このページの本文へ移動

FUJITSU JOURNAL

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

第1章-新たな未来の到来【2014年版】

ヒューマンセントリック・インテリジェントソサエティ

ハイパーコネクテッド・ワールドの出現が
「新たな産業革命」を引き起こす

現在、ビジネスに関する様々な文脈で「Internet of Things(IoT)」が注目されています。IoTとは、コンピュータや携帯電話・スマートフォンのようなICT機器だけでなく、家電や自動車、あるいは街中の電灯など多種多様な「モノ」がインターネットにつながり、互いに情報をやり取りすることで新しい価値を生み出すという概念です。インターネットにつながるモノは2013年の100億個から、2020年には500億個にも増加すると予測されています。

Internet of Things × ビッグデータ

産学・政治など様々な社会のリーダーが参加する世界経済フォーラムでは、こうした世界を「ハイパーコネクテッド・ワールド」と名付け、未来に大きな影響を与えると指摘しています。というのも、この新しい世界では、企業の競争優位性が大きく変わってくるからです。

具体的には、イノベーションを巻き起こすような商品やサービスあるいはビジネスモデルを創出する源泉が変わってきます。今も昔もイノベーションを生み出すためには、多様なテクノロジーを駆使することが欠かせません。このため、従来は自社内で最新のテクノロジーを利用可能な大企業ほど競争優位性を有していました。

しかし、様々なモノにICTが埋め込まれるハイパーコネクテッド・ワールドでは、誰でも無償あるいは低コストで様々なテクノロジーを利用することが可能になります。企業に比べて財務的な体力がない個人でも、イノベーションを創出できるようになるのです。これは、イノベーションが財務の力から解き放たれたことを意味します。

例えば、3次元プリンタや3次元CAD、工作機械をレンタルするDIY(Do It Yourself)ショップが登場しており、これを利用すれば個人でも先進的なモノづくりができるようになります。実際、米国ではこうしたショップを核としたモノづくりのコミュニティーが質の高い商品を生み出しており、医療機器や自動車などの大手メーカーと協業するようになっています。

アイデア次第で、個人でもイノベーションを生み出せる――これが、ハイパーコネクテッド・ワールドの大きな特徴です。こうした急激な変化は、イノベーションの在り方を根本から変えていくものであり、「新たな産業革命」といっても過言ではないでしょう。

人を中心としたICTの力で
持続可能な社会を
築いていく

それでは、こうした新しい世界において競争優位性の源泉は何になるのでしょうか。富士通は、その答えは「人」だと考えています。誰でも多様なテクノロジーを活用できる世界では、新たな価値創出に結びつく人の創造性こそが、競争優位性の鍵を握るようになるのです。すなわち、企業経営におけるパラダイムが変わったのです。生産性を重視する時代から、人を重視する時代へと、大きな時代の転換が始まっているのです。

これは同時に、競争優位性を築く上でのICTの役割が変わることを意味します。これまでのパラダイムでは、企業の経営層がICTに期待した主な役割は「生産性の向上」や「コスト削減」でした。しかし、こうした活用方法では、これからのパラダイムでは競争優位性にはつながりません。

新しいパラダイムでは人の創造性を高めるような活用方法、つまり「人のエンパワーメント」「商品・サービスの価値向上」「ビジネスモデルの変革」のためにICTを活用することが求められるようになります。富士通は、このように活用されるICTを「ヒューマンセントリックなICT」と位置づけています。新しいパラダイムにおいて競争優位性を築くためには、ICTが、その場その時に合わせて人々の判断や行動をサポートすることが必要になるのです。

ヒューマンセントリックなパラダイムへの転換

画像を大きく表示

私たちは、ヒューマンセントリックなICTが、人の創造性を高めていくと確信しています。様々なモノから発信される情報から生み出された新たな知識がイノベーションを加速し、より安全で豊かな持続可能な社会を築いていくと考えています。そして、こうした未来の社会を「ヒューマンセントリック・インテリジェントソサエティ」と名付けています。富士通は、こうした社会の実現に向けて様々な企業活動に取り組んでいます。

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

ページの先頭へ