世界の誰もが使いやすい2020年のユニバーサルデザインを体験!

2014年11月11日~13日まで東京国際交流館プラザ平成国際交流会議場で行われた「第5回国際ユニヴァーサルデザイン会議2014 in 福島&東京」本会議と会議併設展示ブースを取材して来ました。
第5回目の2014年は「ユニヴァーサルデザインのグローカル(注1)展開〜東京2020オリンピック・パラリンピックへ向けて〜」をテーマに開催され、富士通は展示や論文発表などで参加していました。

注1)グローバルとローカルを掛けあわせた造語

瑶子女王殿下、安倍総理大臣、舛添東京都知事の挨拶ではじまった開会式に続き、世界中からのゲストで満員の場内で、グローバルでの取り組みやこれから2020年に向けてやるべきことなどユニバーサルデザインに関する公開シンポジウムやパネルディスカッションが行われました。また、各社の展示ブースでは、数多くのプロダクトやサービスなどが紹介されており、障がい者だけでなく、健常者も含むすべての人が快適に暮らせるためのユニバーサルデザインを体感できました。

ユニバーサルデザインとは?

できる限り多くの人々に利用可能なように最初から意図して、機器、建築、身の回りの生活空間などをデザインすることを「ユニバーサルデザイン」と言います(詳細はIAUD Webサイト新しいウィンドウで表示 )。文化・言語・国籍の違い、老若男女といった年齢、性別の差異、障害・能力によらず、世界中の多くの人が快適に利用することができる施設・製品・情報の設計、デザインのことです。

2020年に向けてこれからのデザインに必要なこと

2020年のオリンピック・パラリンピックの時には、文化も言葉も異なる数多くの国内外からの人々が東京を訪問します。世界一安全で安心な都市として、快適に過ごしていただける大会にするために、ユニバーサルデザインを積極的に取り入れることが必要で、特に、これから求められるのは、障がい者か健常者かで分けるのではなく、ひとつの大会として一体で考えるインクルーシヴデザイン(包括的、一体のデザイン)の視点が重要であるということでした。

富士通はヒューマンセントリックなユニバーサルデザインをご紹介

富士通ブースの様子

瑶子女王殿下と舛添東京都知事(富士通ブースにて)

富士通ブースでは、多くの国内外からのお客様に見学いただき、ユニバーサルデザインの研究や製品をご紹介。高度な音声認識による「UD会議システム(参考出展)」、空間を情報化した「場所案内サービス(参考出展)」、心拍数の計測や振動での情報提供を可能にする「杖ソリューション(参考出展)」、ユーザービリティに配慮してつくられている「らくらくスマートフォン&グランノート」を展示していました。

「UD会議システム」

「UD会議システム」は高度な認識率の音声入力に加え、キーボードでの文字入力も可能になっていて、聴覚に障がいがある方でもスムーズに会議に参加し、発言内容をテキスト化して、高度なコミュニケーションを実現する非常に便利なサービスです。音声認識の精度の高さに驚きました。これがあればすべての会議の発言を即時テキスト化でき、障がい者だけでなく、健常者も含め多くの方々にとっても議事録作成などに活用でき便利なものだと思います。

「場所案内サービス」

空間を情報化した「場所案内サービス」は、UWB(Ultra Wide Band)によって今いる位置を測位し、スマートフォンアプリと連携して場所を音で表現したり、声でナビゲーションすることが可能なサービスです。デモでは、50cm四方で音階をつくり、そこを歩くと進むにつれ違う音が聞こえるようになっており、視覚障がい者の方にGPSが利用できない屋内でもリアルタイムに場所案内を行えるというシーンを体感することができました。場所の違いを音の違いで表現できることで、今後は別の新しいサービスが生まれる可能性もあると思います。

展示についてお客様と説明員の意見交換も活発に行われていました。聴覚、視覚障がい者だけでなく、健常者も含めた世界中のすべての人にとって使いやすいユニバーサルデザインが取り組まれており、今後益々進むことを実感しました。