このページの本文へ移動

富士通

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

人はICTの力で、ビジネスや社会にどのような変革をもたらすか 「ビジネスと社会のイノベーション」展示ゾーン

2015年5月14日~5月15日に東京・有楽町で開催した「富士通フォーラム2015」。展示ホールでは、「ビッグデータ」「ビジネスと社会のイノベーション」「クラウド」「セキュリティ」「ワークスタイル変革」「最先端テクノロジー」の6ゾーンで、約100もの展示デモをご紹介しました。

「今まさに起きているイノベーション」を事例を交えてご紹介

IoT時代において、ビジネスや社会に新たな価値が創出され始めています。人はICTの力で、ビジネスや社会にどのような革新をもたらすのでしょうか。
「ビジネスと社会のイノベーション」ゾーンでは、

  • ものづくり革新
  • サプライチェーン変革
  • スマートエネルギー
  • 社会インフラ~防災~
  • 食・農業
  • 生活・産業
  • 交通・車
  • 教育
  • 医療

の各分野で、「今まさに起きているイノベーション」の具体的な事例をご紹介しました。

「ものづくり革新」コーナー

「人とロボットが協調する富士通の次世代ものづくりの取り組み」のデモでは、「四角いブロックを積み上げる」というプログラムを自動生成し、メーカーが異なる2つのロボットに同じ指示で動作させるという機種に依存しない自律型制御の様子をご紹介。「不測の事態」に対し、ロボットが自ら判断して、プログラム通りに積み直すという自律型の機能をアピールしました。人とロボットの協調がいよいよ現実的なものとなったと感じることができる展示となりました。

また、ヘッドマウントディスプレイなどのウェアラブルデバイスを使ったソリューションでは、遠隔地にいる若手作業員とコントロールセンターの熟練技能者との間でリアルタイム映像と音声の双方向コミュニケーションにより、迅速かつ正確な保守作業が行える仕組みを体験コーナーで体感いただきました。

参考出展として、タブレット端末で現場を点検した情報と位置情報とを紐づけて、現場の点検状況と履歴管理をリアルタイムに解析できるソリューションをご紹介。点検報告書もタブレット端末で自動作成できる機能を備え、製造の現場力の向上とマネージメントを支援する富士通の最新の取り組みをご覧いただきました。

「サプライチェーン変革」コーナー

ここでは、店舗を「まるごと見える化」した展示デモを行いました。これは、買物カゴやカートにビーコンを取り付け、店舗内の「買い物客の動き」を可視化し、分析することで「いつもと違う消費者行動」といった「気づき」を発見できるソリューションです。

買い物客の動きだけでなく、店員にもビーコンを持たせることで、ベテラン店員と新人との動きの違いと、売上の関係を分析することも可能です。また、その日の気候や、電車の事故、車の渋滞といった交通情報、イベントなど外部環境、品揃えや売上などのPOSデータも組み合わせて総合的に分析することで、「気温が○度で、晴れの日の午後○時頃には、こういった商品が良く売れる」など、新たなマーケティングデータとして活用できます。

展示ブースでは、実際に説明スタッフに約2.5×約4センチ大のビーコンを持たせ、会場内4カ所に設置したセンサーで居場所と動きをモニタリングしました。

「スマートエネルギー」コーナー

株式会社レオパレス21様での全国6000棟でのソーラー発電によるモニタリングソリューションをご紹介。低圧用太陽光施設を束ねた仮想メガソーラー発電所の事例をご説明しました。また、省エネソリューションの事例として、福島県伊達市取り組んだ市内40ヵ所の施設見える化によって大幅なコストダウンを実現したエネルギーマネジメントシステムをご紹介しました。

「社会インフラ~防災~」コーナー

小型カメラを搭載したUAV(マルチコプター)を使って、人が近づきにくい橋梁(きょうりょう)の裏側や側面を点検するソリューションが注目されていました。マルチコプターで収集した橋梁などの撮影画像をもとに、簡易的に橋梁や橋げたなどの3Dモデルを生成し、設計データと紐づけることで、保守・点検の計画や改修の予測を正確に行うことができるようになります。

その他、実際の河川での過去の洪水事例において、高い精度で洪水を予測する技術や、SNS上に投稿された「災害の目撃情報」を活用して災害発生エリアを早期に把握する技術、マンホールに取り付けたセンサーにより、ゲリラ豪雨などによる下水道氾濫の兆候を検知する技術等、防災に貢献する富士通の取り組みをご紹介しました。

「食・農業」コーナー

次世代の農業に対する富士通の取り組みとして、日本初となる静岡県磐田市でのスマートアグリカルチャーをご紹介。これは、磐田市をはじめ、オリックス、増田採種場など20社以上が企業や業界の垣根を越えて協業した、農業分野における「共創」プロジェクトです。農業を基点として地方創生を掲げた磐田スマートアグリカルチャー事業準備株式会社を設立し、種苗から生産・加工・出荷・販売までの農業全体のバリューチェーンを確立するのが目的です。

展示では、最新のIoTデバイスを配置したハイテクな温室でトマトやパプリカ、ケールなどの栽培を想定した次世代農業の姿をご紹介。温度・湿度、土壌の状態などを細かくセンシングし、それらの情報をもとに「農事業コックピット」で生産・栽培環境をコントロールするなど、次世代の農業のあり方をご紹介しました。

「生活・産業」コーナー

人々の暮らしの中でICTテクノロジーがどう活用されているかを、身近な事例でご紹介。注目されていたのは、富士通の観光クラウドと金融機関のデータベースを組み合わせた次世代のATMサービスです。これは、キャッシュカードの情報から、利用者が「地域住民か、観光客か」を認識し、個人に応じてATMの画面上に地域のイベント情報や観光情報、クーポンなどが表示される仕組みです。その他にも、必要に応じて各種情報を利用明細に印刷するなど、ATMの入出金にとどまらない新たなサービスをご紹介しました。

「交通・車」コーナー

環境保護を目的とした排ガス規制・ハイブリッドカーや電気自動車の普及から、車の中でますます重要になってきているエネルギーマネジメント、特に協調制御の仕組みについてご紹介。開発した電圧/バッテリなどを協調制御する装置とソフトウェアの働き、さらにビッグデータ連携した予測活用例など、さまざまな情報を活用することで車がIoTの一員になっていく世界を感じていただきました。

ステージの運転席セットでは、カメラや通信技術を活用し接近する人や車を検知するシステム、運転者の状態モニタリングセンシング・システムなど、安全運転サポート機能イメージをご紹介しました。

特に来場者の関心が高かったのは、「歩きスマホ」に対する安全対策です。これは、スマートフォンを持った歩行者・自転車・車が近づいて来る状況を、専用狭域通信を使いリアルタイムで運転者が認識するシステムイメージです。見通しの良くない市街地などでの急な飛び出しによる事故、ヒヤリ・ハットの低減に役立てるのが目的です。歩行者に対しては、スマートフォンの画面に車の接近を知らせるメッセージを表示することで注意を促す動作を体験いただきました。この運転席に座ると、自然な動作ながら、これまで以上に周囲の安全をしっかりと確認できることを体験いただきました。

また、展示ブースではコンピュータ化する車をサイバー攻撃の脅威から守るためのソリューション例をご紹介。クラウド接続が当たり前になるコネクテッドカーは、ネットワーク経由でサイバー攻撃の被害に遭うリスクがあります。一方、スマートフォンのように、車に搭載されているECUのソフトウェアをover the airでアップデートするニーズが考えられます。展示デモでは、しっかりとしたセキュリティ環境の下でECUのソフトウェアをアップデートする様子をご覧いただきました。

「教育」コーナー

川崎市立川崎小学校で実践されている「アクティブ・ラーニング」の事例をご紹介。来場者が実際にタブレット端末を使って、その授業を体験いただきました。現在、全国で5校、タイで1校に40台のタブレット端末と授業で使うアプリケーションを提供し、知識の習得に加え、思考力や実践力を育成する教育を実践しています。

また、ICTを活用した新たなコミュニケーションツール「LiveTalk」をご紹介しました。これは、会議の発話を音声認識し、テキスト化したものを聴覚障がい者のパソコンへリアルタイム転送することにより、健聴者と聴覚障がい者の円滑なコミュニケーションを実現するものです。富士通は、将来のイノベーションに繋がっていくと期待されるこのような取り組みをICTで支援しています。

「医療」コーナー

地域と連携した医療・介護・在宅の情報連携を実現し、地域における在宅医療を支える「地域包括ケアシステム」をご紹介しました。超高齢社会を迎え、人口軽減や医療リソースの限界といった背景のある中で、これまで以上に効率的な在宅医療を提供する仕組みとして「地域包括ケアシステム」の構築が急務となっています。ここでは、タブレットを活用して医療従事者や介護スタッフが安心安全な在宅ケアサービスを提供できる取り組みをご紹介しました。

また、富士通がアイルランドで実証実験をしている100種類以上のセンサーやウェアラブルセンサーを使い、高齢者や患者などケアが必要な方々の状態を見える化したスマートハウスもご紹介しました。これは、収集した膨大なデータを解析することで、「足を引きずるように歩く患者さんが歩行しながらドアの開閉を行う際にバランスを崩す傾向がある」といった医療従事者にとって意味のあるデータを抽出。介護や予防医療に役立てています。

今や私たちの暮らしにICTは不可欠です。「ビジネスと社会のイノベーション」のゾーンでは、まさに、ビジネスや日々の暮らしでICTがどう活用され、「どのような革新がもたらされているのか」を実感できる展示となりました。

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

特集

Fujitsu Asia Conference 2016
富士通フォーラム2016
セキュリティ
進むAIの実用化
IoT・ビッグデータ
環境問題の解決にICTで挑む

人気ランキング

1 サーバを丸ごと液浸して消費電力を30%削減! 斬新な冷却技術でデータセンターに革命を
2 「ムーアの法則」はもはや限界! 「組合せ最適化問題」を解決する新アーキテクチャーを開発
3 動画で見る「富士通フォーラム2017」イベントレポート
4 トップランナーが語る「ブロックチェーン革命」の本質
5 これからのAIが変える日々の暮らし、産業・社会を考える

おすすめ

これからのAIが変える日々の暮らし、産業・社会を考える
AIを活用したデジタルマーケティングでフェリー集客を強化 ~商船三井グループ様事例~
ヤマハと富士通のデザインアプローチによる IoTビジネスの共創
動画で見る「富士通フォーラム2017」イベントレポート

google+もチェック

富士通 Biz News ビジネスに役立つ情報をメールマガジンでお届けします

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

FUJITSU アプリ

Google+

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

ページの先頭へ