"触感インターフェース" 注目のデモンストレーション

画像の「ツルツル」「ザラザラ」を体感!情報に“手触り”を加える次世代インターフェース

東京・有楽町にある東京国際フォーラムにおいて、2014年5月15日 木曜日、16日 金曜日の2日間にわたり、富士通最大のイベントである「富士通フォーラム2014 東京」を開催しました。展示ホールでは、「ソーシャルイノベーション」「ビジネスイノベーション」「イノベーションを支えるICT」の3つのゾーン計72のデモンストレーションでお客様をお迎えしました。

今回は、タブレット端末に搭載した、「ツルツル」「ざらざら」「凹凸感」を感じられる次世代のインターフェース機能をご紹介します。

ワニの背中のデコボコ感や、金庫のダイヤルのクリック感。富士通独自の技術が実現する新しい操作感

タブレット端末に表示されたワニの画像をなぞると、背中の表面のデコボコした感じを指先で確かめられます。このほか、「金庫」の画像ではダイヤルを回転させるクリック感、「DJブース」の画像ではCD表面のツルツルとした感触や、音量などの操作バーの凸感などを得られます。

このような触感は、超音波によってタッチパネルの表面を振動させ、指との摩擦力を変化されることで生まれています。「ツルツル」は、超音波振動でバネル表面と指との間に高圧の空気膜をつくって摩擦力を減らし、いわゆる“滑りやすい”状態を再現しています。これにより、従来は表現が難しかったツルツルとした触感の表現が可能になりました。
「ザラザラ」「凹凸感」は、摩擦力を瞬時に上げ下げすることで、指に引っかかりを感じるような錯覚を起こすことで表現しています。

ただ、このような触感を表現するために使用する超音波振動は、大きなエネルギーを必要とします。どのようにすれば携帯端末サイズで効率よく超音波振動をさせられるか、そこに富士通独自の技術の粋が詰め込まれています。

触感を刺激するという斬新なインターフェースということもあり、体験ブースに3台用意されたタブレット端末は、体験の順番待ちの列が途切れないほどお客様がいらっしゃいました。
体験されたお客様からは、「温感、冷感なども付け加えられないか」「DJブースが楽しかった。ゲーム機などのエンターテインメントなどにも応用できそう」など、触感が生む新しいインターフェースに対し、大きなイメージの広がりを感じていただけたようです。

2015年度中の製品化が目標。将来的には電子カタログなどへの応用も

触感インターフェースは、2015年度中の製品化を目指しています。富士通株式会社 ユビキタスビジネス戦略本部 先進開発統括部 デザイン&UIデバイス開発部 城後 新は、「すでにIT業界に限らず、アミューズメント業界をはじめ多分野から注目を集めている」と現状を語ります。

富士通では、今後も研究開発を続け、より多くの触感の再現を目指します。技術的にも超音波振動だけでなく、さまざまな方式を研究開発していく予定です。目標とする未来は、電子カタログやネットショッピング、ショップのディスプレイなどで、商品の質感を触り比べられる世界。その実現に向け、富士通は挑戦し続けていきます。