ジャパンネット銀行様、情報系システム基盤に「SPARC M10」を採用

お客様のご要望への的確、かつスピーディーな対応に向けて

富士通はこのたび、株式会社ジャパンネット銀行様の、MCIF(注)とDWHで構成されている情報系システムのプラットフォームを刷新するプロジェクトに着手しました。株式会社ジャパンネット銀行様は、2016年4月に本システムの本格運用を開始する予定です。

ジャパンネット銀行様の各ユーザ部門では、お客様に最適なサービスを提供するため、お客様との過去の取引情報をMCIFに登録し、マーケティングやモニタリングに活用しています。近年、顧客数の増加のためデータ量が増加しており、情報系システムのレスポンスの向上が望まれています。ジャパンネット銀行様は、お客様のご要望への的確、かつスピーディーな対応のさらなる向上を目的として、今後の取引情報の増加や複雑な分析手法の導入に必要となる高い処理性能を確保するため、情報系システムのプラットフォーム更改を決定しました。

(注)Marketing Customer Information Fileの略で、マーケティング用の顧客情報データベースのこと。

情報検索時間を、最大300分の1まで短縮

本システムは、富士通のUNIXサーバ「SPARC M10(スパーク エムテン)」とディスクストレージ「FUJITSU Storage ETERNUS(フジツウ ストレージ エターナス) DX200 S3」で構成され、「SPARC M10」に実装された高速化機能 ソフトウェア・オン・チップと「Oracle Database(オラクル データベース) 12c」のインメモリデータベース機能により、高速レスポンスを実現します。これにより、従来の情報系システムと比較し、預金者の過去の取引状況などの情報検索時間を、最大300分の1まで短縮できます。また、マーケティング分析や、各種経営情報の集計、不正や疑わしい取引のモニタリングのような、大量の取引情報を対象とするデータ分析も、よりスピーディーに行えます。

富士通は全国の金融機関をICTで支援してきた実績とノウハウを活かし、最適なICT利活用のための提案を継続し、本システムの安定稼働に向けて尽力していきます。