"ウェアラブルデバイス" 注目のデモンストレーション

配管の水の流れや、操作内容が一目瞭然。ウェアラブルデバイスのAR情報で、作業が安全・確実に

東京・有楽町にある東京国際フォーラムにおいて、2014年5月15日 木曜日、16日 金曜日の2日間にわたり、富士通最大のイベントである「富士通フォーラム2014 東京」を開催しました。展示ホールでは、「ソーシャルイノベーション」「ビジネスイノベーション」「イノベーションを支えるICT」の3つのゾーン計72のデモンストレーションでお客様をお迎えしました。

その中から今回は、「ウェアラブルデバイス」をご紹介します。展示ブースでは、ご来場のお客様にヘッドマウントディスプレイを装着したヘルメットと、腕に取り付けるタイプのウェアラブルキーボードを身につけていただき、作業を模擬体験していただきました。

ウェアラブルデバイスによるAR技術の活用は、今注目されている分野の一つですが、富士通は、工場などの現場業務に適用するという日本ではあまり例のない取り組みに挑戦しています。

点検情報はウェアラブルキーボードで入力。その場で終わって、リアルタイムで共有も可能

展示ブースでは実際の現場にいるような体験をしていただけるよう、配管が張り巡らされた作業現場の模型を設置しました。ヘッドマウントディスプレイの小型カメラが配管に記されたARマーカーを認識すると、ヘッドマウントディスプレイに配管を流れる水の様子やバルブ操作の指示情報などのAR情報が表示されるようになっています。

タブレット端末をかざして作業を行う既存のシステムと比較して、ヘッドマウントディスプレイを使用すると、状況に合わせた指示を確認しながら、両手での作業が可能となり、現場経験の浅い作業員でも正確な作業が行えます。
また作業報告はウェアラブルキーボードを使用することで、作業が終わり次第すぐにその場で入力、点検情報をリアルタイムで共有化できるようになります。同時に、作業員の行動や作業にかかった時間、作業量などのデータもビッグデータとして収集され、これを活用することで、より安全で効率的な作業の実現も目指せます。

ジェスチャで数字入力可能なグローブ型ウェアラブルデバイスの体験も実施

このほか展示ブースでは、キーを打つ操作が必要なウェアラブルキーボードの進化形態として、ジェスチャで数字入力が可能なグローブ型ウェアラブルデバイスの使用体験コーナーも設置しました。こちらは現在開発を進めているデバイスで、手袋を装着していたり、手が汚れた状態でも入力できるため、完成すればさらに現場作業の効率向上が望めます。会場では多くの方にこちらの新しいユーザーインターフェースの使い心地をお試しいただきました。

現場の意見を吸収し、実用化に弾みをつける

このシステムは、作業現場で使うという前提から、ヘッドマウントディスプレイの視認性向上を重視し、ユーザビリティの高いレイアウトや画面の輝度などの調整を重ねてきました。

富士通株式会社 ユビキタスビジネス戦略本部 先進開発統括部 次世代クライアント開発部 佐藤正隆氏は、「現場のニーズをヒアリングし、どのような性能が必要か、そのためにどんな実証実験をしなければならないのか、一つひとつ課題を浮き彫りにして、実用化に向けて開発を進めたい」と意気込みを語ります。
富士通では、現場の意見を吸収し、今後の実用化に向けて大きな弾みをつけていきたいと考えています。