これからのビジネス、社会の姿と富士通が目指す未来

[基調講演]ビジネス革新と豊かな社会の実現に向けた挑戦〜Human Centric Innovation〜/新たな産業革命と拡がるバリューチェーン

東京・有楽町にある東京国際フォーラムにおいて、2014年5月15日 木曜日、16日 金曜日の2日間にわたり、富士通最大のイベントである「富士通フォーラム2014 東京」を開催しました。開催初日10時より基調講演を実施。代表取締役社長の山本正已、執行役員常務の松本端午より、これからのビジネス、社会の姿と富士通が目指す未来についてのメッセージをお伝えいたしました。

富士通が目指す「ヒューマンセントリック・イノベーション」とは?

富士通フォーラム2014のテーマは、「ヒューマンセントリック・イノベーション」。これまで重要な経営資源は「ヒト、モノ、カネ」といわれてきました。しかし、あらゆるものがネットワークを介してつながる「ハイパーコネクテッド・ワールド」では、「人、情報、インフラ」がイノベーションを生み出すための新たな経営資源になると考えています。ICTの力によって、これら3つの資源を融合させ、お客様や社会にとっての価値を生み出す、それが富士通の提案する「ヒューマンセントリック・イノベーション」です。

進化し続けるコンピュータと、広がり続けるネットワークが、ビジネスと社会を激変させる

代表取締役社長の山本正已がまず取り上げたのは、レーシングカー。高速化するコンピュータが、世界のトップレベルを争う開発現場で力を発揮している例です。これは、スーパーコンピュータ「京」を使い、実在のサーキットでの走行状況をシミュレーションして開発しています。コンピュータはスピードだけでなく、質的な進化もとげ、言葉を理解する、あるいはパターンを認識する、といった「人に近い能力」を備え始めており、工場で人と共に働くロボットも登場しています。

このようにコンピュータが進化し続ける状況に対し、機械が人間の職を奪うのではないかと危惧する声も出てきていますが、山本は富士通が「人のパートナーとしてのコンピュータ、人がよりよく生きることを助けるテクノロジー」を追求していることを強調しました。

コンピュータの進化とともに進んでいるのが、あらゆる人やモノをつないでいくネットワークの進化です。今や誰もがスマートフォンを持ち歩くだけでなく、あらゆるモノにセンサーが埋め込まれて相互に通信する「ハイパーコネクテッド・ワールド」の時代が訪れていると指摘。ソーシャルメディアやネットワークにつながった膨大なセンサーからの情報を活用することで、ビジネスや生活のあり方が大きく変化する、エキサイティングな時代になると語りました。

一方、こうした「つながる社会」が発展していくなかで、サイバーセキュリティは社会が協力して取り組むべき非常に重要な課題とも指摘。また、大局的な観点からは、深刻化するエネルギー・環境、水資源・食料、少子高齢化の問題に触れ、ICTの活用が持続社会を作る上での1つの解になりうることを示しました。

「富士通は、テクノロジーによって人々の判断を支える、あるいは安心安全に暮らしたい人の願いを叶える『ヒューマンセントリック・イノベーション』にこだわっていきます」(山本)

講演の途中、山本は生のレタスを取り出し、そのままパリパリと食べてみせました。これは閉鎖型の大規模植物工場において、農業クラウドサービスを活用して作られた「低カリウムレタス」。いわば、ヒューマンセントリック・イノベーションの産物といえるでしょう。

3つの経営資源「人・情報・インフラ」を融合し、イノベーションを実現する富士通のソリューション

続いて、グローバルマーケティングを統括する執行役員常務の松本端午は、山本が指摘した社会の変化や、ビジネスの課題に対して富士通がどのような取り組みを行っているかを解説。「ビジネスイノベーション」、「ソーシャルイノベーション」、「イノベーションを支えるICT」の各分野における事例を紹介しました。

「ビジネスイノベーション」の例に挙がったのは、ある工作機器メーカーの取り組みです。このメーカーは、富士通のクラウドとモバイルネットワークを使うことで、設置してある装置の稼働状態をリアルタイムに把握できる体制を構築。製品の開発販売から、予防保守へとビジネスモデルの大胆な転換を行ったといえます。また、ホログラムディスプレイを使って、商品のレビューができる、バーチャルリアリティシステムなどの最新ソリューションを紹介し、富士通が顧客の競争力強化に貢献できることをアピールしました。

「ソーシャルイノベーション」の例として登場したのは、東京大学先端科学技術研究センターが行っている、IT創薬。230テラフロップスというスーパーコンピュータに匹敵する計算能力を持った富士通のTC(注)クラウドを活用することで、従来よりもはるかに膨大な化学物質の組み合わせを短期間で調べることを可能にしました。交通関連では、車の位置情報とクラウドを連携させることで、車が事故の多い場所を通る時には警告を出すといったことも可能になると語りました。

「イノベーションを支えるICT」では、2400種類にも上るクラウドサービスをつなげて最適なサービスのインテグレーションを行えるクラウドソリューションや、現場作業用のグローブ型ウェアラブルデバイス、次世代の分散コンピューティング環境などを紹介。最後に、「ハイパーコネクテッド・ワールド」で大きな課題となるセキュリティに対して、富士通が自社のシステム運用で培ったノウハウを基にお客様、社会の皆様をお手伝いしていくと語り、富士通の技術やソリューションは、端末からデータセンター、セキュリティまで戦略的な商品体系として提供されていることを示しました。

「お客様とともに現状の課題に取り組み、『人・情報・インフラ』という3つの経営資源を融合させ、ビジネスの潜在力を引き出す。それによって、『ヒューマンセントリック・イノベーション』を実現していきます」(松本)

富士通は単にイノベーションの手段をお客様に示すだけではなく、お客様の事業価値向上を一緒になって考え、実現に取り組んでいくと熱く語り、講演を終えました。

(注)テクニカル・コンピューティング

登壇者
  • 富士通株式会社
    代表取締役社長 山本 正已

  • 富士通株式会社
    執行役員常務 松本 端午