富士通とインテル、IoTプラットフォーム連携で合意。製造工程の効率化に向けた実証実験を開始

効率的で効果の高いIoTソリューションを提供

富士通とインテルは、富士通研究所の分散サービス基盤技術と、インテル® IoT ゲートウェイによる包括的なIoTソリューションの構築に向け連携することに合意しました。

富士通の分散サービス基盤技術は、センターと拠点を含むネットワーク全体にサービス機能を配備し、これらの一元的な管理を可能にするものです。センター側にクラウドベースの集中管理機構を設け、各ゲートウェイから受け取る監視情報に応じて、データ処理の最適配置を行います。これにより、ゲートウェイに分散させる処理の最適配置を、人手を介することなくサービス要件に応じて自動的に行うことができます。

この分散サービス基盤の効果を最大限に引き出すため、センター側にすべての処理を集中させず、ゲートウェイ側で一部を行うことが必要です。そこで、インテル® IoTゲートウェイに富士通の分散サービス基盤技術を組み合わせることで、短期間でのシステム環境の構築が可能となります。また、データ量のリアルタイムな変化に対応したシステムの拡張・変更が可能になり、システム全体のコスト最適化を期待することができます。

島根富士通にて実証実験を開始

両社は連携の第一弾として、島根富士通にて以前より取り組んでいる工場の見える化の範囲を拡大し、各種データの収集・分析により間接コストを削減することを目的に、両社のソリューションを組み合わせた実証実験を5月より開始しました。

本実証では、リペアが必要となった製品の位置情報、滞留時間などリペアの進捗をリアルタイムに把握することで、出荷までに発生する付帯作業の工数改善につなげます。

富士通とインテルは、島根富士通で得たノウハウを国内外の富士通グループの製造拠点へ展開するとともに、製造分野のIoTソリューションとして順次提供を行っていきます。流通、公共の分野についても2015年度中に実証実験を開始し、流通分野、公共分野のIoTソリューションの提供を目指します。

島根富士通での実証実験(PoB)イメージ