このページの本文へ移動

富士通

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

「ワークスタイル変革」の今、そして未来。第一人者 西山聡一に聞く(後編)

スマートデバイスの登場で「ワークスタイル変革」の在り方が大きく変わろうとしています。しかし、新しいテクノロジーをただ導入すれば成功するわけではないと、ワークスタイル変革分野の第一人者であるミスター「ワークスタイル変革」統合商品戦略本部統合商品ビジネス推進統括部 西山聡一シニアマネージャーは言います。では、「ワークスタイル変革」を実現するために、何が必要なのか。富士通がこの分野を牽引し続ける秘密を語っていただきました。

「ワークスタイル変革」の今、そして未来。第一人者 西山聡一に聞く(前編)はこちら

「ワークスタイル変革」で一番大切にしていることはなんですか?

富士通はICTの会社なので、お客様にしっかりとしたシステム・サービスを導入し運用することが一番大切です。そのために昨年、モバイル活用に向けた製品・サービス群を「FUJITSU Mobile Initiative」として発表をさせていただきました。お客様に満足いただける様に、端末からモバイル基盤・アプリケーション・サービスまで垂直統合でご導入いただけます。また、様々なカスタマイズや運用のご希望にも対応する自信を持っています。

さらに、最近の「ワークスタイル変革」ではICTだけでなく、お客様の働き方を一緒に考える訳ですから、お客様が「ワークスタイル変革」で実現したいコトを一緒に検討し解決するための施策が必要です。
そのためICT以前のアプローチが必要となります。Gartner REPORT「モバイルの戦略的ロードマップ(2012年版)」には、企業のモバイル戦略において「需要」、「供給」、「ガバナンス」、「リスクと問題」が重要とあります。

この4つの戦略を富士通なりに解釈すると、図1「ワークスタイル変革の戦略的ロードマップ」のように、ビジョン策定~就労見直し~セキュリティポリシー~インフラ選定を総合的に検討・実施することが、将来目指すべきワークスタイル変革を実現するための近道と考えています。

図1.ワークスタイル変革の戦略的ロードマップ

「ワークスタイル変革」は企業のビジョンがなければ実現しないというのは本当ですか?

「ワークスタイル変革」とは、企業が日々の業務を改善していくプロセスであって、新しいテクノロジーを導入するプロセスではありません。

新しいスマートデバイスや最新のソリューション・サービスを導入すればワークスタイルが変わる、というような風潮があります。確かにICTを利用して、ワークスタイルを変えることは可能です。しかし、その一方でそれらを導入する企業に「ワークスタイル変革」のビジョンがなければ、変革が進まない場合もあります。未来の働き方のビジョンをしっかりと持って、その実現のためにICTを積極的に導入することが必要です。

私は「ワークスタイル変革」を成功させる秘訣は、企業全体の「ビジョン」とそれを推進するための「コンセンサス」だと思っています。

「ワークスタイル変革」で社員一人一人が変革の主役になるためには、企業全体が向かうべき変革にむけて「経営部門」「現場部門」「IT部門」「事務部門」が一体になる「コンセンサス」があってこそ、新しいテクノロジーを導入する意味があり、変革を推進・運用する原動力となります。けれども、最初にお話した通り、これがなかなか難しい。そこで富士通では、私たちがファシリテータ・コンサルタントとなって、こうしたビジョンをお客様と一緒に考えるというサービスを始めました。

ここで取り入れるのはデザイン思考を使った「ワークショップ」手法です。開催する場所もいわゆる会社の会議室ではありません。頭の中にその日の業務が残ってしまうような場所ではワークショップを行っても変革のアイデアが出てきません。私たちはオープン・イノベーションと呼んでいますが、イマジネーションを刺激するような空間デザインやツールに囲まれた非日常的な空間で開催するのが効果的ですね。ここではビジネスで使うロジカルな思考ではなく、少し飛び抜けたというか、少しジャンプした「未来志向」なアイデアが期待されます。

ワークショップに参加する人は会社によって様々です。IT部門の人が「現場を説得するための武器にしたい」と言って参加する場合もありますし、経営陣が率先して参加することもあります。

一番多い場合は、全ての部署から数人ずつの若手が参加するパターンでしょうか。現場の担当者と経営企画・人事・総務の担当者とIT部門の担当者がこのワークショップを機に顔を合わせて、これからの会社の未来の姿について真剣に話し合うことだと思います。最終的なビジョンももちろん大事ですが、そのプロセスを体験することが企業にとっての変革の第一歩なのです。

具体的にどのようにビジョンを描いていくのですか?

例えば「タブレットを導入したけれども効果が見えない」「システムの導入を決めたが経営会議で承認してもらうための指標が作れない」「オフィス移転を機にワークスタイルを変えたが、目指す姿が描けない」「現場改革を何年もやっているが、決定的な効果を生んでいない」というような課題に対して、ワークショップで様々なアイデアを皆さんで出し合っていただきます。

その上で富士通の専門チーム(注1)がワークスタイルの分析を行い、「ビジョン」を新たに作成し、そのビジョンに基づいた「ワークシーン」を描き、それらを実現するための「ロードマップ」「KPI・KGI等」「ICT実行施策」を2~3カ月かけて作成します。

(注1)富士通デザイン株式会社、株式会社富士通総研、各アカウントSE・SE会社から専門チームを編成します。
(注2)UX: User Experience

富士通の「ワークルネサンス」のコンセプトもこうしたワークショップからできたと聞きましたが本当でしょうか?

はい、そうです。未来の「ワークスタイル変革」のコンセプトからお客様と一緒に作らせてもらうという意味では、自社で制作した「ワークルネサンス ~人を思うICT、働き方は明日へ~」という動画を見ていただけるとよく分かると思います。

「ワークルネサンス」は富士通が考える未来のワークスタイルのコンセプトです。ICTを活用して個人の能力を最大限に強くすることをテーマに、富士通の部署の垣根を超えた社員が集まってワークショップを行い、まとめたものです。「データがつながるだけではなく、想いがつながるチームになりたい」や「自分らしく働き、自分らしく生きる」などのコンセプトを元に作成しました。この動画もワークショップに参加した若い社員が作りました。

そもそもこうしたサービスはお客様に寄り添って、お客様の望まれることを具体化してゆくために、何をしたらよいのかを考え積み上げてきたからこそ実現したものです。その上でクオリティの高いクリエイションを実現するにはプロの力が必要不可欠なのですが、我が社には「富士通デザイン」や「富士通総研」というソフトウェアデザインやコンサルティングを専門にしている会社があって、UXサービスデザインができるメンバーが数多くいることが奏功しました。

こうしたビジョンをクオリティの高いデザインで可視化するということは、「ワークスタイル変革」でもっとも重要な「コンセンサス」を得る武器としても最大限活用できます。100ページにもなる報告書よりも、一枚の完成された「コンセプトマップ」「コンセプトムービー」のほうが説得力を持つ場合があるのです。

「Work Renaissance(ワークルネサンス)」 人を想うICT、働き方の明日へ

今後、どのような仕事をされたいとお考えですか?

私は、入社当時、富士通研究所で「人工現実感(Artificial Reality)」というテクノロジーを扱う研究者でした。

いろいろ扱ってきた中でも、ヴィジュアリストで映画監督の手塚眞さんと共同で制作した「TEO もうひとつの地球」というパソコン・ソフト開発は思い出に残る仕事となりました。パソコンを介して想像のなかの惑星「TEO」にアクセスし、その惑星に生息する様々な生物と交流できる。人工知能、リアルタイムOS、CGをはじめ、キーボードレスのインターフェイスや音声認識など、当時としては画期的な取り組みが、コンピュータの専門家や学者にも高く評価されました。

私は小さい頃からパソコンに熱中し、コンピュータが人間や社会のあり方を幸せな方向へ導くだろうと信じ夢を見ていた世代です。小学校の頃からプログラムを組んでいましたから。このプロジェクトを通じて、人間がコンピュータに使われてはいけないんだという思いも強く持つようになりました。

2000年、富士通研究所から富士通本社のマーケティング部門に人事異動となりました。当初はベンチャー企業と一緒にニュービジネスを考える部署に配属され、その後、現在の統合商品戦略本部の所属となったのです。

研究所時代は、まだ見ぬ未知の技術開発に汗を流していたのですが、マーケティングの仕事は、そうした技術が実際に商品となって社会にリリースされた後、それをどう普及させていくのかという仕事です。

商品は実際にお客様に使ってもらってこそ価値があります。研究者時代は、お客様から遠い場所で仕事をしていました。ただ幸運なことに「TEO」のプロジェクトを通じて、部署の枠組みを超えて、新しい技術の開発から製品出荷まで、ワンストップで行った経験が今の仕事に活かされています。

現在のようなインターネットとテクノロジーの融合の時代になると、技術者もそうした現場に近い場所での仕事を経験したほうが良いと思います。テクノロジーを開発する技術者と、商品を普及させるマーケティングという仕事は、一見、まったく違うように思えますが、私の中では同じ延長線上にあります。

私はこれまで、お客様に寄り添ったサービスを手掛けてきましたので、機会があれば商品開発の現場で仕事をしてみたいと思っています。新しいデバイスをはじめ、社会を牽引するような商品の開発は、とても興味を覚える分野です。

研究所からマーケティングの世界に飛び込んで、改めて富士通ならではの強い商品作りに貢献してみたい。現在の社会を大きく変えるのは、新しいビジョンとテクノロジーだと私は考えています。

「ワークスタイル変革」の今、そして未来。第一人者 西山聡一に聞く(前編)はこちら

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

特集

Fujitsu Asia Conference 2016
富士通フォーラム2016
セキュリティ
進むAIの実用化
IoT・ビッグデータ
環境問題の解決にICTで挑む

人気ランキング

1 スマホの充電時間が従来の3分の1に! 世界最小・最高効率のACアダプターを開発
2 「ムーアの法則」はもはや限界! 「組合せ最適化問題」を解決する新アーキテクチャーを開発
3 AI(人工知能)で注目の新技術「Deep Tensor」を用いた高精度学習で、データ分析の高度化を目指す
4 IoTでゴルフが上達!? 自分とコーチとのスイング比較もデジタルで的確に
5 サーバを丸ごと液浸して消費電力を30%削減! 斬新な冷却技術でデータセンターに革命を

おすすめ

「人を中心としたAI」の開発に向けて、理研AIPと富士通が連携センターを開設
AI・IoTの活用とIT部門の新たな役割でデジタル革新を加速する!
"体操ニッポン"から、スポーツの世界を変える。3Dセンシング技術を用いた体操競技採点支援
世界有数のITビジネス見本市「CeBIT 2017」富士通ブースレポート

google+もチェック

富士通 Biz News ビジネスに役立つ情報をメールマガジンでお届けします

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

FUJITSU アプリ

Google+

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

ページの先頭へ