽出。人では見つからない脅威を迅速に発見し、いち早く対策を打つことが可能になります。

これらの成果には、人のように五感を駆使して私たちの気持ちを理解する「感性メディア技術」、人が理解する知識だけではなく機械で処理できる知識を創り出す「知識技術」、スーパーコンピュータなどを活用して社会やビジネス上の課題を数理的に解決する「数理技術」という、3つのコア技術が活きています。さらに日々学習し有益な知識やパターンを導き出す「学習技術」により、Zinraiは成長を継続していきます。

AIの効果的な活用で社会やビジネスにイノベーションを

これらの事例は、教育機関や医療機関、公共施設などのお客様と富士通との共創によって実現できたものです。
今後は製造、流通、金融、など様々な業界・業態のお客様の業務変革や新商品やサービスの創造にも、このAI技術を活用いただけると考えています。

そのために、富士通は新たにAI活用コンサルティング部を立ち上げ、2015年12月よりAI活用 コンサルティングサービスの提供を開始します。
約200名のAI研究者や技術者、キュレータと共にAI専任技術コンサルタントが、お客様との PoCやPoBを通じてZinraiのテクノロジーをもとに最適なAI活用シナリオを立案していきます。

Zinraiという名前の由来は「疾風迅雷」です。その名前の通り、Zinraiは人の判断や行動をスピーディーに支援することで、お客様の業務や社会の変革をダイナミックに実現していきます。

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

特集

Fujitsu Asia Conference 2016
富士通フォーラム2016
セキュリティ
進むAIの実用化
IoT・ビッグデータ
環境問題の解決にICTで挑む

人気ランキング

1 スマホの充電時間が従来の3分の1に! 世界最小・最高効率のACアダプターを開発
2 「ムーアの法則」はもはや限界! 「組合せ最適化問題」を解決する新アーキテクチャーを開発
3 AI(人工知能)で注目の新技術「Deep Tensor」を用いた高精度学習で、データ分析の高度化を目指す
4 IoTでゴルフが上達!? 自分とコーチとのスイング比較もデジタルで的確に
5 サーバを丸ごと液浸して消費電力を30%削減! 斬新な冷却技術でデータセンターに革命を

おすすめ

「人を中心としたAI」の開発に向けて、理研AIPと富士通が連携センターを開設
AI・IoTの活用とIT部門の新たな役割でデジタル革新を加速する!
"体操ニッポン"から、スポーツの世界を変える。3Dセンシング技術を用いた体操競技採点支援
世界有数のITビジネス見本市「CeBIT 2017」富士通ブースレポート

google+もチェック

富士通 Biz News ビジネスに役立つ情報をメールマガジンでお届けします

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

FUJITSU アプリ

Google+

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

ページの先頭へ