このページの本文へ移動

富士通

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

車線逸脱警告を広角カメラで実現!車の運転をより安全に

広角カメラでは難しい?カーブの曲がり具合の正確な把握

車を利用して家族や仲間同士で行楽地などに出かける際、従来はマイカーの利用が圧倒的でしたが、最近は維持費を気にする事なく、使いたい時だけ使えるレンタカーやカーシェアリングなどの利用が増加し、乗りなれない車を運転する機会も多くなっているようです。
たくさん遊んで疲れた帰り道など、交通事故には注意したいものです。

最近、車間距離を認識して速度を調整したり、前方の障害物を検知して警告を発する機能など、安全のための新しい技術が広がっています。その一つに、走行中の車が車線をはみ出しそうになると警告してくれる「車線逸脱警告」があります。タクシーやバスなど商用車を中心に導入が広がっているドライブレコーダのカメラでこの技術が実現できれば、安全なドライブ環境がより一般化するということで、実用化が望まれていました。

従来の車線逸脱警告の専用機では、道路と車線がどう伸びて、曲がっているのかを把握するために、遠くまで撮影できる「挟角カメラ」が使われていました。これは、ドライブレコーダで使われているカメラとは違うものです。ドライブレコーダには、自動車前方の環境を広く捉えるための「広角カメラ」が使われています。「広角カメラ」は、広い範囲の撮影ができる代わりに、遠方の撮影は苦手。そのためカーブの曲がり具合を正確に把握することや、二重に引かれている白線の正しい認識などが難しいとされていました。

広角カメラで96%の警報性能を実現

富士通は、この「広角カメラ」の映像データを用いて、実際の正しい車線のかたちを高い精度で予測するという技術の開発に初めて成功しました。挟角カメラを使った専用機と同じかそれ以上の、96%という認識性能を実現。車線逸脱警報機能がついたドライブレコーダが実現可能になったのです。

従来の車線逸脱警報の専用機ではなく、導入が広がっているドライブレコーダにこの機能が搭載されることで、より多くのドライバーに安全な運転環境が提供されることでしょう。レンタカーやカーシェアリングに導入されれば、慣れない運転の心強いサポートにもなるでしょう。そして事故を未然に防ぎながら、ドライブの記録をもとに車線逸脱が起こりやすい場所を特定したり、その場所の事前警告などが実現できるかもしれません。事故の無い社会を実現するために、富士通は2014年度中の実用化を目指しています。

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

特集

Fujitsu Asia Conference 2016
富士通フォーラム2016
セキュリティ
進化を続ける人工知能
IoT・ビッグデータ
環境問題の解決にICTで挑む

人気ランキング

1 日本が誇るスーパーコンピュータ「京」が「Graph500」で再び世界第1位に
2 サーバを丸ごと液浸して消費電力を30%削減! 斬新な冷却技術でデータセンターに革命を
3 「ろう者に音を届けたい」(前編) 髪の毛で音を感じる全く新しいデバイス「Ontenna」
4 ポスト「京」プロセッサの命令セットを紹介
5 AIが実現する近未来 「CEATEC JAPAN 2016」富士通ブースレポート

おすすめ

CeBIT 2017に出展
AI(人工知能)で注目の新技術「Deep Tensor」を用いた高精度学習で、データ分析の高度化を目指す
病院の待ち時間ストレスをスマホで解決!「患者向けモバイルソリューション」とは?
スポーツとIoTで、究極のエンターテインメントを目指す

google+もチェック

富士通 Biz News ビジネスに役立つ情報をメールマガジンでお届けします

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

FUJITSU アプリ

Google+

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

ページの先頭へ