大人世代のことを考えて設計された使う人にやさしい大人のパソコン

インターネットやパソコンを自由に使いこなすシニアが急増中

日々の暮らしになくてはならないインターネット。総務省の調査によると2012年の日本におけるインターネット利用者数は約9,600万人と1億人も目前です。普及率も約80%に達し、今や国民のほとんどが日常的にインターネットを使っていますが、注目すべきは60歳以上の利用状況。60歳~64歳で約72%が、65歳~69歳の世代でも約63%がインターネットを利用しています。SNSで友人や知人とコミュニケーションを取ったり、デジタルカメラで写真を楽しんだりと、今の60歳以上の世代にとってもパソコンは身近なものであり、ICTのリテラシーが高いのです。もはや「シニア=パソコンが苦手」というありきたりな考え方はあてはまらなくなりました。

モノへのこだわり、使いやすさの追求。大人世代に向けた新コンセプトのパソコン

こうした時代だからこそ富士通は、パソコンに慣れ親しんだシニア=「大人世代」に向けたパソコンがあるべきだと考えました。大人世代は、パソコンやインターネットをもっとうまく活用したいと思いつつ、シンプルかつ上質なものを好むといった「モノへのこだわり」もあります。その一方で、「液晶が見にくい」「キーボードやボタンが押しにくい」といった声もあります。

大人世代のパソコンを快適に使いたいというニーズに応えた製品が、大人世代向けパソコン「GRANNOTE(グランノート)」です。大人世代に相応しい落ち着きのあるデザインを採用したことに加えて、富士通が長年培ってきた、“使う人を中心に”というコンセプトを根底に、使いやすさを考え抜いた「ヒューマンセントリックテクノロジー」を結集したパソコンです。

「機械がサポート」してくれるから使いやすい。生活が変わり人生がもっと豊かに

「GRANNOTE」には、例えば使用者の年代に合わせて液晶の色味を調整し見やすさを実現するなどの機能を搭載し、キーボードの押下圧(重さ)を押す指の力に合わせて3段階に設定しタイピングをしやすくするよう設計されています。細かなカスタマイズにより、年齢による身体の変化を「機械がサポートする」、使う人にやさしいパソコンなのです。

さらにショッピングや旅行など厳選されたWebサービスを特典付きで利用することもでき、より便利で楽しい大人のパソコンライフをサポートします。

大人世代がアクティブにインターネットを活用できるような社会の実現に向けて――。使いやすさと上質なデザインにこだわった「GRANNOTE」により、大人世代のパソコン利用がさらに快適になり、生活が変化し、人生がより豊かになる日も近づいています。