このページの本文へ移動

富士通

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

データ活用による「見える化」が生産現場を変える!人と機械が協調する次世代の「ものづくり」(オムロン株式会社様)

IoT(Internet of Things)時代において、ものづくりの現場ではさまざまな機器が日々大量のデータを発しており、これらのデータを活用した次世代のものづくりの取り組みが注目を集めています。ICTによるイノベーションに取り組んでいる富士通は、オムロン株式会社様と協業し、データ活用による次世代の「ものづくり」に取り組み始めています。

生産性向上を求め、集積したデータから導き出した効率アップの可能性。

制御機器の分野で世界をリードするオムロン株式会社様は、生産ラインに使われるひとつひとつの機器を統合制御する「Sysmac(シスマック)オートメーションプラットフォーム」をご提供されています。

「Sysmac」のコアとなるコントローラ NJシリーズ

主力生産拠点である滋賀県の草津工場でも、プリント基板と電子機器の生産ラインに「Sysmac」を導入。オートメーション化の進んだ生産の現場において、日々改善活動を続けられておりますが、何年も続けていくと徐々に改善の伸びしろは小さくなり、生産効率の改善は伸び悩んでいました。

富士通は、改善のための新たなアプローチとして、「Sysmac」に集積されたデータを活用することで何が分かるのか、さまざまな仮説を立てて分析を開始。その結果、取得した多様なデータを統合することで、生産実績の情報を抽出し、レポートによる「見える化」をご提案しました。

4工程の異なるデータをつなげ、独自技術でライン全体を「見える化」。

対象となった生産ラインは4工程に分かれており、富士通は各工程を制御する「Sysmac」からのデータを特許出願済の独自技術で集約・統合。ラインを流れる製品ひとつひとつの生産状況を「タイムラインデータビジュアライゼーション」というレポートで「見える化」しました。

「タイムラインデータビジュアライゼーション」で生産状況が示された画面。

縦軸を時間、横軸を工程とし、一つの製品がどのぐらいの時間で生産できたのかをグラフで表現。さらに、工程ごとに発生したエラー数などをバブルチャートで重ね合わせ、スムーズに生産できているかどうかを一目で確認できるようにしました。

たとえばラインの間隔が狭く、ぎっしりと等間隔で埋まっているときは、順調に流れていますが、ラインの間隔が広い部分は、何らかの現象でラインが止まり、時間がかかっている状態を示しています。

データを「見える化」したことによって、今まで伸び悩んでいた生産性の向上に劇的な変化が現れました。

成果も「見える化」され、現場のモチベーションが向上。生産効率が約30%もアップ。

データ活用が運用されている生産ライン。

今まではエラーが発生した際には、超一流の熟練技術者の勘と経験を頼りに原因を突き止めても6時間ほどかかっていました。しかし、データを活用した「見える化」により、誰でも1時間ほどでエラーの原因を突き止め、解決できるようになったのです。この時間短縮が生産性の向上に大きく貢献しました。

また、データの「見える化」によって一番大きく変わったのが現場で働く方々の意識です。レポートを見れば誰でも自分のエラーに気づけるだけでなく、ライン全体を容易に把握できるため視野が広がり、個々の持ち場だけでなくライン全体の最適化を意識した提案が次々と出されるようになりました。

改善の成果が見える形で確認できることで、現場のモチベーションが大きく向上し、次の改善へとつながる好循環が生まれたのです。
これにより改善に拍車がかかり、生産効率を示すCPH(チップ・パー・アワー:1時間でチップを実装する数)の向上がすぐに出始め、数ヶ月で約30%もアップするという効果を生み出しました。

草津工場の工場長である足立 義博様は、このレポートに驚きを隠せなかったといいます。

「最初にレポートを見た現場の社員は、まるでその場で見ていたかのようにラインの状況がわかり、言葉を失ったそうです。それぐらい問題の根があからさまにクリアになりました。たとえるなら、見えなかった川底が、データの「見える化」によって水位が下がり、改善につながる宝がたくさん出てきたイメージです」。

この言葉通り、日々蓄えられるデータを活用しながら改善を進められており、今なお改善は続いています。

「Sysmac」のデータ活用による「見える化」で効率が上がり、機械でできることが増え、効果が見えることで人のモチベーションも向上しました。この取り組みで自社の生産効率が飛躍的に向上したことで、さまざまなものづくりの現場での革新の可能性を感じています」

データ活用から見えた「ものづくり」の未来

データ活用による「見える化」は、新たな改善の契機となりました。そしてその成果も「見える化」されることで、現場で「ものづくり」を支える"人"が機械と協調して生き生きと働き、ますます生産性を向上させるという今までにない成果を生み出しました。

「可能性はまだまだあるはずです。今後もさらにデータ活用を進めて、現場のパフォーマンス向上を目指していきたいですね。」

これからも富士通は、人と機械が協調して働ける次世代の「ものづくり」をICTの力で実現し、サポートしていきます。

※Sysmacは、オムロン株式会社製FA機器製品の日本及びその他の国における商標または登録商標です。

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

ページの先頭へ