このページの本文へ移動

富士通

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

話したことがリアルタイムで文字になる!聴覚障がい者とのコミュニケーションが活発化

聴覚障がい者の会議への参加を支援

日々の暮らしの中で、手話で対話をしている人を目にすることもあると思います。厚生労働省の調査では、日本にいる聴覚障がい者は約29万人。そのうち、従業員5名以上の会社や事業所などで働いている人は約5万人です。

そんな聴覚障がい者の職場での悩みの一つは「コミュニケーション」です。ある研究所の調査では、「会話スピードや複数の会話に追いつけない場合がある」「会議に参加できない」といった問題点が浮き彫りになっています。

聴覚障がい者とのコミュニケーションの手段は、手話のほかにも、筆談や、空中に文字を書く空書(くうしょ・注)などがあります。手話ができる人はまだ少なく、また、筆談や空書は時間がかかり、会議などで利用することは難しいのが実情です。そのため、聴覚障がい者が会議や打合せに参加する際のハードルが高くなっています。

そこで富士通は、聴覚障がい者が会議に参加できる支援ツール「FUJITSU Software LiveTalk」を開発しました。

(注)「そらがき」「からがき」と読む場合もある。

様々な発言をリアルタイムで文字化

無線LAN通信による発話のリアルタイム表示

「FUJITSU Software LiveTalk」は、ハンドマイクやヘッドセットマイクを通して発言された音声を自動でテキスト化し、文字情報としてパソコン画面に表示するツールです。発言内容をリアルタイムでテキスト化するため、聴覚障がい者でも話の流れを正確に把握することができ、文字によるコミュニケーションが可能となります。

また、複数人が同時に発言した場合でも、同じ無線LANルータ環境で接続された全てのパソコンにテキストを一斉にリアルタイム転送できるので、複数人での会議などでの利用にも適しています。

「LiveTalk」アプリの画面イメージ

そのほかにも、直感的に意思を表示できるスタンプ入力や、使用頻度の高い文章を登録して発言する定型文入力機能により、誰もがスピーディーに発言できるのも魅力。パソコンだけでなくタブレット端末でも使えるので、ストレスを感じることなくコミュニケーションを取ることができます。

聴覚障がい者の職域や教育の場が広がる

「FUJITSU Software LiveTalk」を使えば、聴覚障がい者と健聴者のコミュニケーションが円滑に図れるようになるほか、聴覚障がい者の職域や教育の場が広がります。発言者と発言内容が直感的に分かるので、聴覚障がい者を支援する健聴者の負担も軽減できます。
さらに、このシステムを議事録や会議記録の作成支援ツールとして使うなど、幅広い応用も可能です。

日々のコミュニケーションには、何気ない日常的なものから専門性や緊急性の高いものまで、様々な種類があります。富士通は、ICTでそれらの音声を可視化し、聴覚障がい者の情報保障を実現するなど、快適で安心な社会づくりを目指していきます。

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

特集

Fujitsu Asia Conference 2016
富士通フォーラム2016
セキュリティ
進むAIの実用化
IoT・ビッグデータ
環境問題の解決にICTで挑む

人気ランキング

1 スマホの充電時間が従来の3分の1に! 世界最小・最高効率のACアダプターを開発
2 「ムーアの法則」はもはや限界! 「組合せ最適化問題」を解決する新アーキテクチャーを開発
3 AI(人工知能)で注目の新技術「Deep Tensor」を用いた高精度学習で、データ分析の高度化を目指す
4 IoTでゴルフが上達!? 自分とコーチとのスイング比較もデジタルで的確に
5 サーバを丸ごと液浸して消費電力を30%削減! 斬新な冷却技術でデータセンターに革命を

おすすめ

動画で見る「富士通フォーラム2017」イベントレポート
デジタル革新を最大限に活かし新たな価値を創り出す Human Centric Innovation : Digital Co-creation
【速報:後編】共創から新たな価値が次々誕生!「富士通フォーラム2017」の見どころを一挙公開
自動運転の普及で広がる巨大市場、技術を知りビジネスチャンスを手に入れる【前編】

google+もチェック

富士通 Biz News ビジネスに役立つ情報をメールマガジンでお届けします

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

FUJITSU アプリ

Google+

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

ページの先頭へ