"ものづくり革新" おすすめ展示コーナー

「富士通フォーラム2014 東京」おすすめ展示コーナーをご紹介。「ものづくり革新」コーナーは、展示コーナー人気ランキングでも上位にランクイン。3Dメガネやタブレットを使って実際に体験できるデモンストレーションもあり、そこでは歓声もあがっていました。どのようなデモンストレーションが行われたのか、順を追ってご紹介します。

目の前に浮かび上がる3D映像を操作して、最先端機器を開発する

東京・有楽町にある東京国際フォーラムにおいて、2014年5月15日 木曜日、16日 金曜日の2日間にわたり、富士通最大のイベントである「富士通フォーラム2014 東京」を開催しました。

「バーチャル・リアリティ技術を駆使した最新設計デザインレビュー」のブースでは、まるでSF映画の中に入り込んだような気分になる、最新設計システムを展示しました。

「zSpace」(ゼットスペース)というホログラムディスプレイのデモでは、目の前にコンピュータ基板の3D映像が浮かび上がり、タッチペンを使って操作します。タッチペンでつまみ上げた部品を、ペンを回しながらしげしげ観察することができるのです。

圧巻は「EON Icube Mobile」でしょう。3Dメガネを付けて小部屋に入ると部屋いっぱいに航空機のエンジンが3D表示され、歩き回りながら内部を自由にのぞきこめます。

ユーザーの頭の位置や傾きに応じて映像が変化しますから、臨場感は相当なもの。数年後の設計室では、メガネをつけた人達が部屋を歩き回ったり、空中で手を動かしたりしている光景が当たり前になるかもしれません。

こうした仮想現実を活用した“モノを作らないものづくり”には、大きく分けると2つのメリットがあります。1つ目は、よりリアルなS3D-VDR(Stereoscopic 3D – Virtual Design Review 立体視の仮想検証)環境をつくり上げることで、直感的なデザインをこの目で確かめることができること。もう1つは、モックアップ(プロダクトデザインの試作として用いられる模型)で確認できなかった難しい領域にまで入り込んでデザインレビューできることです。もちろん、モックアップのようにたくさんの時間や工数をかけることはありません。

近未来に見えるのは、人とロボットの協調

“モノを作らないものづくり”には、デザインレビューのまだ先の段階があります。製品を設計し、生産する前の準備段階において、仮想空間で製造ラインを構築し、検証することです。仮想空間によるものづくりプロセスは、作業手順の策定から、工場内の各ラインやロボットのシミュレーターまでを網羅。ここで精査されたプロセスをもとに、実際の製造ラインが仕上がっていきます。

近未来の製造ラインとして注目されている“人とロボットの協調”で活躍してくれるのが、双腕ロボット。首を左右に動かし、手元を見ながら作業する様子は人のようにも見えます。愛嬌すら感じる姿に、私たちの隣で彼らが働いている様子を思い浮かべた方もいるでしょう。

これまで人間が行っていた仕事は、機械やロボットに取って代わられるのでないか、世の中ではそんな悲観的な意見も聞かれます。けれど、「ものづくり革新」コーナーの展示を見ていると、技術を活用することで人間がもっと創造的になれる、近未来の光景がはっきりと浮かんできました。