このページの本文へ移動

富士通

サイト内検索
サイト内検索 閉じる

川崎市とともに目指す持続的なまちづくり

川崎市と富士通は、ICTを活用した豊かなまちづくりや次世代のグローバル人材の育成を進める包括協定を締結しました。川崎市が持つ地域資源や人材と、富士通が持つICTやさまざまなノウハウを掛け合わせ、地域社会に貢献する持続的な活動を推進していきます。「ICTを活用して、豊かな社会へ」。川崎市と富士通の新たなチャレンジが始まりました。

川崎市と富士通のおもな取り組み

平成26年2月19日、神奈川県川崎市と富士通は、ICT環境の充実や次世代育成などの分野における連携と協力を通じた持続的なまちづくりを目指して包括協定を締結しました。自治体との包括的な取り組みは初めてです。川崎市とともにICTを活用した豊かな社会づくりが具体的な形となって動き出します。

今回の包括協定のおもな取り組みは次の5つです。

•ICTを活用したまちづくり

•世界に飛躍する次世代への多様な人材育成

•活力あるコミュニティーの形成

•環境にやさしいまちづくり

•最先端技術を活用した国際貢献と産業振興の推進

川崎市と富士通は、これまでも、知的財産を通じた企業間連携である「川崎モデル」の推進や緑地保全活動など、さまざまな協力を行ってきた経緯があります。また、サウジアラビアの工業団地での環境管理システム事業での連携、川崎市養護学校生徒への校外授業の場の提供、市内小学校でのふれあい教室の開催などの取り組みを進めてきました。今回の包括協定の締結では、川崎市の持つ地域資源や人材と、富士通の持つICTやノウハウを活用した持続的なまちづくりに取り組んでいきます。

ICTを活用したまちをつくり人材を育成していく

例えば、「ICTを活用したまちづくり」では、川崎市が直面する社会経済環境の変化や人々の動向などに関連するビッグデータと、市民生活を豊かにし、企業活動の活性化を促すオープンデータを活用した取り組みに関する調査・研究を実施します。平成26年4月に開校する市立川崎高等学校附属中学校では、富士通のICTに関するノウハウを活用した講座の開催、先進技術を集約したスペースの設置など、ICTリテラシーを向上させる取り組みを推進します。

「世界に飛躍する次世代への多様な人材育成」では、市内在住の高校生、大学生を対象にした理系のキャリアデザインに関するシンポジウムや講座などを開催し、理系人材を積極的に育成します。また、市内の小中学生を対象にした情報セキュリティ教育や先端科学技術に関する出前講座の開催、当社への職場体験の受入れ、小中学校におけるスポーツ教室の開催など、人材育成に幅広く取り組んでいきます。

ICT起業家のバックアップを通じ地域の産業振興も推進

「最先端技術を活用した国際貢献や産業振興の推進」では、取り組みの1つとしてICT関連起業家をバックアップします。川崎市と川崎市産業振興財団様が主催する起業家オーディションで最終選考に残ったICTに関わる事業計画を有する起業家には、「富士通賞」としてクラウドの開発環境を提供します。スピード感を持って事業のスタートアップを支援します。

今後も、これらの取り組みを通して、川崎市の豊かで持続的なまちづくりを推進し、市民の皆様の幸せなくらしに貢献していきます。

FUJITSU JOURNAL - に関するお問い合わせ

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

アンケートにご協力ください

FUJITSU JOURNALをご覧いただき、ありがとうございます。読者のみなさまの貴重なご意見を今後のWEBサイト改善に役立てたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートに答える»

ページの先頭へ