「レガシー化」したICTが、あらゆる産業を変革する

ICTで切り拓く異業種間競争時代のイノベーション。データの融合による新たな価値創造

東京・有楽町にある東京国際フォーラムにおいて、2014年5月15日 木曜日、16日 金曜日の2日間にわたり、富士通最大のイベントである「富士通フォーラム2014 東京」を開催しました。16日の特別講演では、業種の垣根を越えたビジネス創出やICTが活用されていなかった領域での展開が始まりつつある中、富士通の果たすべき役割について議論しました。

IoTやM2Mが、産業の生産性と付加価値を高める

ICTの進化により、ビジネスにおいてどんな価値を創造することができるのか?業種やビジネスの枠組みはどのように変わるのか? ネットワーク・コンピューティングの研究に取り組む、東京大学 先端科学技術研究センター教授 森川 博之氏と、富士通 執行役員常務 CTO&CIOの川妻庸男が、熱い議論を交わしました。

森川氏がまず指摘したのは、技術の成熟によってICTの位置づけが変化してきたということ。かつてICTは脳科学やバイオのように最先端分野でしたが、現在では機械や建築土木などと同じ、「レガシー」分野になったというのです。時代遅れという否定的な意味で使われることもあるレガシーという言葉ですが、ICTはレガシー化したからこそ社会基盤になっていく、そう森川氏は語ります。

「日本のほとんどの産業分野は、先進国の中でも生産性が低いことで有名です。今話題になっているM2M(機械同士の自律的な相互通信)やIoT(モノのインターネット)は、効率の低い産業の生産性と付加価値を高めるでしょう。」(森川氏)

M2Mが産業を変える例として森川氏が取り上げたのが、米国フィラデルフィアに設置されているスマートゴミ箱「Big Belly Solar」です。このゴミ箱は太陽電池パネルで自家発電を行い、その電気で自動的にゴミを圧縮します。これにより、ゴミ処理の燃料費や人件費などの回収コストを削減することができます。また、食生活のデータを収集するフォーク「HAPIfork」や、歯磨きの状況を記録するスマート歯ブラシ「Kolibree」などの例を挙げ、IoTの影響範囲は膨大で、さまざまな分野で新たな価値を生み出すことを示しました。

今求められている人材は、ビジネスをデザインできるエンジニア

「ICTがレガシーと言われてそのとおりだと感動しました。先端分野だったICTは人間とは別物でしたが、レガシーになったことで領域が広がり、農業やヘルスケアにも入り込んでいけるようになりました。コンピュータがレガシー化してお客様の商品そのものに入っていくとすると、あるモノを作っているお客様はこれまで製造業という位置づけでしたが、作っているモノは何をする商品なのかによって別の業種となる。今後、業種という単位でビジネスを考えることは意味をなさなくなるでしょう。」(川妻)

そうした時代に求められるのは、たんなるエンジニア、研究者ではなく「何が求められているのかに気づける」人材である、それが両者の共通見解です。

「これまでは技術を先に考えていたが、今は、何をやればよいか気づくという人材が必要。フィールドで自ら気づきどうやって解決していくかを考えていけるデザインエンジニアを大学で育てたい。」(森川氏)

「ICTがレガシーになると、組織のあり方もお金のまわし方もがらっと変わる。レガシーになってからのほうがおもてなしや気づきといった日本の強みになるところだと思っている。」(森川氏)

すべてのデバイスにはセンサーが搭載され、あらゆるモノがネットワークでつながっていく時代。ICTでできることはますます増え、社会やビジネスを変化させていく。2人の対談からは、そんな胸躍る未来のイメージが伝わってきました。

登壇者
  • 東京大学 先端科学技術研究センター
    教授 工学博士 森川 博之 氏

  • 富士通株式会社
    執行役員常務 CTO&CIO 川妻 康男

  • 富士通株式会社
    イノベーションビジネス本部 戦略企画統括部長 小林 午郎