このページの本文へ移動

富士通

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

1秒以内にネットワークを構築し、迅速なシステム利用を可能にするSDN技術を開発

短期間でのWebサービスへのアクセス負荷に対応するために

イベントやキャンペーンなどでWebサービスへのアクセス負荷が数時間で急激に変動することがあります。アクセス状況の変化はサービス品質にも影響するため、近年では資源を動的に配備できるクラウドコンピューティング技術が活用され、従来数日から数週間かかっていたインフラの増強が数分でできるようになってきました。

しかし、例えばゲームの新しいアイテムを期間限定で配布したり、電車のトラブルで多くの人が一斉に迂回経路を検索したりするなど数分ですら遅い事例も多く、増加する負荷を瞬時に低減する技術が求められます。こうした状況に適した仮想化技術として注目されているのがコンテナです。

約0.2秒で起動するコンテナを仮想マシン(VM)のようにクラウドで利用するためには、顧客ごとの仮想ネットワークも高速に構築する必要があります。従来、仮想ネットワーク構築には物理スイッチ設定を含めると数秒を要し、各顧客が多数のコンテナ環境を利用するのは現実的ではありませんでした。

SDN技術で高速にコンテナ間を接続

そこで富士通研究所は、起動や処理が高速な仮想化技術Linuxコンテナにおいて、世界で初めて顧客ごとに分離したコンテナ間の仮想ネットワークを高速に自動構築するSDN (Software Defined Networking)技術を開発しました。

これは、ネットワーク情報をあらかじめ物理スイッチに配布しておき、コンテナ起動を検知してネットワークを自動構築することで、1秒以内にコンテナとその顧客ごとに分離されたネットワークを構築する技術です。これにより、数百台規模のコンテナ起動に追随してシステム利用が可能となり、例えば、イベントやキャンペーンなど短時間で急激にアクセスが増加するWebサービスなどで瞬時にシステムの増強が可能になります。

当技術により、仮想スイッチ設定と物理スイッチ設定を合わせた顧客ごとの仮想ネットワーク構築も約0.2秒で実現でき、コンテナの起動と合わせても1秒以下でシステムを利用できるようになりました。同一システム上に複数の顧客が同居するマルチテナント環境において、イベントやキャンペーンなど短時間でアクセスが変動するサービスにおいて迅速にシステムを増強し機会ロスを防ぐなど柔軟なアプリケーション実行環境を実現します。

全体の処理シーケンス

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

特集

Fujitsu Asia Conference 2016
富士通フォーラム2016
セキュリティ
進むAIの実用化
IoT・ビッグデータ
環境問題の解決にICTで挑む

人気ランキング

1 スマホの充電時間が従来の3分の1に! 世界最小・最高効率のACアダプターを開発
2 「ムーアの法則」はもはや限界! 「組合せ最適化問題」を解決する新アーキテクチャーを開発
3 AI(人工知能)で注目の新技術「Deep Tensor」を用いた高精度学習で、データ分析の高度化を目指す
4 IoTでゴルフが上達!? 自分とコーチとのスイング比較もデジタルで的確に
5 サーバを丸ごと液浸して消費電力を30%削減! 斬新な冷却技術でデータセンターに革命を

おすすめ

動画で見る「富士通フォーラム2017」イベントレポート
デジタル革新を最大限に活かし新たな価値を創り出す Human Centric Innovation : Digital Co-creation
【速報:後編】共創から新たな価値が次々誕生!「富士通フォーラム2017」の見どころを一挙公開
自動運転の普及で広がる巨大市場、技術を知りビジネスチャンスを手に入れる【前編】

google+もチェック

富士通 Biz News ビジネスに役立つ情報をメールマガジンでお届けします

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

FUJITSU アプリ

Google+

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

ページの先頭へ